広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

「元ホームレス社長」の強さの理由--兼元謙任(オウケイウェイヴ社長)

兼元謙任氏

感謝と握手の習慣を作ったオウケイウェイヴ社長のホームレス時代

兼元謙任

兼元謙任(かねもと・かねとう)
1966年、名古屋市生まれ。90年、愛知県立芸術大学美術学部卒業。デザイン会社などをへて上京。99年、東京都町田市にオーケーウェブ社(現・オウケイウェイヴ社)を設立。翌年1月、Q&Aのウェブサイト「OKWave」の運用を始める。2006年、名古屋証券取引所セントレックスに上場を果たす。

 兼元氏は会うなり「きょうはありがとうございます!」と挨拶をしながら、両手で記者に握手を求めてきた。帰り際も会社のあるビルの出口で、われわれの姿が見えなくなるまで頭を下げて見送る。「〝ARIGATO〟で世界をつなぎ幸せで満たす」。これがオウケイウェイヴの経営理念。それを体現するような、人を熱く歓迎、感謝する姿勢は、かつて兼元氏が味わった過酷な経験から生まれたものだ。

 名古屋で生まれた兼元氏は小学5年の時、自身が在日韓国人3世(現在は帰化)であることを知る。出自が同級生に知れ渡り、いじめの対象となった。その後難病であるギラン・バレー症候群を発症し、入退院を繰り返してきた。

 苦難を乗り越えて愛知県立芸術大を卒業後、デザイン会社や建設塗装会社に勤めながら大学時代に作ったデザイングループでの活動にも没頭した。1997年、デザイングループによる起業の話が持ち上がる。当時勤めていた会社を退職、しかしデザイングループの仲間が離れ、結局起業の話は立ち消えた。

 同時期に、大学時代に知りあい結婚した妻から「このままでは幼子を育てられない」と離縁状を突き付けられた。東京で仕事を見つけると説得して離婚を思い留まらせ、単身上京。しかし、頼りにしていた知人の社長から仕事はないと言われる。

 「いじめ体験で身についた『根性』が通用しない出来事が続きました。僕自身に価値がない、全否定された状況に、この時ばかりは『いじめに比べれば、たいしたことない』とは思えませんでした」

 途方に暮れた兼元氏はホームレス生活を始める。コンビニなどで廃棄される食品をもらう「エサ取り」にも抵抗がなくなるなど、次第にその生活になじんでいった。子連れ女性が子どもに「こんな風になっちゃだめよ」と言う声が聞こえても、やめることはなかった。

 どん底に落ちた兼元氏のホームレス生活は数カ月続く。その後、兼元氏を激しく叱咤する人物との出会いや、ファストフード店で手に入れたハンバーガーの中に吸い殻が入っており、生死をさまよったことなどが立ち直る契機となる。

 「このままではダメだと感じました。人のためにもう一度仕事をしようと思いました。そしてやっぱり、嫁さんと子どもと、もう一度やり直したかった」

 それから約2年、公園などを寝床にしながら知人の社長に仕事をもらい、ノートパソコンを使ってデザインやウェブの仕事を請け負った。このころから人に感謝を伝える習慣が始まった。ホームレスになる以前は効率を求めてばかりいた兼元氏だったが、要求される以上の仕事をして返すようになっていた。

オウケイウェイヴ社長の起業の原動力

兼元謙任

どんなに悪い状況に置かれても今では冷静でいられる

 ある時、仕事上生じた不明点をインターネット掲示板に質問したところ、無礼だと追い出された。「気軽に尋ね、教えてくれるサイトがあればいいのに」という思いから、知りたいことを質問として掲示板に書き込み、利用者同士で回答するQ&Aサイトと、それを運営する会社、オウケイウェイヴの創業を思いつく。

 「いじめられた時も、嫁さんと別れるかもという時も、デザインチームで失敗した時も、Q&Aサイトがあれば助かったはずだ、と思った。それが起業の原動力になりました。これまでの苦労はこのためだったんだと思いました」

 ここからの兼元氏は、しぶとかった。事業計画を打ち明けた妻から貯金を渡され、1999年オウケイウェイヴを創設した。一般ユーザー向けのQ&Aサイトを開設して運営するほか、企業向けに、顧客の問い合わせ情報を共有するシステムなどを販売することで、事業を軌道に乗せることができた。

 「運がいいと思います。私の場合は、良いタイミングで鋭いカウンターをもらって、その後は『よしよし』と教えてくれる人が現れる。だからうまくいったと思います」

 もちろん、起業してからも苦労はあった。当初はシステムを認めてもらえず契約が取れなかった。競合が登場して多くの社員が辞めるなど、厳しい局面を迎えたこともあった。こうした時も、自ら仕事を請け負い、会社を訪ね歩いて営業し、難局を切り抜ける方法を考えた。それが功を奏し、後に楽天などから出資を受け、会社のかじ取りを安定させることができた。

 「問題が重ければ重いほど発生直後は落ち込みますけど、後になって振り返ると『これがあったから良くなった』と思えるようになりました。今となっては、どんなに状況が悪くても、なんとかなると構えていられます。周囲からは『なんでお前はそんなに落ち着いていられるんだ』とよく言われました(笑)」

兼元社長がQ&Aサイトにこだわり続ける理由

 多くのIT企業が業態を変える中、一貫してQ&Aに関連する商品を展開し続けるオウケイウェイヴは創業15年を迎えた。Q&Aサイトにこだわり続ける理由を兼元氏はこう語る。

 「昔、人を信じていなかったために陥った失敗がたくさんあった。だから今は人を信じたいんです。システムが人間の知能を越える日が来る可能性はあるけれど、人間の感性や思いが『教えて答える』行為を支えることは変わらないはずです。まだ私たちのサイトに必要なツールはあります。それをどんどん追求していけば、いつの日かグーグルのような検索機能以上に、Q&Aサイトが便利な存在になるはずです」

 兼元氏が自信を見せるのは、継続することが将来実を結ぶことを知っているからだろう。同社では自社製品を活用して情報交換したり、社員同士で感謝を伝え合ったりしている。今では、意見や感謝の言葉を形にすることで、社員の長所や能力を発見できるようになった。

 「(感謝の気持ちを表す)ハートのマークを会社のロゴに導入するまでに苦節10年(笑)。初めに提案した時は男性社員から大反対されました。ありがとうと言っても『お前は宗教家か』とまで言われていましたから、今と昔で大きく変わりました」

 企業の反応も同じだ。15年前は商品に見向きもしてくれない経営者が多かったが、

 「ようやく僕の話が通じるような時代になりました(笑)。僕らが動いたから社会が動いたのか、社会が動いて、たまたま僕らがいるのかは分からないけど、推進力にはなっているはずです」

 悲惨な出来事があってもいつかは乗り越えられること、そして実力は微々たるものでも、継続が推進力になることを知っている兼元氏。オウケイウェイヴが創業15年を迎えられた理由もそこにあるのだろう。

(文=本誌・長谷川愛 写真=西畑孝則)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る