テクノロジー

世紀の大発見と騒がれながら、論文の不正疑惑で一瞬にして評価が地に堕ちてしまったSTAP細胞。研究リーダーである小保方晴子氏へのバッシングの陰には、政治的思惑も囁かれている。(文=ジャーナリスト/小森昭)

理研がSTAP細胞の存否に言及せずとも不正を断罪した理由

 

論文の不正疑惑について釈明する小保方晴子氏(Photo:時事)

論文の不正疑惑について釈明する小保方晴子氏(Photo:時事)

 STAP細胞をめぐる科学界の混乱は一般には理解しにくい。

 そもそも科学の世界はトライ・アンド・エラーが前提だ。第三者の検証を経て、最初の論文に誤りが見つかっても不思議はない。

 にもかかわらず、理化学研究所(理研)は早い段階で小保方晴子ユニットリーダーを「捏造」「研究不正」と断罪した。

 なぜ急いで結論を出さなければならないのか。真相は明らかではないが、理研の周辺ではいくつも政治的な観測がささやかれている。

 最初に、基本的なことを確認しておきたい。「捏造」「研究不正」との指摘に対して、小保方氏は自ら開いた記者会見で「悪意はなかった」と反論した。

 しかし本来、研究不正に悪意の有無は関係ない。

 たとえ親切心からであっても、画像に手を加えれば論文を読む研究者の判断の誤りを招く恐れがある。

 一般的な言葉で言えば「正直でない」あるいは「誠実でない」論文を書くことを科学の世界では「不正」と呼ぶ。そうした意味で不正を働いた小保方氏が、研究倫理を問われることは仕方がない。

 また、STAP細胞の存在の根拠となる論文が「不正」であったとすれば、存在は認められないというのが科学者のとるべき態度だ。

 内心でSTAP細胞を信じ、あるいは期待を寄せる研究者であっても、良心に基づいて「現時点では仮説にすぎない」と主張するしかない。

 理研の調査はあくまで論文が証拠になるかどうかであって、STAPの存否に関しては結論を出していない。

 しかし小保方氏を「捏造」「研究不正」と断罪すれば、理研が「STAPは虚偽だった」という心証を固めたと社会一般は受け止める。

 理研に、そうした予想ができなかったとは考えられない。調査委員会の報告は、むしろ社会一般に「虚偽」という暗黙のメッセージを送ったかのようだ。

 小保方氏に虚偽の動機めいたものがなく、本人もそれを認めていない中で、なぜ理研は断罪の発表を急がなければならなかったのだろうか。

不正への風当たりを強くしたSTAP細胞という「やっかいな存在」

 

 以下は理研周辺の学者や研究者がSTAP細胞事件についてもらした感想である。単なる観測であって、裏づけとなる事実はない。しかし正鵠を射ている可能性は十分にある。

 理研による小保方氏断罪の背景には、まず「嫉妬」が挙げられる。

 小保方氏は早稲田大学理工学部で博士課程までを過ごした。私学の理系の研究予算は十分でない。多額の費用を要する先端研究は国立の名門大学が担い、私学は理系のサラリーマン養成に活路を見いだすというのが科学の世界では常識だ。

 その中で、私学出身の若手女性研究者が独力に近い形でノーベル賞級の成果を挙げてしまった。名門国立大で育った日本の科学技術のリーダーたちは面白くない。小保方氏が、いかにも私学出らしい「未熟さ」をさらけ出したことで批判が厳しくなったことは十分に考えられる。

 理研が、小保方氏をスターに祭り上げてしまったことへの「自己反省」という見方もある。

 理研の広報は当初、京都大学の山中伸弥教授のiPS細胞に匹敵するテーマとしてSTAP細胞を売り出そうとした。小保方氏個人の魅力もあり、予想をはるかに上回る成果があった。

 実際には、STAP細胞は研究の糸口にすぎない。小保方氏の売り出し方を苦々しく感じた研究者は理研幹部の中にもいる。そうした反省が「研究不正」への風当たりを強くしたかもしれない。

 さらに「特定国立研究開発法人」の指定問題を理由に挙げる人も少なくない。

 政府は今国会で、政府系の研究開発機関の一部に潤沢な予算を配分する法案を準備している。理研は最有力候補の1つだが、小保方氏のような未熟な研究者が在籍していれば指定を取り逃がすかもしれない。その恐れから小保方氏の処分を急いだ可能性がある。

 これと連動して「予算の取り合いが背景にある」と予想する研究者もいる。

 政府は平成26年度予算に、再生医療分野の独立行政法人経費として151億円をつけた。その大半がiPS細胞実用化の関連事業に投じられる。同分野の有力研究者の多くが恩恵を受けている。

 テーマを選び、複数年にわたる研究計画を立て、国に採択してもらったばかりの研究者にとって、自らの研究の意義を傷つけてしまうかもしれないSTAP細胞は「やっかいな存在だ」とある大学教授は打ち明ける。

 別の研究者は「iPSが一区切りついた頃に、次のテーマとして出てきてほしかった」と冗談めかして言う。

 研究によって生活の糧を得ている人たちにとっては正直な感想だろう。カネの掛かる自然科学の研究は、政治と切っても切り離せない関係にある。STAP細胞が主役になったら困る学者は、確実に存在する。

 もちろん、小保方氏が全く虚偽の研究をしていた疑いも晴れたわけではない。STAPの存否にかかわらず、研究方法の未熟が混乱を生んだ責任からも逃れられない。

 今後は予断を控え、冷静に事態の推移を見守る必要がある。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る