マネジメント

今回は、偉人の壮絶な生き様にフォーカスした。「昭和の黄門様」こと福田赳夫も若き日に事件に巻き込まれている。その経験はどう生きたのか。この記事の3年後、ようやく総理に就任している。(1973年10月号)/構成:本誌・古賀寛明

 

10年間の浪人生活がつくった福田赳夫の人間の味

-- 人生の転機は、大蔵省の主計局長時代に昭電事件(注)に連座したことでしょうか。

福田 全くその通りです。ですから、私は政治家として、必要以上に神経質になっているんですよ。あの事件なんかは、本当に〝青天の霹靂〟だったんですからね。1審で5年、2審で5年、計10年の歳月がかかったんですが、結局「これを要するに本件は、検事が事件をあらかじめ構想し、用うるに牽強付会の弁を以て、これをたとえは、鷺を鴉と言いくるめんの類に終止しており、起訴に足る何らの資料もなし」ということでやっと終わったんです。しかし、それにしても疑いをかけられたこと自体が問題といえば問題なんですから、今、言ったように本当に神経を使っているんですよ。

-- 振り返って、苦しい10年から得たものはなんですか。

福田 そうねえ、やはり世の中というのは、非常に冷酷な一面と、また信義に厚い面という両面を持っている。頼れる人と頼れない人とに選別できる、ということを知ったということですかね。それをからだで知ったということですよ。たしかに、働き盛りの10年を費やしたのですから、惜しいといえば惜しかったんですが、それにしても役所にいたんでは、とても経験できないことを知った。大衆の中の人生修業ができた。

 それにしても、浪人のポーズというのは難しいね。卑屈になっちゃいかんし、もちろん威張ってもいかん。まあ、僕の場合は失意泰然といおうか、できるだけ落ち着くように心掛けていたんですがね。

-- 浪人時代にさまざまな相談事が寄せられたそうですね。

福田 あれもまた、いい勉強になりましたよ。大蔵省には限りませんが役所というのは真に強大な権力を持っている。いわば権力の集合体のような存在ですが、そこにいると、どうしても考え方が独断に走ることになる。ところが、浪人のお陰で世事万般の悩みに、直接、間接に接することができた。一緒に考え、ひとつの結論を求めて共に悩んでいた。その結果、その後政界入りするについての、誠に格好の教訓を得ることができたんです。つまり相手の立場でものを考える修業を積んだんですね、この期間に。その必要を痛感し、そして、これを習性化させるように心掛けてきたんですよ、今日まで。

浪人生活を送った福田赳夫の政治信条

0513_20140527_Onkochishin_01

福田赳夫(ふくだ・たけお)
(1905〜95)群馬県生まれ。大蔵省に入省後、主計局長時に昭電疑獄に巻き込まれ退官。その後代議士に。10年後に無罪を勝ち取る。76年に内閣総理大臣に就任。晩年も政界のご意見番として活躍した。

福田 うーん、まあ、政治も心の問題であると言われていますが、その限りでは私も全く同意見なんですよ。しかし、一部の学者らはこれを即、教育の問題として論じようとし、現代社会の荒廃、ヒズミを教育の欠陥として指摘しようとしている。これは間違いですよ。教育の問題以前に、まず国民思潮といおうか、社会思潮、社会風潮を改めなければならないと思います。現代社会のゆがみはどこから来ているかと言えば、戦後、アメリカ100年の建国の思想である民主主義をメチャクチャに大急ぎで輸入した結果、いつの間にかはき違えてしまったからであって、日本は、とりわけ政治は、まずここから手を付けるべきだと痛感しているんですよ。

-- つまり、戦後の困窮を起点とした「自分さえ生き残れば……」という自己本位の考えに囚われているということですか。

福田 だから、僕は政治信条の1つとして「連帯社会」をつくることを主張しているんですよ。孤独な秀才は嫌ですね。いや、むしろ軽蔑しますよ。

 今の日本に必要なのは、決して能力のある人ではないんですよ。能力は人並み優れている必要はない。それよりも人のために奉仕を喜べる人。人と組み、全体の中の1人として活動できる人。本当の友人、仲間を持てる人が必要なんですよ。

 長を与え、短を抑え、そして他人の長をとる。これが人生であり、これができるのが人間なんですよ。だから企業にあっても、既に実証されているように、自分の利益だけを追求していたのでは、必ず行き詰まってしまう。社会あっての企業であることを心底、しかも常に念頭におかなければならないんですよ。

 

(注)昭和電工事件:1948年に政治問題となった昭和電工への融資に絡む贈収賄事件。昭電疑獄ともいわれる。

 

【温故知新】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る