本命候補不在で混沌とする日本経団連の次期会長人事

ニュースレポート

毎年7月恒例の経済3団体の夏季セミナー(夏合宿)が行われた。財界人たちの一番の関心事は来年6月に交代する経団連会長人事だったが、キーマンの米倉弘昌会長は「ノーコメント」と沈黙を貫いている。会長レースの現状を取材した。 (ジャーナリスト/梨元勇俊)

経団連会長人事で本命視される日立・川村氏は乗り気薄

経団連次期会長候補として名前が挙がる川村隆・日立製作所会長

経団連次期会長候補として名前が挙がる川村隆・日立製作所会長(写真:時事)

 参院選直前に行われた今年のセミナーは自公民政権の大勝を前提に、税制改正や規制緩和など「決められる政治」に対する注文が相次いだが、参加した財界人たちのもっぱらの関心事は来年6月に交代する経団連会長人事だった。次期財界総理には、今後3年間の長期安定政権が期待される安倍晋三首相と協力を深め、必要な時には対峙しながら、日本経済の再生を後押しする役割が期待されている。自身が所属する企業の業績にも直結するだけに無関心ではいられない。

 現会長の米倉弘昌氏は6月4日の経団連定時総会を前にしたマスコミ各社とのインタビューで「後任会長は製造業の経営者が望ましい」との考えを示唆している。

 通常、次期会長は副会長の中から選ばれる。対象は事務総長兼務の中村芳夫氏を除く17人。このうち製造業に所属しているトップは8人だ。

 当初、最有力とみられていたコマツの坂根正弘相談役は、来年で経団連を卒業する見通し。新日鉄住金の友野宏社長も、同社の三村明夫相談役が11月に経済3団体の一角を占める日本商工会議所会頭に就任するため可能性はほとんどない。アサヒグループホールディングスの荻田伍会長と、王子製紙の篠田和久会長も製造業出身ではあるが、今のところ候補には上がっていない。

 衆目の一致する最有力候補は日立製作所の川村隆会長だ。3年前に同社の業績をV字回復させ、経営手腕には定評がある。経団連のセミナーでは筆頭副会長として議長を務めた。セミナーの参加者はみな日本を代表する企業の経営者で論客揃い。持論の展開に熱が入る余り、ともすれば制限時間をオーバーして発言する人も目立つが、川村氏は30人余りの出席者の全員に発言の機会を与え、ほぼオンタイムで会議日程を終了させて、周囲を「さすがの手腕」とうならせた。

 対抗とされる三菱重工業の大宮英明会長は海外出張のためセミナーを欠席した。次期政府専用機に、同社が開発中の中型航空機MRJ(三菱リージョナルジェット)が調達先のひとつとして検討されていることが伝えられるなど、MRJの売り込みに懸命だ。

 しかし口さがない財界人からは「セミナーの日程はかなり前から分かっていたはず。経団連の重要行事のひとつであるセミナーを欠席したのは会長を引き受けたくない意思表示だ」との観測も聞こえてくる。

 トヨタ自動車の内山田竹志会長もセミナーデビューとは思えない堂々とした発言ぶりで注目を集めた。トヨタは創業家の豊田章一郎氏の長男で、目下、日本自動車工業会会長を務めている豊田章男社長が来年以降、経団連副会長に入り、〝次の次〟の会長を狙うとの見方が主流で、内山田氏は章男氏が登板するまでの「つなぎ」との見方が主流だった。だが、アベノミクス効果で円安株高が加速して、トヨタの業績は急回復。「日本経済界の顔にはやはりトヨタがふさわしいのでは」「トヨタなら金も人もある」との待望論が出始めている。

佐々木氏の経団連会長就任の障害とは?

 だが、夏のセミナーで参加者の耳目を最も集めたのは東芝の佐々木則夫副会長だった。スタッフの作成した資料に頼らない理路整然とした闊達なコメントは群を抜いていた。

 昨年末から政府の経済財政諮問会議の民間議員を務め、参院選後の8月も成長戦略の肉付け作業で官邸に通うことになる。就任は経団連副会長になる前だから、経団連代表という位置付けではなく官邸に1本釣りされただけで、安倍首相とは頻繁に会うことができる仲だ。2009年からの民主党政権時代に経団連が政治献金のあっせん廃止を決めたことや、財界と自民党とのパイプが細っていることもあり、「安倍政権と距離の近い財界人のひとり」として期待をかける者もいる。

 だが、佐々木氏の経団連会長昇格には障害がある。西室泰三相談役の存在だ。西室氏は今年6月20日に77歳にして日本郵政社長に就任して話題を集めたが、出身企業の東芝でも隠然とした力を誇っている。1996年の社長就任当時、300億円近い赤字を抱えていた東芝の経営を執行役員制度の導入やIT(情報技術)部門の強化で立て直した名経営者だ。芝浦の東芝本社の役員フロア、角部屋で最も見晴らしの良い執務室は、かつて「財界総理」の名前をほしいままにした土光敏夫氏の使っていた部屋だという。

 事情通によれば東芝の権力構造は入れ子になっている。つまり、西室氏、岡村正相談役(日商会頭)、西田厚聰会長、佐々木氏と過去4代のトップ経験者のうち、西室氏は西田氏を、岡村氏は佐々木氏をかわいがっており、西田氏を次期経団連会長に推したかった西室氏は、西田氏を東芝の会長に温存し、佐々木氏を副会長に据えたという。

 決定的なのは後任人事を決める側の米倉氏と西室氏が犬猿の仲だということだ。2010年末、東京で行われた日米財界人会議で西室氏は、日本側議長だった米倉氏がとりまとめた議長総括に「議論の中身がすべて反映されていない」と異議を申し立てた。よもや日本側の参加者から反対意見が出るとは思わなかった米倉氏は驚き、「最初に取りまとめは事務局一任と確認したし、あなたも了解したでしょう」とやり返したのは知る人ぞ知る話だ。

 周囲の関心は強まるばかりだが、米倉氏は「後任人事の話は住友化学のトップ人事を含め、コメントいたしません」とポーカーフェイスを崩さない。今のところ、大本命は川村氏だが、就任時に74歳、4年の任期を全うすれば78歳になる年齢がネックになる。「女性と若者の活力で日本経済再生」をうたう安倍首相は50代。「トップは必ずしも最年長者でなくてもいいのではないか」という経団連副会長がいることも付記しておく。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る