文化・ライフ

闘莉王選手

日本代表への復帰が期待される闘莉王選手(写真/時事)

代表OBからもイチオシの声

 ブラジルW杯に臨むサッカー日本代表メンバーの発表を前に、ひとりの元代表選手に注目が集まっている。

 名古屋グランパスのDF田中マルクス闘莉王だ。

 イタリアで3つのビッグクラブ(ACミラン、インテル、ユベントス)を率いたアルベルト・ザッケローニが日本代表監督に就任して4年がたつが、闘莉王はまだ一度もザックジャパンでプレーしていない。

 実はザッケローニ、4年前の10月に行われた国際親善試合(対アルゼンチン、韓国)に闘莉王を招集したが、彼は右ヒザの故障を理由に途中離脱した。

 それ以来、指揮官は一度も闘莉王を呼んでいない。

 周知のように闘莉王は4年前の南アフリカW杯では最終ラインの統率者として、日本代表の決勝トーナメント進出に貢献した。

 彼のパフォーマンスは各方面から高い評価を受けた。

 イングランド・プレミアリーグの名門アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は「日本代表の最高の武器だった」と絶賛し、闘莉王の祖国であるブラジルの民放テレビは「日本の守備の堅さの象徴だ」と称えた。

 今回、闘莉王待望論は代表OBからも上がっている。

 「世界の舞台を経験した選手を(メンバーに)入れておいたほうが計算が立つのではないか」

 そう語るのは1998年フランスW杯日本代表GKの小島伸幸だ。

 「彼はリーダーシップがとれる選手。W杯のような大きな大会ではGKが指示しようにも、大歓声でかき消されてしまうんです。そんな時、GKの代わりに声を掛け、守備の狙いをはっきりさせてくれる選手の存在はありがたい。

 加えて彼には攻撃力がある。日本のDFでは最も得点の期待できる選手でしょう。開催地がブラジルというのも、モチベーションを喚起するには十分な材料のはず」

 続いてフランスW杯、2002年日韓W杯にDFとして出場した秋田豊。彼はメディアでも再三再四、闘莉王の必要性を強調している。

 「パワープレーを仕掛けられた時、闘莉王ならラインコントロールしながら守り切ることができる。これは大きい」

 思い出すのが06年ドイツW杯の初戦、オーストラリア戦での逆転負けだ。

 前半を1対0と折り返した日本は、後半、オーストラリアのパワープレーの前に為す術がなかった。空中戦で圧倒され、終わってみれば1対3。まるで決壊する堤防を見ているようだった。

 ブラジルW杯で2戦目に対戦するギリシャは、フィジカルの強さを全面に押し出すかたちでパワープレーを仕掛けてくる可能性が高い。

 その際、ゴール前で体を張って用心棒の役割を果たせる屈強な選手が必要ではないか。小島も秋田も、その一番手に闘莉王を推す。

 

切羽詰まった時に必要なカード

 ザックジャパンの最終ラインが万全であるならば、闘莉王待望論が持ち上がることはあるまい。逆に言えば、闘莉王待望論は守りへの不安の裏返しでもある。

 ザックジャパンはW杯アジア予選こそ8試合5失点と堅守を誇ったものの、ブラジル、イタリア、メキシコの3カ国を相手にした昨年6月のコンフェデレーションズカップでは3試合9失点と、それこそボコボコにされた。

 直近の5試合でも9失点を喫するなど守備の不安定さは相変わらずだ。

 センターバックの今野泰幸は視野が広く、手堅いプレーを売り物にするが高さに不安を残す。もうひとりの吉田麻也はフィジカルの強さには定評があるものの、球際でのミスが目立つ。

 名古屋でユース時代の吉田を見ていた秋田は次のように指摘していた。

 「麻也はもっと自信を持ってプレーすべき。今は(ミスを)怖がるあまりに思い切ったプレーができていない」

 仮に闘莉王が代表メンバーに加われば、吉田もうかうかしてはいられない。吉田の尻を叩くためにも、闘莉王は必要なカードだと秋田は繰り返す。

 さて、代表メンバーの発表を前に当の本人は、今どんな心境か。

 あるテレビ番組で、闘莉王はこう語っていた。

 「W杯は1点とられたら2点取り返す(戦い)では、日本は通用しない」

 「南アフリカで、日本は何が良かったのか。それは失点しないことだった」

 「僕だけじゃない。中澤佑二、中村俊輔など、今の代表選手にはない経験を僕たちは持っている。切羽詰まった時、必ず日本の力になれると思っている」

 果たして闘莉王は故郷に錦を飾ることができるのか。すべてはイタリア人指揮官の判断に委ねられている。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

過密日程の高校サッカー選手権に必要な「戦い方改革」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

上位進出を狙う高い壁はW杯初戦のコロンビア戦

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

日馬富士の暴行事件で自らの手で首を絞めた相撲界

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

“ティア1”の強豪を相手に日本ラグビーは白星を挙げられるか

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

ハリルジャパンは「弱者の戦術」でどこまでブラッシュアップできるか

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第19回)

壮大な目標を立てると努力しない人材になる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

CEOのゴルフ

一覧へ
eyecatch_CEOgolf_new

[連載] CEOのゴルフ(第19回)

腰と肩を同じように回すから飛距離が出ない

[連載] CEOのゴルフ(第18回)

右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が必要

[連載] CEOのゴルフ(第17回)

直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

[連載] CEOのゴルフ(第16回)

切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

201710_KEIZAIKAI_P043_GLOBIS_CATCH

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年6月号
[特集]
なぜ、あの人についていくのか 求心力の秘密

  • ・松本 晃(カルビー会長兼CEO)
  • ・木股昌俊(クボタ社長)
  • ・迫本淳一(松竹社長)
  • ・水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・辻 発彦(埼玉西武ライオンズ監督)

[Special Interview]

 永守重信(日本電産会長兼社長CEO)

 売り上げ10兆円を目指す 働き方改革と人材育成の在り方

[NEWS REPORT]

◆不祥事続出でも企業が仮想通貨に群がる理由

◆通信事業親子上場に踏み切るソフトバンクの思惑

◆コーポレートガバナンスの呪縛〜お家騒動はなぜ繰り返されるのか〜

◆欧米名門大学への登竜門 ボーディングスクールが注目される理由

[特集2]

 働き方改革の闇

ページ上部へ戻る