文化・ライフ

大学病院が得をする〝博士〟のカラクリ

 iPS細胞よりも簡単に臓器再生を可能にすると思われたSTAP細胞――その驚きと期待もつかの間、研究者と研究所のドタバタ劇を見せられ、がっかりさせられた。果てには、研究者の博士論文にまで疑念が向けられ、博士号の価値も問われ始めている。

 この騒動を眺め、「さもありなん」と思うのは、私だけではないだろう。

 例えば、「医学博士」。世間一般では、この称号に対する尊敬の念がまだまだあるようだが、一方で、「医学博士号は足の裏の米粒に等しい」と陰口も叩かれてきた。そのせいか、今の若い医師たちは医学博士号ではなく専門医の資格を取ることに力を注ぎ、医学博士号を取得しようとする医者の数は減っているという。

 少し前まで、医学博士の制度は、医者を医局に縛り付けるための便利な手段であった。

 医者は2年間の研修を終えると、医局に所属して病院で働くか、大学院へ行きそこで医学博士の論文を書くかのいずれかの道に進む。

 ただし、医学部の大学院には、ほとんどの場合、特別な建物や研究施設はない。そのため、かつての私も含め、医学博士を目指す医者たちは皆、医局に所属し、大学院の学費(年間60万円ぐらい)を支払いながら、病院でタダ働きをしていたのである。大学院生だからと言って、特別扱いされることはほとんどなく、研究する時間は午後6時以降のことが多かった。

 大学病院にとっては、無償で働いてくれて、なおかつ大学にお金まで支払ってくれる医者が使えるのだから、これほどありがたい話はない。ただし、医者のほうにも打算があった。大学院に行けば、ほぼ自動的に医学博士号が取れるという打算だ。

医局主任教授の大事な収入源

 医学博士を目指す医者は、医局における主任教授の重要な収入源でもあった。

 博士論文の研究のネタは、原則として、教授や助教授が提供し、上司が部下の指導に当たるのが原則だ。しかし「指導」とは名ばかりで、出来の悪い部下に成り代わり、上司が博士論文をすべて書いてあげるケースも少なくなかった。

 博士論文の審査は医局の主任教授が行い、副査は、主任教授の仲間の教授に頼むことが多い。その場合、主任教授を含め50万円から100万円の謝礼を後から差し出すのが通例だった。

 さすがに、最近では、そんなことは行われていないだろうが、当時はそれが普通のこと。なので、自分の医局に数名の大学院生を抱えていれば、主任教授は毎年かなりの謝礼を受け取っていたはずだ。

 論文騒動はまた起こり得る

 断っておくが、私は謝礼金や大学院制度について批判したいわけではない。問題にしたいのは、博士論文が研究論文としてほとんど無価値になっていることだ。

 博士論文を審査する側も、論文としての形式が整っているか、あるいは、参考文献の書き方はルールに則っているかなど、形式部分のチェックに終始し、肝心の中身についてはさしたる点検はしない。

 このように、医学の大学院で4年もの歳月をかけて無価値な研究論文が作られていき、教授の収入を潤すだけで終わるというのは問題だろう。

 冒頭部分でも触れたとおり、現在、STAP細胞の研究論文を書いた人の博士論文の内容が問題視されている。

 ただし、私に言わせれば、博士論文なんて、所詮、あの程度のものなのである。しかも、これは医学界・医学部に限った話ではなく、他の学部でも同様であるらしい。

 中には、「博士論文を書き上げることで、研究者としての基本が学べる」という方もおられる。

 だが、基本を学ぶにしては、時間とお金が掛かり過ぎるし、大学院での授業・教育も少な過ぎる。国からの補助金も出ているのだから、4年間の教育成果が無価値な論文では、税金の無駄遣いと言わざるを得ないだろう。

 博士論文を書き上げる段階できちんとした教育を受けていれば、写真の転用や文献のコピペが許されないことぐらいは分かる。逆に、大学院が本当の研究者を育てられないなら、STAP細胞をめぐる今回の騒動のような事件がまた起こる可能性がある。

 日本の大学院が、博士号の価値を本当に高めたいのなら、論文の審査を学内審査ではなく、第三者機関に委ねたほうがいい。これにより、博士論文が主任教授の利権から切り離され、中立的な論文として、価値が高まっていくはずだ。研究者の研究は、客観的な科学の視点が失われた時点で、単なる思い込みになる。そこから革新的な研究が生まれることはない。

 博士論文をめぐるさまざまな問題は、日本の科学の現状を象徴しているのかもしれない。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

理想よりも現実。手段よりも結果。東北楽天・梨田監督の戦いぶり

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第59回)

マラソンでメダル獲得目指す日本に妙案なき現実

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第57回)

不世出の大投手、沢村栄治をめぐるスピードボール論議

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第56回)

なでしこジャパン再建で高倉監督が着目したこと

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第54回)

世界屈指の強豪クラブと互角に戦ったアントラーズ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第19回)

壮大な目標を立てると努力しない人材になる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

CEOのゴルフ

一覧へ
eyecatch_CEOgolf_new

[連載] CEOのゴルフ(第19回)

腰と肩を同じように回すから飛距離が出ない

[連載] CEOのゴルフ(第18回)

右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が必要

[連載] CEOのゴルフ(第17回)

直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

[連載] CEOのゴルフ(第16回)

切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界7月号
[特集]
我がベンチャー魂

  • ・藤田 晋(サイバーエージェント社長)
  • ・髙島勇二(MCJ会長)
  • ・小池信三(三栄建築設計社長)
  • ・田中 仁(JINS社長)
  • ・宇野康秀(U-NEXT社長CEO/USEN会長)
  • ・寺田和正(サマンサタバサジャパンリミテッド社長)
  • ・坂下英樹(リンクアンドモチベーション社長)
  • ・冨田英揮(ディップ社長)
  • ・平野岳史(フルキャストホールディングス会長)
  • ・河野貴輝(ティーケーピー社長)
  • ・出雲 充(ユーグレナ社長)
  • ・方 永義(RSテクノロジーズ社長)
  • ・山海嘉之(CYBERDYNE社長/CEO)
  • ・高岡本州(エアウィーヴ会長)
  • ・酒井 将(ベリーベスト法律事務所代表弁護士)

[Interview]

 後藤 亘(東京メトロポリタンテレビジョン会長)

 技術がどんなに進歩しても、求められるのは「心に響く」コンテンツ

[NEWS REPORT]

◆金融業界に打ち寄せる人工知能の衝撃波

◆ついに会長職を退任 フジテレビと日枝 久の30年

◆停滞かそれとも飛躍への助走か 元年が過ぎた後のVR業界

◆爆買い超えも目前 インバウンドショッピング復活の裏側!

[政知巡礼]

 小野寺五典(衆議院議員)

 「北朝鮮の脅威で安全保障の潮目が変わった」

ページ上部へ戻る