文化・ライフ

医療における基準値というあいまいな指標

 血液検査で使われる「基準値」は非常にあいまいな値だ。

 例えば、全国市町村などで行われている特定健診の血液検査の基準値は、「20歳代から60歳代までの健康そうな人」の血液検査の結果から作られている。「健康そう」といったあたりが実にあいまいなのだが、突き詰めていけば、「健康」の定義自体があいまいである。そのあいまいな定義に該当する人を数万人集め基準値を作ることがいかに困難かは、容易にご想像いただけるだろう。

 また奇妙なことに、医療機関によって基準値が微妙に違ったりする。つまり、ある医療機関の血液検査では正常とされても、ほかでは異常となる場合があるということだ。

 実のところ、検査結果が基準値から1〜2程度高くても、実際には病気を意味しないことがある。また、血液検査には「本人だけの正常値」があり、問題とすべきは、そこから逸脱した場合である。したがって、同じ医療機関で長年にわたり血液検査を受け、数年前と比して「上がった、下がった」を見ることに検査の本来的な意味があるのだが、いくらそう説明しても、基準値に比べてどうなのかを気にするのが人の常なようだ。

 血液検査の基準値には、もう1つ、問題がある。70歳以上の高齢者の基準値が存在しないことだ。以前、それを作るべく、厚生労働省(旧厚生省)がデータを集めたが、高齢になればなるほどデータのバラツキが大きくなり基準値が作れなかったらしい。にもかかわらず、特定健診では高齢者の血液検査を行い、60歳代までの基準値で高齢者の検査結果を判定している。判定基準が何もないと検査自体の意味がなくなってしまうので基準値の信頼度が低くとも使わざるを得ないのだろうが、それで異常・正常の判定は下せないのではないだろうか。

基準値の変更におびえる製薬会社

 最近になって、人間ドック学会が衝撃的とも言える基準値を提示した。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は従来、「160」までが上限とされていたが、45〜64歳までの男性は178、女性は183まで上げてもいいと発表したのだ。ほかにも収縮期血圧147㎜Hgまでだったものが、拡張期血圧94㎜Hgまでいいとしている。

 これは、人間ドック学会が、数多くの人間ドックの検査データから作り上げたものだ。もしこれが基準値として使用されるようになれば、これまで脂質異常症とされてきた人が正常となり、コレステロールを下げる薬を飲む必要がなくなる。となれば、製薬会社にとっては打撃だろう。例えば、基準値が10ほど甘くなれば、今まで異常とされてきた人が正常ということになり、何百万人の患者(市場)が一挙に消失してしまうからだ。

 しかも、最近では血圧の基準も変わってきた。従来は若・中高年の降圧目標は130/85㎜Hg未満だったが、その基準が緩くなり、140/90㎜Hgまでとなった。コレステロールの場合と同じく、この基準変更で薬が必要な患者の数は相当数減ることになる。

医療に欠落する視点と「基準値」の問題点

 数万人、数百万人のデータから作られる基準値は医学的には意義の大きなデータだ。とはいえ、人が基準値から最も知りたいのは、例えば、「血糖値120の人が実際にはどこまで健康で長生きできるか」といった点だろう。ところが、現状の基準値は、単に「病気の発症率」を測るための指標でしかない。

 また、医療経済学的な視点で言えば、検査を行うことで、どれだけ医療費を抑えられるかも大切だ。例えば、前立腺がんの早期発見のためにPSAという血液検査が行われるが、アメリカがん協会では、余命が10年以下で症状のない男性は、この検査を行うべきではないとしている。というのも、前立腺がんは高齢になると進行が遅くなるため、たとえ前立腺がんがあっても、寿命に影響しないという調査結果があるためだ。

 日本ではまだ、そこまでの視点で血液検査を見ていないが、医療費削減という効果を検査に求めるならば、血液検査や他のさまざまな検査の基準値が病気の発症率ではなく、どこまで長生きできるかの指標であるべきだろう。そうした指標を作るには、長期にわたって収集された膨大な量のデータを分析しなければならないが、少なくとも日本では全国自治体で特定健診が行われており、そのデータを国レベルで活用するという手がある。

 その活用次第で、医療費削減も決して夢ではないと思われるが、今のところ、そのような取り組みは行われていない。結果、日本の医療は特定健診データという〝ビッグデータ〟を活用できずにいる。「血液検査イコール健康管理」という発想のままでは、日本の医療費が削減されることはまずあり得ない。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る