政治・経済

 今、日本の農林水産物や食品の海外輸出が盛んになってきている。

 高齢化の進展や人口減少に伴う国内マーケットの縮小で、海外に活路を見いだそうとしていることも要因の1つだが、海外の需要が旺盛になったことがいちばんの理由だ。実際のところ、外国人観光客が日本に来る際に最も楽しみにしているのが、「食事」なのだそうだ。

 2013年12月には、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、今後ますます日本の料理、日本の食文化への関心は高まっていくはず。

 アジア諸国の経済成長を背景に、おいしさ、ヘルシーさなどを理由に拡大していく日本の農林水産物・食品の輸出に関して、日本農業の最高責任者と言える林芳正農林水産大臣に話を聞いた。

 

林芳正

林 芳正(はやし・よしまさ)
1961年生まれ。東京大学法学部卒業後、三井物産に入社。95年参議院選挙に初当選(現在4期目)。防衛大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を歴任し現職。

農林水産物、食品輸出の戦略は、「FBI」

 

-- 農林水産物、食品の輸出を国は積極的に後押ししていますが。

 第1次安倍政権の時に農林水産物や食品の輸出額を当時の輸出額の倍の1兆円にしようと目標を立てていたのですが、政権の交代やリーマンショック、東日本大震災、特に原発事故の影響などがありまして、なかなか輸出額の5千億円という数字が超えられない状態でした。

 昨年の1月に「攻めの農林水産業」のひとつの柱として輸出拡大という方針が決まったものですから、その中で倍増という目標を具体的なものに落とし込んでいきました。

 まずは、重点国・地域を絞って、品目別の数字を具体的につくっていくといった作業です。その足し上げたものが1兆円だということですね。ちなみに、輸出額は12年の4500億円から、昨年(13年)は過去最高の5500億円まで伸びました。今後も順調に伸びていくと期待しております。

-- アジアの経済成長で日本の食品が求められていると聞きますが、輸出先で重点的に考えている国や地域はどこですか。

 表(16ページ参照)を見ていただくと分かるのですが、それぞれの品目で重点国・地域が違っています。例えば、水産物はEU、ロシア。コメは台湾とそれぞれの品目に特性がありますので、その国や地域に合わせて輸出していこうと考えています。

 食の世界市場をトータルで見れば、09年に340兆円の市場規模であったものが、20年には680兆円と、倍になると見込まれます。その中でも、アジアの市場は3倍に膨らむといわれています。アジアは距離的にも日本から近いということと、市場も拡大するということですから、今後も重視していきたい地域です。

-- 現在「FBI戦略」という取り組みを行っているとか。

 輸出と言えば、通常日本産の農林水産物・食品を輸出する「メイド・イン・ジャパン」を連想されると思います。

 日本の場合はそれだけでなく、日本食がユネスコの無形文化遺産に登録されましたし、ジェトロ(日本貿易振興機構)の「好きな外国料理」の調査でも世界の多くの国々で中華、フレンチ、イタリアンを抑えて日本食がナンバーワンの人気だという結果が出ています。ですから、日本食の食文化を戦略的に海外に発信し、売り込んでいこうと思っています。これを「メイド・バイ・ジャパン」と呼んでいます。

 もう1つが、例えば、フランス料理に日本の柚子が使われているとか、中華料理になまこやフカヒレが使われるなど、日本の食材に対して世界の料理人が非常に注目しているんですね。これが「メイド・フロム・ジャパン」と呼ばれるものです。

 このフロム(From)ジャパン、バイ(By)ジャパン、イン(In)ジャパンの3つの頭文字をとって「FBI戦略」と名付けて活動しているわけです。

 日本食が普及することによって日本の農林水産物・食品が海外へ出ていくようになり、日本の食材がいろんな国に広まっていく。料理はそれぞれ違いますが、これをトータルで取り組もうとしています。

