テクノロジー

横たわる難題

 特定の産業が発展するきっかけはさまざまだ。新技術が生まれ発展することもあれば、また別の要因で発展することもある。その意味で、エネルギー産業や公益事業の将来的な発展は、「廃棄制約」問題で加速することになるかもしれない。

 廃棄制約とは、廃物の処理先が確保できないことで、産業活動が立ちゆかなくなったり、生産活動・消費活動が大きな制約を受けたりすることを指す。例えば、地球温暖化問題も廃棄制約問題の1つだ。これは、化石燃料を燃やす過程で排出される「CO2という廃物」を、安易に大気中に棄てられなくなったという問題であり、地球温暖化対策をめぐる国際交渉は、どの国がどれだけの量の廃物(CO2)を棄てられるかの権利に関する交渉と言える。

 廃棄制約の厳しさは、福島原発事故以降の除染活動を見れば一目瞭然であろう。周知のとおり、この活動では、取り除いた放射性廃棄物の行先が見つからず途方に暮れている。そもそも放射能汚染の除去は不可能に近く、福島での作業は、「除去」というよりも、放射性の汚染物を別のところに移す「移染」と呼ぶべきものだ。もちろん、「移染」も無意味ではない。だが、「移染先」が決まらなければ作業は遅々として進展せず、問題の先送りに終始するのは必定だろう。

廃棄から生産を考える

 廃棄制約の問題解決が難しいのは、生産には常に廃棄が絡むからだ。

 例えば、銅の製錬では、銅を多く含む鉱石の硫化鉱(CuS)から不要な硫黄(S)分を取り除き、純度の高い銅(Cu)を取り出す。S分は酸化によって鉱石から取り除かれるが、取り除かれたSは無になるわけではなく、酸素と合わさり「SOx」となり、大気中に排出される。SOxは森林を枯らし、大気を汚染する。その状態が日本でも長らく続いたが、1960年代末から始まった環境政策により、SOx対策が進み、大気や森林の状態は改善された。ただし、その対策の副産物であるダストや硫酸の行先については、まだ明確な答えが示されていない。

 今日、企業のCSR(社会的責任)が問われるようになり、生産高・収益といった指標に加えて、廃物をどう扱っているかの明確化が求められている。その意味でも、現代は廃棄制約の時代と言えるだろう。言い換えれば、廃棄を考慮しない生産はもはや持続性がないということだ。従来、企業は、生産の結果排出される廃物をいかに処理するかで頭を悩ませていた。しかし、これからは、適切な廃棄が行えることを前提に、生産を考えなければならない。「生産から廃棄へ」ではなく、「廃棄から生産へ」なのである。

低炭素社会の実現はイノベーションに通ず

 エネルギー問題の解決を図る上でも、廃棄制約問題に真正面から取り組む必要がある。例えば、過去における電源選択では、どれだけの電気を能率的に作り出せるかという発電能力だけで良否判定が行われがちだった。背後には、「発電過程で排出される廃物については、適切に処理される」という前提が、暗黙のうちにあったように思える。

 ところが現実にはそうではなく、原子力発電から出される放射性廃棄物にしても、火力発電のCO2にしても、適切な処理・処分はできていなかったのである。しかも、これらの処理は今後ますます難しくなるだろう。

 このように、廃棄を考慮しない生産や消費は今後成り立たなくなる。ただし、そうした制約を、「産業活動の阻害要因」とだけ決めつけるのは早計だ。実際、これまでも、廃棄制約を克服する過程で新技術が生まれ、産業が発展してきた。例えば、循環型社会や低炭素社会を目指す中で、次のような新しい技術体系が生まれている。

●クリーナー・プロダクション:生産そのものが環境に調和した技術

●ゼロ・エミッション:産業間連携による廃棄物を一切出さない生産体系

●インバース・マニュファクチャリング:廃棄物になった時点の状態から生産を考える逆生産体系

 これらの技術体系はCO2排出量が規制値を満たした段階で進歩が止まるものではない。CO2は地球的規模で蓄積される汚染物質であり、排出総量は永続的に、かつ、可能な限り抑制しなければならず、あらゆる領域で永続的な技術進歩が求められるからである。さらに、低炭素な社会づくりを担う技術は、さまざまな産業において進化・発展するものであり、開拓される市場・産業の裾野も広大だ。

 従来、廃棄物抑制は経済成長を阻害する要因と見なされていた。要するに、「経済成長の結果として、廃棄物が増大するのはやむを得ないことであり、廃棄物を抑制すると経済には悪影響がある」というわけだ。しかし実際には、低炭素社会や循環型社会を目指すことは新技術・イノベーションの創出につながり、産業発展の契機となり得るのだ。

 

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る