政治・経済

120兆円を超える厚生年金・国民年金の積立金を運用するGPIF(年金積立金運用管理独立行政法人)の在り方をめぐって、首相官邸・内閣府と、所管官庁である厚生労働省との間で激しいバトルが演じられている。その背景にあるものは。

株式運用失敗の記憶が払拭できない厚労省

三谷隆博

三谷隆博・GPIF理事長(Photo:時事)

 4月22日、安倍首相の下で内閣はGPIFの運用委員会委員の人事を内定した。8人の委員の過半が入れ替わるという人事だけに、「刷新」と言ったほうが妥当だ。従来、積極的な資産運用を主張してきた能見公一・産業革新機構社長のほかの新顔の委員は、GPIFの資産運用の見直しを求めてきた米澤康博・早大教授などであり、委員長にはその米澤氏が就任した。

 この人事について、霞が関では「GPIF改革の外堀が埋まった」という評価が大勢を占めている。つまり改革に抵抗してきた厚生労働省(厚労省)の思惑が打ち破られたことを意味する。

 安倍政権はGPIFによる資産運用の在り方を変えようとしてきた。具体的には、国債など国内債券に重点が置かれた資産運用から、国内の株式の比率を拡大する方向への見直しである。

 厚労省が抵抗してきたのは、いくつか理由がある。第1には、過去、GPIFが前身の年金福祉事業団であった当時に、株式運用の失敗で世の中から激しいバッシングを受けた経緯があったことだ。その果てに、独立行政法人へとくら替えさせられただけに、この苦い経験は今でも厚労省の中では癒えない傷として残っている。

 次の理由は、今回のGPIF改革が、厚労省を抜きにした形で推し進められ、面子を失ったことで、その怨念は相当深い。首相官邸や内閣府が主導する改革では、GPIFという組織の見直しまでが既定路線のように位置付けられてしまっている。組織のありようまで踏み込まれるとGPIFに対する厚労省の権限が弱体化しかねず、それはとりもなおさず、年金行政を担ってきた同省にとっては存在意義にもかかわってくる重大な問題となる。

 厚労省は旧厚生省時代から、年金行政を中軸にすることによって、財務省などに一定の発言権を確保してきた。財務省の重要業務である国債管理政策上、年金資産で巨額の国債を保有するということが中央官庁としてのステイタスを形成してきたからだ。

 年金資産に関する厚労省の発言力が弱まれば、官庁としての立場も脆弱化せざるを得ない。そのような重大な議論であるにもかかわらず、自分たちの頭越しでやられた以上、黙認はできないという意地が今回のバトルの背景だ。

 安倍政権のGPIF改革は、法改正が必要となるが、厚生労働省はのらりくらりとして対応を遅らせてきたように見受けられる。少なくとも、そのように感じてしまった首相官邸が業を煮やした結果として断行したのが、GPIF運用委員会の委員刷新人事だった。

GPIF理事長の更迭論も浮上

 ところで、厚生労働省がどう抵抗しても、GPIFという組織に問題点があることは否定できない。運営するのは理事長ともう1人の理事の2人だけ。さらに職員の給与レベルは極めて低い水準にある。それでいながら約120兆円を超える巨額の年金資産を運用しているのだ。同様に年金資産を運用している海外の組織と比べても、運用資産の規模は群を抜いて巨額である。例えば、オランダの公務員総合年金基金は40兆円程度、カナダの所得比例年金は20兆円に満たない規模だが、そこで業務に従事している職員の待遇は「GPIFよりもはるかにいい」(米国アセットマネジメント幹部)と言われている。

 たった2人の理事で運営していくという体制は、明らかにガバナンス面で不安があるし、給与水準の低さはその業務の重大さに比べると、職員たちのモチベーションという面で大きな支障となっていておかしくない。それでも、これまでやってきたのは「典型的な外部委託のお任せ主義が根を張っていたから」(同)と言う。

 GPIFは4月初旬、日本株の運用委託先を6年ぶりに入れ替えた。国内運用会社を外して、外資系を新たに加えるという見直しである。

 しかし、これも資産運用のプロたちの間では「なぜ、外国株式ではなく国内株運用において国内勢を外して外資系を選ぶのか。その合理的な説明が全くない」と、極めて不評だ。「外資系を活用して横並びの運用状況を改善する」などという解釈もないわけではないが、これは意味不明と言わざるを得ない。運用スタンスの異なる国内勢を選べば、それだけで済む話だからだ。

 「厚労省が自分たちも改革しているということを見せつけるためだろう」(同)

 結局、こんな憶測すら流れる不透明な判断であり、GPIFの背後にいる厚労省の評価をさらに落とす要因となってしまっている。実際にそうであれば、もはや、それは国民の大切な老後資金を盾にした厚労省の悪あがきでしかない。

 そんな厚労省の態度に見切りを付けるように、自民党の中ではGPIF改革の法案を議員立法する動きも活発化してきた。果たして、政府内で生じた年金資産をめぐるイザコザ劇は今後、どう進展するのか。「次は2015年春までの任期である三谷隆博・GPIF理事長の任期前退任か」という噂も飛び交っている。

(文=ジャーナリスト/山下公平)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る