-- では、日本に外国人観光客を呼ぶインバウンド観光政策ともつながりますね。

 輸出には直接影響はしませんが、外国人観光客の方が、自分の国に戻られてからあの料理をもう一度食べたいと思うこともあるでしょうし、何よりインバウンドが増えることで国内の市場が活性化されるでしょうね。このFBI戦略は観光と連携しながら進めていきたいと思っております。

-- 輸出をする上で、商習慣の違いや信頼できる相手国のパートナーの有無が成否を分けるという声がありますが。

 そうですね。ですからわれわれは「窓を開ける」と言っておるのですが、農林水産物特有の検疫や中東向けではハラール処理、欧州ですと、ハサップ(HACCP/危害分析重要管理点手法)など行政がまず先鞭をつけなければならない分野がありますから、まずそこから手を付けています。

 それからビジネスの後押しということで、見本市を行うとか、ビジネスパートナーのマッチングなど、いわゆる商流の後押しを行っています。

 私も、昨年インドネシアやベトナムのスーパーマーケットを訪ねた時に、あちらの方から言われたのは「継続的にまとまったロットで供給してもらいたい」ということでした。カゴ1杯だけ持っていって「日本のですよ」といって、売れたとしても商売にはなりません。ですから、品目ごとの司令塔をつくりまして堅実な供給体制づくりにも取り組んでいます。

 窓が開いたところで、しっかりと供給を保証することが、持続的なビジネスには大事なことですからね。

2020年までに輸出額を1兆円規模へ

輸出国の経済発展が、日本食の人気につながる

 

-- 世界を回って日本の食品や和食に対する海外の方の反応はいかがでしょうか。

 国が豊かになってくると、単に生存のためにカロリーを摂るという食生活から、経済の発展に合わせて食事を楽しむような風潮に変わっていると感じています。

 和食の特徴も素材を大事にすることはもちろん、油脂や塩で味付けるのではなく、ダシや旨味というもので素材を引き立たせていますから非常に健康的ですよね。海外の方も日本の長寿社会を知っているので、和食がおいしくて、健康的であるというイメージが確立しています。経済が発展した国が増えてきて、食の市場が大きくなっていくことは、日本食にとっては大きな潜在力になっていると感じています。

 海外の町を歩いてみても、ラーメンの人気が高いことは、日本でもよく知られていますし、「ベントー(弁当)」という言葉もフランスで定着しているようですね。面白いなと思ったのは、日本のアニメの影響でカレーライスの認知度も高いこと。天ぷら、お寿司、焼き鳥といった御三家に勝るとも劣らない日本食も増えてきましたから、その流れを背景にFBI戦略を進めていければと考えています。

-- 大臣自身は、どのようなPR活動をされていますか。

 総理が外遊される時や、私が海外へ出掛けた時などはレセプションを行います。先日、ドイツで行われた時にも、私もお酒を注いだり、しゃぶしゃぶのたれを配ったりと、PRの機会だと思い積極的に動いていました。和食の無形文化遺産登録が13年に、15年にはミラノで国際博覧会が行われます。そして、20年に東京オリンピック・パラリンピックということで、ホップ、ステップ、ジャンプと位置付けて発信を強化していきたいと思っています。

-- 地元、下関のフグはいかがですか。

 それは、もちろん地元のフグも重要な輸出の可能性があるものだと思っていますよ。既にニューヨークでは食べられるんですよ。きちっと有毒のところを処理することが大前提ですから、先ほど申しましたハラール処理やハサップに加えて考えなければなりませんね。世界の日本食の中には「なんちゃって日本食」というような、本物とは違ったものも多いのですが、多くの方に、日本の食に関心を持っていただくことが大事なんです。

 でも、最後はやっぱり本物のおいしい日本食を味わいに、その地元へインバウンドで来てもらうことが目標ですね。フグなら下関に来ていただくようにする、お寿司なら築地で食べていただく。われわれがパリに行ってフランス料理を食べるように、シャンパーニュ地方でシャンパンを飲むようにですね。そういった裾野の広い山を形成していきたいと思っています。

(聞き手=本誌・古賀寛明 写真=佐々木 伸)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る