マネジメント

 クオンタムリープファウンダー&CEOの出井伸之氏と、2014年1月に同社の執行役社長に抜擢された杉山大輔氏による対談の後編をお届けする。

 前回は、2人の出会いのキッカケに始まり、杉山氏の同社におけるミッション、強い組織づくりに必要なことなどに話が及んだ。今回は日本企業や社会を変えていくために、何が求められているかを中心に話を進めてもらった。

杉山大輔

杉山大輔(すぎやま・だいすけ)
1979年東京都生まれ、NY育ち。2002年慶応義塾大学総合政策学部卒業。04年慶応義塾大学大学院経営管理研究科修了。19歳の時に教育コンサルティング会社を設立。07年インターリテラシーを設立し、各界リーダーのインタビューによる情報サイト「私の哲学」を開設。14年クオンタムリープ執行役社長就任。

出井伸之氏は語る 「守破離」ができなくなった日本企業

-- 日本企業は、もっと個人の強さを重視すべきとの話でしたが、そのほかに必要なことは。

出井 日本企業は基本的に会社を維持発展させる人間と、他のことを行う人間で、チームを明確に分けているところが少ない。組織の維持発展を担う人材と、新たなことに取り組む人材が同じチームに所属している。でも、それはお互いに自己否定しないといけなくなるから無理なんです。そこが、日本企業の弱さではないかな。いつも改善、改良の話ばかり出てきて、全く新しいことの話が出てこない。杉山さんが好きな「守破離(しゅはり)」という言葉があるじゃない。

杉山 伝統を「守」って「破」って「離」れる。

出井 その守破離が日本ではできない。みんな「守」だけになってしまう。

出井伸之

出井伸之(いでい・のぶゆき)
1937年東京都生まれ。60年早稲田大学卒業後、ソニー入社。主に欧州での海外事業に従事。オーディオ事業部長、コンピュータ事業部長、ホームビデオ事業部長など歴任した後、95年社長就任。以後、10年にわたりソニー経営のトップとして、ソニー変革を主導。退任後、クオンタムリープ設立。NPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ理事長。

杉山 私は以前書いた「ジャパンブランドの可能性」という論文で、日本企業の価値は連結の価値と結論付けました。つまり、師匠から学んだものを、弟子へと伝えていくことで価値を生み出してきた。今はなぜそれができないかと言えば、上の立場の人間が恐れてしまって、下の人間に「破」をさせないから。上を敬うことはすごく大事だとは思いますが、下と対等になれない。

出井 会話の方向にしても、上から下へモノを言う段階まではいいんだけれど、そこから議論に発展させるには、上も下も同じ目線で話をしないといけない。ところが日本人は上下関係が強く、従来の構造を維持する意識が強過ぎるから、改善、改良にとどまってしまう。

杉山 過去のトレースはうまいけれど、新しい価値の創造ができていないということですね。

出井 過去のトレースも新たな価値の創造も両方大事なんだけれど、創造の部分が小さ過ぎると思う。

杉山 新しいことをやるにはエネルギーが必要です。前例がないからしんどいけれど、今はさまざまなことに前例がない時代です。だから、自分が直感的に「いいな」と思うことを突破口にしないといけない。

出井 最近では、MBAでスピーチする時には「Good bye, case study」という話をします。課題となる事例が古過ぎるから、ケーススタディーをやっても参考にならない。

杉山 あと、日本人は課題設定が苦手ですね。何が問題なのかを、自分で決められない。要するに責任を取らないんですよ。

出井 テレビでニュースを見ていると、日本では何か事件が起きると、どうして政府は規制しなかったのかという話が多い。例えば、アメリカではコロラドリバーをラバに乗って降りるツアーがあるんだけど、日本だったら危険を理由にそういうことはしないと思う。

杉山 「It’s up to you」がないんですよね。どうなっても、アナタ次第だっていう考え方が乏しい。

出井 日本は本当の意味で自己責任の国とは言えなくて、何かあると政府が悪いからって必ず言う。テレビなんてそればっかり言っている。

杉山 自分を知り、自分ができることを最大限にやるという精神が足りないのではないかと思います。私は最初の会社を立ち上げて15年たちますが、自分でこういう経営者になりたいというビジョンをずっと持っていて、そこに到達していなければ、出井さんと同じ立場で今話せなかったなという思いはあります。

杉山大輔杉山大輔氏は語る オリンピックに頼るようではいけない

-- 日本企業の問題点を指摘していただきましたが、日本社会の問題点はどのあたりにあると思いますか。

出井 最も大きな問題は、やはり新しい企業が出てきていないということだと思います。1990年代以降に設立された会社が、大企業に育ったケースがほとんどない。これから世界で勝っていこうと思ったら、今存在する企業から何かが生まれるか、全く新しい企業が出てくるしかありません。

杉山 私は2020年の東京オリンピックまではいいと思うのですが、それ以降は人口が大きく減っていくので、日本はかなり危ないと正直思っています。オリンピックが終わったら燃え尽き症候群になる可能性が高い。30年に向けてどうするのかを考えないといけません。クオンタムリープもそうですが、若い企業と大企業を融合させるチェンジメーカーを育てることが必要です。

出井 そもそも日本のような国が、オリンピックのような一瞬で過ぎていくイベントに期待するようでは駄目。新興国がオリンピックをやりたいというのと、成熟国がオリンピックをやるののでは、意味合いが全然違う。東京ではなく、例えば東北や九州などの新しい価値をどうつくるかを考えるほうがよほど重要。「古きを訪ねて」ではなく、「未来を訪ねて新しきを知る」。老人が昔は良かったって言っているのを聞いても仕方ない。

杉山 出井さんは過去の話をしないですよね。未来を予想するほうが得意分野だと思います。

出井伸之出井 早稲田大学が創立150年を迎える32年を見据えた「Vision150」を策定したのに合わせて、「早稲田を変える」というテーマでスチューデントコンペティションをやったことがあるけれど、その時私は、次回のテーマは「私を変える」にしたほうがいいと提案した。学校を変える話ばかりしても、自分が変わらなければどうしようもないから。

杉山 自分が変わらないと日本も変わらないですからね。早稲田だからというわけではないですが、福沢諭吉の「独立自尊」の精神が今求められているのかなと。ところで、出井さんは早稲田出身で私は慶応出身だから、一緒に何かができるという点では面白い。早慶も日本のアイビーリーグみたいな形で、ビジネスアクションコンテストのようなことをやったほうがいいと思うんですよね。

出井 ちなみに、早稲田の理工学部は女子が37%もいて、将来的には50%にしようというプランがあるらしい。慶応はどれぐらいの比率なんだろう。

杉山 少ないと思います。ビジネススクールにしても、日本は女性の比率が極端に低いですからね。でも、女性のほうが男性より優秀なのは間違いないです。というところで、今回の議論の締めにしましょう(笑)。

(司会=本誌編集長・吉田浩 写真=西畑孝則)

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る