テクノロジー

再エネ急拡大で市場価格が低下したドイツ

 

ドイツにおける時間帯別電力市場価格 風力発電や太陽光発電など再生可能エネルギーの導入促進に熱心なドイツ。再エネで発電された電力は高値で売電できる固定価格買取制度により急速に拡大したが、電力料金の高騰が社会問題となっていることは、日本でも多く報道されている。

 他方、これまでドイツの電力会社はEU全体での自由化の進展に伴い、電力メジャーとも呼べるほどの巨大企業に成長したが、その根幹とも言える事業モデルが転換を迫られていることはあまり知られていない。

 ドイツでは、風力発電、バイオマス発電、太陽光発電に、順次高い固定価格が設定され、導入が加速され、現在、再生可能エネルギーが電力消費の25%を供給するに至っている。電力卸売市場での取引は電力自由化により活発だが、再エネの供給力が急速に拡大した結果、需給が緩み、市場価格の低下が著しい。

 特に、近年の太陽光発電の拡大は、昼間のオフィスの空調など需要量が高まる時間帯に最も供給量が増えるため、昼間に生じていた需要ピーク時の価格の上昇幅が年々低下し、ついにはその傾向が見られなくなった(図)。このことは大型火力発電所や原子力発電所をコアとした既存の電力会社の事業モデルの転換を意味している。

 ドイツでは90年代後半にEU電力指令と呼ばれる加盟国の電力自由化が義務付けられ、電力システム改革が進められた。自由化直後は激しい競争が起き、8つの地域独占電力会社がE・OnやRWEなど4つに収斂し、そのうち2つがドイツ外の資本となる激しい業界再編が起きた。その結果、送電に一定の中立性が課される中、発電と小売りのバリューチェーンを垂直統合する一方、電力のみならず都市ガスも含め供給し、各地域で高いシェアを保つ地域独占的な総合エネルギー事業者が誕生した。

 環境負荷の大きい石炭火力や、原発などの参入障壁は高く、24時間安価に発電するベース電源と呼ばれるタイプの発電所の寡占が許されたことは、業界再編後の新たな業界秩序の形成に寄与した。これらのベース電源は、卸売価格が引き上がる昼間帯でも発電コストは低く、この時間帯に利ざやを稼ぐ。これを小売りでの競争力の維持にも活用し、電力小売りでの新規参入の余地を狭め、国内市場を中心に2割以上の高い営業利益率を上げてきた。

 他方、EU加盟国の拡大に伴い、国営電力会社の民営化や自由化が進められたが、国内市場の利益が買収資金となり、大きく事業を拡大した。また、収益性・成長性とも申し分のない企業は、当然株価も高値を付け、それが新たな買収を推し進める原動力になった。

 

再エネ発電推進で日本の電力業界の将来はどうなるか

 

 しかし、大型のベース電源主体の電力メジャーの事業モデルは、昼夜の区別なく稼働する風力の拡大、昼間の電力卸売価格を低下させる太陽光の拡大に伴い、崩れつつある。また、福島原発事故を受けメルケル政権が打ち出した脱原発、再エネのさらなる拡大により、電力メジャーの収益性の回復は困難と見なされ、株式市場における時価総額は、08年から13年にかけ、E・OnもRWEも7割減少した。

 こうした危機的な状況を受け、電力会社はあらためて顧客にフォーカスし、出力変動が激しい太陽光発電を最適に活用するエネルギーマネジメントシステムを構築し、顧客のエネルギー使用の状況に応じた最適なシステムの提供を目指す方向に舵を切りつつある。特に、エネルギー使用実績はライフスタイルを示す唯一のビッグデータとも言われ、その解析を生かしたビジネスを模索し始めている。ただし、電力業界とは無縁なさまざまな事業者が入り乱れているため、事業モデルの転換は、決して平たんな道のりではない。

 ただ、電力供給を通じて顧客接点を持つのは電力会社である。また、電力取引市場でのトレーディングノウハウは出力変動の激しい太陽光などの発電システムに対し重要性が増すが、これを持つのも電力会社である。将来的には市場でのプレゼンスを保持していくのかもしれない。

 日本では、3次にわたる電気事業法改正により電力システム改革が進められ、先日閣議決定されたエネルギー基本計画では、再エネ発電は2割以上を目指すとされた。現在ドイツで起きていることは、将来の日本の電力業界の構造変化を指し示しているとも考えられる。原発再稼働が見通せない中、しばらく火力発電の新増設などに動いているが、こうした巨額の投資の回収が困難になる可能性もある。小売りだけでは事業としては成立しがたいとされてきた電力業界の常識も覆されるかもしれない。

 次回はシステム改革と再エネ拡大による今後の日本の電力業界構造の展望を論じたい。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る