広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

努力がもたらすもの--佐治敬三の名言

佐治敬三氏

「損だと思いながらも挑戦することが必要」

サントリーの佐治敬三氏が、まだ青年将校と言われていた1973年に、弊誌主幹の佐藤正忠がその人物像を本人とその周辺にインタビューしたものだ。佐治氏の言葉は既に深い。(1973年10月号)

 

佐治敬三

佐治敬三(さじ・けいぞう)
(1919〜99)大阪府生まれ。経営者。大商会頭など多くの公職も務め、文化活動や社会貢献で日本の発展に寄与した。

佐治敬三を変えた「ビール」への挑戦

 佐治敬三氏の人物が大きく変わったことを考えてみると、それは、やはり〝ビール〟への挑戦からであろう。

 今でこそ、サントリービールはビール界でもかなりのシェアを持つようになったが、最初の頃は、ほんの0・1%くらいにすぎなかった。ウイスキーで儲けた利益をどんどんビールにつぎ込んでゆく。そして、出血に次ぐ出血。サントリーは大丈夫か、という噂さえ立った。

 しかし佐治氏はじっとその苦しみに耐えた。佐治氏は、今こう語る。

 「ところがね、面白いもんですよ。ビールにはむろん相当金が掛かる。だけど、そこで社員が燃えるんですよ。金はもちろんそっちに流れた。しかしそこで、ビールを何とかしなければならない。シェアを拡大しなければならない。売らなければならない。社員が燃える。すると、その炎の勢いが燎原の火のように、全社員に移ってゆきましてね。逆にウイスキーがよくなり、スコッチ何するものぞという意欲に代わり、新しいシェアを獲得し、ウイスキーの売れ行きが伸びていく。会社全体が火の玉になってきたんですね。

 ぼくはむろんウイスキーだけをやっていれば不安もなく、安全ですよ。だけど、人間は、いつも何かに挑戦している。ソンだと思いながらも挑戦するということが必要なのではないでしょうか」

 それまで、どちらかというと無口で、バーや宴会に行っても、静かに酒を飲んでいた佐治氏が、人が変わったように、サントリーのコマーシャルソングを歌い、サントリービールを飲み、サントリーウイスキーを人に勧めるようになった。東急電鉄社長(当時)の五島昇氏も、

 「佐治君は、全くあのビール以後、人が変わったよ。あのビールへの進出という試練が、佐治敬三というダイヤモンドを磨いたのだな」

 同じ2代目に生まれ、同じ親の業を継ぐ宿命を持っている〝東〟の五島昇氏は、自分の弟の年齢に当たる佐治氏をこう激賞する。

 

「真実」の尊さを知る佐治敬三の名言

 サントリーの宣伝部は、今、日本一と言われている。佐治氏はその宣伝部をつくった人物だ。幾多の人物も輩出した。山口瞳、開高健氏らがサン・アドから出、人材の層の厚いことでも知られる。佐治氏は言う。

 「ぼくはね、広告というのは、社会に向かって、〝僕たちはこういうことを考えているんですよ〟とわれわれの考え方を、社会に訴えてゆく。また、社会が何を求めているか、それを探し、それに応えてゆく。そんなものだと思うんですよ。ぼくはね、PRとは、社会への語り掛けだと思うんです。〝われわれは、こんなふうに、社会に貢献したいと思っているのです〟そういうふうにね」

 佐治氏は、ここでこんなことを言った。

 「ひとりの人間を永久に欺すことはできる。また、大衆も一時期なら欺すことはできる。しかし、大衆を永遠に欺すことはできない。要するに、真実でなければダメなんですよ。本当のものでなければ、ダメなんですよ。これをね、ぼくは常に一貫してきているんですよ。ですから、サントリーのウイスキーは、品質においてもスコッチに負けない。またPRでも本当のことを万年も表現してゆく。つまり最後に勝つのは、真実ではないでしょうか」

 その佐治氏には、山田稔氏(後のダイキン工業社長)の表現を借りれば、人材の余力があるという。そこにふれると、

 「そうですね、今の宣伝部には一級の人材がいると信じて疑いませんね。しかしぼくは、どんなに仕事の能力があっても、やはり人柄が悪いといけないと思うんですねえ。最後に決めるものは、人柄ではないでしょうか。このことはね、洋の東西を問わず、アメリカでもその他の自由主義諸国でも、いやそれだけでなく、共産圏においても言えることではないでしょうか」

 真実というものの尊さを知る人だ。

 

ひとりの人間を永久に欺すことはできる。

また、大衆も一時期なら欺すことはできる。

しかし、大衆を永遠に欺すことはできない

 

(構成/本誌・古賀寛明)

 

【温故知新】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る