テクノロジー

 前回は、電力自由化を契機に欧州全域を席巻したドイツの電力メジャーが、ここ数年の再エネの拡大に伴い苦境に陥り、事業モデルの転換を迫られている現状を紹介した。大型火力発電所や原子力発電などベース電源は、1990年代末から始まった自由化により創設された電力卸売市場で大きな利幅を稼ぎ出し、また、参入障壁も高いため、4社に収斂したドイツの電力会社の事業モデルのコアを成していた。

 しかし、固定価格買取制度で急拡大した再エネにより需給が緩み卸売市場価格が低下、特に昼間の需給逼迫時に発電する太陽光発電の拡大が想定以上の打撃を4大電力のベース電源に与えた。今回は、電気事業法改正により電力システム改革が推し進められ、エネルギー基本計画により、原発の再稼働と再エネの拡大が方向づけられた日本において、どのようなシナリオが想定されるか考えたい。

 

(1)電力会社間で競争が起きない「形式的自由化シナリオ」

 日本でも、2000年から一部大規模な需要家は既に電力会社を選ぶことができるようになり、その範囲も拡大してきた。しかし、既存の電力会社間で起きた顧客の奪い合いは1件にとどまり、新電力のプレゼンスは原発事故後上がっているとはいえ、シェアはせいぜい数%だ。制度の問題や電力会社間の協調的な行動もあるが、本質的にはどの電力会社もコスト競争力に大した違いはなかったことからである。また、新電力もその発電所はLNG火力などミドル電源と呼ばれるものがほとんどで、原発や石炭火力などベース電源を有するのは電力会社だけであり、新電力が競争力を発揮し得るのはオフィスビルなど1日の需要が大きく変動する顧客に対してだけだ。日本でも16年には一般家庭まで小売自由化範囲は拡大するが、それだけでは競争は起きないだろう。

 

(2)不均衡な原発再稼働による「電力会社間競争シナリオ」

 しかし、原発再稼働が電力会社間で不均一に起きれば、競争環境の要因の1つは整う。また、電力システム改革により送配電中立化が推し進められつつあり、多くの原発が再稼働した電力会社や元からその依存度が低い電力会社などコスト競争力と供給力を回復した電力会社が現れれば、電力が高く取引される地域に、安価に供給できる電力会社から電気が流れるのは当然の帰結である。先般閣議決定されたエネルギー基本政策においては安全が確認された原発は順次再稼働をしていくとされ、一部既に再稼働の見通しがたった原発もある。しかし、活断層問題などはさておき、事故後に原子力規制委員会が設定した新安全基準は40年原則廃炉を打ち出しており、また地元の同意が得られそうにない原発も加えると、その再稼働は一部に限られ、電力会社により大きくばらつくことが予想される。現在の流れでは、このシナリオの蓋然性が最も高いと考える。

 しかし、競争の主役はやはり電力会社であろう。と言うのは、ドイツの自由化に見られるよう、原発や石炭火力等ベース電源は日本でも参入障壁は当然高く、政府が新規参入業者の増大も目的の1つとして推し進めている電力取引市場の活性化も有効ではなく、原発再稼働が十分でなく引き続き供給力が十分回復しないこのシナリオでは、高止まりが想定される。現在、電力事業への参入を表明している企業は多いが、単に電力取引市場から調達した電気を小売りしようとする新規参入者は本格的なコスト競争力を持ち得ないだろう。

(3)再エネ拡大による「異業種も交えた競争シナリオ」

 異業種が本格的に電力事業に参入し得るのは、ベース電源が十分回復するか、逆にその価値が失われる場合である。現在電力会社が火力発電所を建設する際には、自社以外も含め発電所計画の公募・入札が義務付けられており、シェールガス革命で一気に安価になった米国の天然ガスが日本のLNG取引価格を押し下げれば、比較的参入障壁の低いLNG火力がベース電源となる可能性がある。後者は、ドイツで起きたような再エネの普及が大きく進んだケースである。再エネは、投資額は小さく、建設期間も短いため、参入障壁は低い。また、固定価格買取制度により利益は保証されていると言っても過言ではない。さらには太陽光発電はまだまだ技術革新の余地も大きく、電力料金が高騰する中、家庭で発電したほうが電力会社から電気を買うより安価になる可能性もある。既存電力会社であろうが新規参入事業者であろうが巨大な発電設備を保有することが強みでなくなり、出力が天候に左右され扱いにくい太陽光発電を上手に使う方法を提供したり、発電・消費・売電の最適化を支援したりするソリューションの提供者が電力業界の覇者になり得る。

 また、ICTや消費者マーケティングの世界ではビッグデータ解析が取り沙汰されているが、エネルギー使用データはライフスタイルを如実に表す唯一のデータでもある。足元ではHEMSの進化が進んでいるが、これが新たなメディアともなり得る。あるドイツの電力会社の経営層が言っていた、近い将来競合は他の電力会社でなく、アマゾンやグーグルになるだろうとの言葉が思い出される。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る