文化・ライフ

グリップ向きの修正は打球のバラツキの解決策のみにはとどまらない。グリップの向きこそがスイング構築の方向性を決定する基本要素なのだ。ストロングでもウイークでも違和感のない向きを選び、それに合わせた振り方を認識したい。

スイングの本質的な問題はグリップの向きとコンビネーションに

グリップの向き

左手は第1関節が2個半見える程度、右手は親指と人差し指の間のシワが右肩の頂点を差すのが標準的なグリップ向き

 思うような球が打てないときにゴルファーは「自分のグリップは正しいのだろうか」と、疑いの目を向けます。特に真剣にゴルフに取り組んでいる方ほど考え抜き、悩むあまりグリップを「原点」として正解を求めようとします。

 前回「グリップは指で握る」と説明しました。左手の指の付け根をグリップに横からあてがい、指先をグリップの下に巻き付け、手のひらをグリップの上に軽くかぶせます。そうすると左手の甲は少し上を向きます。中指の第1関節(ナックル)の陰から薬指の第1関節が見えるか見えないか。いわゆる「2ナックル半」が見える。これが現在の理論で標準とされています。

 右も指でグリップを持って手のひらと親指でふたをする。親指を人差し指に沿わせるように間を締めると、間のシワが右肩の頂点を差す。これで、右手のひらが目標を向くフィーリングが持て、フェース面をコントロールできます。

 しかし、これはあくまでも標準であり、基礎となる要素でしかないのです。左手のナックルが3つ完全に見える向きでも2つ目までしか見えない向きでも、全く問題は起きません。なぜなら、本質的な問題はグリップの向きとフェース向きとのコンビネーションにあるからです。手の向きが多少違っていても、構えたときの向きがインパクトを通過する際にタイミングよく再現されれば球はコントロールできるのです。

 逆に、フェースの向きにこだわるあまり「慣れない握り方」で違和感を抱くと、フェース向きの感覚が持てなくなります。その感覚がないからコントロールも効かず、思いどおりの球が打てないのです。

 向きの微妙な違いにこだわるあまり、慣れた握り方を変えると、スイング全体に影響が出ます。それこそ「原点」ですから握る向きの違いで、クラブの操作の仕方が変わってしまうのです。

グリップの向きに合う操作方法を確認してスイングを改造

ストロンググリップ

ストロンググリップは手首の返しを使わずに振るスイングに適している

0520_20140527_CEOgolf_01a
ウイークグリップ

ウイークグリップは手首の返しを積極的に使って球を捕まえる打ち方になる

0520_20140527_CEOgolf_01b

 握る向きとクラブの扱い方とのコンビネーションを正しくすることこそグリップにおける最重要マターとなります。

 左手の甲をグリップの上にかぶせる度合いを強めたストロンググリップの場合、インパクトゾーンでの手首の動きはほとんど必要なくなります。代わりにカラダの回転を大きく早めに使うことで、フェースをスクエアに保ったままインパクトゾーンを通過します。

 逆に左手の甲が目標を向くウイークグリップの場合、遅れてきた右腕がインパクトゾーンで左腕の上にかぶさるように追い越すリストワークを使わなければフェースをスクエアにすることができません。

 そして、その中間のニュートラルなグリップは、動きとしてもそのふたつの要素のバランスをとった振り方が求められることになります。

 違うグリップで、別の動きをしようとしても、整合性が合わないため、安定性は高まりません。優先すべきなのは、違和感のないグリップです。まず自分のグリップ向きを確かめ、それにスイングを合わせることが、グリップの問題を解消する方策なのです。

 慣れたグリップ向きが提示している「どのようなスイングをすべきか」というゴールを見据える。これでスイング改造の設計図がまた一歩明確なものになったはずです。

 

CEOゴルフのポイント

□ 基本はなぜ基本であると言われているのか理解すると本質が見えてくる。

□ グリップ向きとクラブの扱い方の組み合わせを正す。

筆者の記事一覧はこちら

 

 

 

 

【文化・ライフ】の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年3月号
[特集] 令和女史のリーダー哲学
  • ・元谷芙美子(アパホテル社長)
  • ・石黒不二代(ネットイヤーグループ社長)
  • ・小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長)
  • ・石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)
  • ・戸田泰子(理化電子社長)
  • ・吉本新喜劇で初の女性座長は「イキらず、驕らず、高ぶらず」の支えるリーダー
  • ・敏腕ヘッドハンターが語る リーダーに求められる力は使命感に裏付けられた勇気
  • ・本と映画に学ぶ女史たちの生き様
[Special Interview]

 橋本聖子(女性活躍・東京五輪・男女共同参画担当大臣)

 女性が輝く新時代へ 政治家もOne Team

[NEWS REPORT]

◆CESでコンセプトカーを発表 ソニーが自動車メーカーになる日

◆アマゾンと提携したライフ 新規顧客獲得は成功するのか

◆ゴーン被告逃亡の影響は? 内田誠・日産新社長の前途

◆血液によるがん診断で日本の医療費は高騰する

[特集2]

 スタートアップ!関西

 日本の起業家たちが関西に注目する理由

ページ上部へ戻る