文化・ライフ

日本人ボクサーとしては史上最速戴冠をもたらした井上尚弥とは

エルナンデスを攻める井上尚弥

世界戦でエルナンデスを攻める井上尚弥(右) 写真/時事

 デビュー6戦目での戴冠は日本人ボクサーとしては史上最速である。

 さる4月6日、メキシコのアドリアン・エルナンデスが持つWBC世界ライトフライ級王座に挑戦した同級4位の井上尚弥(大橋ジム)は、王者を6ラウンドTKOで仕留めた。これにより井岡一翔(井岡ジム)が保持していた日本人最速記録(7試合)を更新した。

 最初から、どちらが王者か分からないような戦いぶりだった。井上は1ラウンドからスピード、テクニックともにエルナンデスを圧倒し、つけ入る隙を与えない。

 3ラウンド終盤に左足の痙攣に見舞われるアクシデントが発生したが、それを逆手にとって打ち合いに臨み、6ラウンド、右ストレートで試合を決めた。

 「最初から尚弥のほうが上だと思っていた。足がつった時には〝世界は甘くない〟と思ったけど、そこで勝負をかけた。さすがですね」

 所属ジムの大橋秀行会長は満面の笑みで、そう語った。

 無理もない。かつてメキシカンは日本人にとって分が悪い相手だった。世界戦における対メキシカンの勝率は70年代2割8分、80年代2割6分7厘、90年代4割3分8厘。ほとんどが国内の試合ながら、この結果だ。彼我の実力差はいかんともしがたかった。

 ところが、長く続いた〝カモと苦手〟の関係は、ここにきて逆転した。このところ日本人ボクサーはメキシカン相手に世界戦7連勝中。20歳の井上に至っては32戦のキャリアを誇るベテランを歯牙にもかけなかった。

 世界戦の勝率もこのところ急上昇している。2000年以降は5割6分9厘と勝ち越し、10年以降は6割7分6厘にまではね上がっている。

 その理由を大橋は、こう説明する。

 「ボクシング人気を復活させるためには、どうすべきか。僕が(東日本)協会会長になった時、まずはオリンピックでメダリストを誕生させることが重要だと考えました。メダリストがプロになれば注目も集まる。彼らが世界チャンピオンになればボクシング界全体が活気づく。

 ただ、そのためには早い段階で技術を身に付けなければなりません。気合や根性だけではボクシングはどうにもならない。そこで僕が中心になって始めたのがU–15の大会。実は第1回大会の優勝者が尚弥なんです。7年前にまいたタネが今、実ってきたところでしょう。メキシカンコンプレックスなんて、もう過去の話ですよ」

 井上はアマチュアボクサーだった父親の影響で小学1年の時にボクシングを始めた。「門前の小僧習わぬ経を読む」とのことわざがあるが、彼の場合、まさにこれだった。

 「父はジムで練習できない時は家で練習していました。その姿を見て、自然と強くなりたいと思ったんです」

 それを受けて、大橋は言う。

 「尚弥はボクシングのエリート。早い時期に技術を身に付けた秀才と言ってもいい。

 しかし、ただ秀才というだけではチャンピオンにはなれない。彼は秀才でありながら努力する才能を持っている。その意味では秀才が努力をすることで天才になった稀有な例だと思います」

 

井上尚弥と井岡一翔との一騎打ちは実現するか

 この井上を含め、目下(4月6日時点)、日本人の世界王者は8人もいる。WBA世界ライトフライ級王座を返上して現在は無冠の井岡は3階級制覇に照準を合わせている。

 80年代終盤、日本にはひとりも世界王者がいない時期が1年3カ月も続いた。それを思えば、日本ボクシング界は豊穣の季節を迎えている。

 これはキッズボクシングの普及以外にも理由がある。日本ボクシングコミッション(JBC)は長い間、WBAとWBCの2団体しか認めてこなかったが、昨年4月、IBFとWBOを承認し、加盟した。これにより、世界王座に挑戦できるチャンスは倍になった。

 今後、問われるのは世界戦の質である。JBCは他団体王者との統一戦を奨励するなどしてタイトル価値の下落に歯止めをかけなくてはならない。

 要はファンが望むカードをどれだけ提供できるか。軽量級なら、そう遠くないうちに井岡と井上の一騎打ちを見ててみたい。

 それについて大橋はプロモーターの立場から、こう語っていた。

 「井岡選手とは放送局(井上はフジ系列、井岡はTBS系列)が違いますけど、そんなことはどうでもいい。例えば大阪で試合をしてTBSが放送し、今度は東京でやってフジが放送するとか、方法はいくらでもある」

 一時は「K–1」や「PRIDE」に押されていたボクシングだが、ここに来て格闘技界の老舗の輝きを取り戻しつつある。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る