文化・ライフ

闘莉王選手

日本代表への復帰が期待される闘莉王選手(写真/時事)

W杯に向け代表OBからもイチオシの闘莉王

 ブラジルW杯に臨むサッカー日本代表メンバーの発表を前に、ひとりの元代表選手に注目が集まっている。

 名古屋グランパスのDF田中マルクス闘莉王だ。

 イタリアで3つのビッグクラブ(ACミラン、インテル、ユベントス)を率いたアルベルト・ザッケローニが日本代表監督に就任して4年がたつが、闘莉王はまだ一度もザックジャパンでプレーしていない。

 実はザッケローニ、4年前の10月に行われた国際親善試合(対アルゼンチン、韓国)に闘莉王を招集したが、彼は右ヒザの故障を理由に途中離脱した。

 それ以来、指揮官は一度も闘莉王を呼んでいない。

 周知のように闘莉王は4年前の南アフリカW杯では最終ラインの統率者として、日本代表の決勝トーナメント進出に貢献した。

 彼のパフォーマンスは各方面から高い評価を受けた。

 イングランド・プレミアリーグの名門アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は「日本代表の最高の武器だった」と絶賛し、闘莉王の祖国であるブラジルの民放テレビは「日本の守備の堅さの象徴だ」と称えた。

 今回、闘莉王待望論は代表OBからも上がっている。

 「世界の舞台を経験した選手を(メンバーに)入れておいたほうが計算が立つのではないか」

 そう語るのは1998年フランスW杯日本代表GKの小島伸幸だ。

 「彼はリーダーシップがとれる選手。W杯のような大きな大会ではGKが指示しようにも、大歓声でかき消されてしまうんです。そんな時、GKの代わりに声を掛け、守備の狙いをはっきりさせてくれる選手の存在はありがたい。

 加えて彼には攻撃力がある。日本のDFでは最も得点の期待できる選手でしょう。開催地がブラジルというのも、モチベーションを喚起するには十分な材料のはず」

 続いてフランスW杯、2002年日韓W杯にDFとして出場した秋田豊。彼はメディアでも再三再四、闘莉王の必要性を強調している。

 「パワープレーを仕掛けられた時、闘莉王ならラインコントロールしながら守り切ることができる。これは大きい」

 思い出すのが06年ドイツW杯の初戦、オーストラリア戦での逆転負けだ。

 前半を1対0と折り返した日本は、後半、オーストラリアのパワープレーの前に為す術がなかった。空中戦で圧倒され、終わってみれば1対3。まるで決壊する堤防を見ているようだった。

 ブラジルW杯で2戦目に対戦するギリシャは、フィジカルの強さを全面に押し出すかたちでパワープレーを仕掛けてくる可能性が高い。

 その際、ゴール前で体を張って用心棒の役割を果たせる屈強な選手が必要ではないか。小島も秋田も、その一番手に闘莉王を推す。

 

闘莉王が語るW杯の舞台で必要なこととは?

 ザックジャパンの最終ラインが万全であるならば、闘莉王待望論が持ち上がることはあるまい。逆に言えば、闘莉王待望論は守りへの不安の裏返しでもある。

 ザックジャパンはW杯アジア予選こそ8試合5失点と堅守を誇ったものの、ブラジル、イタリア、メキシコの3カ国を相手にした昨年6月のコンフェデレーションズカップでは3試合9失点と、それこそボコボコにされた。

 直近の5試合でも9失点を喫するなど守備の不安定さは相変わらずだ。

 センターバックの今野泰幸は視野が広く、手堅いプレーを売り物にするが高さに不安を残す。もうひとりの吉田麻也はフィジカルの強さには定評があるものの、球際でのミスが目立つ。

 名古屋でユース時代の吉田を見ていた秋田は次のように指摘していた。

 「麻也はもっと自信を持ってプレーすべき。今は(ミスを)怖がるあまりに思い切ったプレーができていない」

 仮に闘莉王が代表メンバーに加われば、吉田もうかうかしてはいられない。吉田の尻を叩くためにも、闘莉王は必要なカードだと秋田は繰り返す。

 さて、代表メンバーの発表を前に当の本人は、今どんな心境か。

 あるテレビ番組で、闘莉王はこう語っていた。

 「W杯は1点とられたら2点取り返す(戦い)では、日本は通用しない」

 「南アフリカで、日本は何が良かったのか。それは失点しないことだった」

 「僕だけじゃない。中澤佑二、中村俊輔など、今の代表選手にはない経験を僕たちは持っている。切羽詰まった時、必ず日本の力になれると思っている」

 果たして闘莉王は故郷に錦を飾ることができるのか。すべてはイタリア人指揮官の判断に委ねられている。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る