文化・ライフ

筆者プロフィール

(よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジオ出演、テレビ番組企画・監修も行っている。NPO日本サプリメント評議会代表理事、NPO日本プレインヘルス協会理事。

 

医療における基準値というあいまいな指標

 血液検査で使われる「基準値」は非常にあいまいな値だ。

 例えば、全国市町村などで行われている特定健診の血液検査の基準値は、「20歳代から60歳代までの健康そうな人」の血液検査の結果から作られている。「健康そう」といったあたりが実にあいまいなのだが、突き詰めていけば、「健康」の定義自体があいまいである。そのあいまいな定義に該当する人を数万人集め基準値を作ることがいかに困難かは、容易にご想像いただけるだろう。

 また奇妙なことに、医療機関によって基準値が微妙に違ったりする。つまり、ある医療機関の血液検査では正常とされても、ほかでは異常となる場合があるということだ。

 実のところ、検査結果が基準値から1〜2程度高くても、実際には病気を意味しないことがある。また、血液検査には「本人だけの正常値」があり、問題とすべきは、そこから逸脱した場合である。したがって、同じ医療機関で長年にわたり血液検査を受け、数年前と比して「上がった、下がった」を見ることに検査の本来的な意味があるのだが、いくらそう説明しても、基準値に比べてどうなのかを気にするのが人の常なようだ。

 血液検査の基準値には、もう1つ、問題がある。70歳以上の高齢者の基準値が存在しないことだ。以前、それを作るべく、厚生労働省(旧厚生省)がデータを集めたが、高齢になればなるほどデータのバラツキが大きくなり基準値が作れなかったらしい。にもかかわらず、特定健診では高齢者の血液検査を行い、60歳代までの基準値で高齢者の検査結果を判定している。判定基準が何もないと検査自体の意味がなくなってしまうので基準値の信頼度が低くとも使わざるを得ないのだろうが、それで異常・正常の判定は下せないのではないだろうか。

基準値の変更におびえる製薬会社

 最近になって、人間ドック学会が衝撃的とも言える基準値を提示した。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は従来、「160」までが上限とされていたが、45〜64歳までの男性は178、女性は183まで上げてもいいと発表したのだ。ほかにも収縮期血圧147㎜Hgまでだったものが、拡張期血圧94㎜Hgまでいいとしている。

 これは、人間ドック学会が、数多くの人間ドックの検査データから作り上げたものだ。もしこれが基準値として使用されるようになれば、これまで脂質異常症とされてきた人が正常となり、コレステロールを下げる薬を飲む必要がなくなる。となれば、製薬会社にとっては打撃だろう。例えば、基準値が10ほど甘くなれば、今まで異常とされてきた人が正常ということになり、何百万人の患者(市場)が一挙に消失してしまうからだ。

 しかも、最近では血圧の基準も変わってきた。従来は若・中高年の降圧目標は130/85㎜Hg未満だったが、その基準が緩くなり、140/90㎜Hgまでとなった。コレステロールの場合と同じく、この基準変更で薬が必要な患者の数は相当数減ることになる。

医療に欠落する視点と「基準値」の問題点

 数万人、数百万人のデータから作られる基準値は医学的には意義の大きなデータだ。とはいえ、人が基準値から最も知りたいのは、例えば、「血糖値120の人が実際にはどこまで健康で長生きできるか」といった点だろう。ところが、現状の基準値は、単に「病気の発症率」を測るための指標でしかない。

 また、医療経済学的な視点で言えば、検査を行うことで、どれだけ医療費を抑えられるかも大切だ。例えば、前立腺がんの早期発見のためにPSAという血液検査が行われるが、アメリカがん協会では、余命が10年以下で症状のない男性は、この検査を行うべきではないとしている。というのも、前立腺がんは高齢になると進行が遅くなるため、たとえ前立腺がんがあっても、寿命に影響しないという調査結果があるためだ。

 日本ではまだ、そこまでの視点で血液検査を見ていないが、医療費削減という効果を検査に求めるならば、血液検査や他のさまざまな検査の基準値が病気の発症率ではなく、どこまで長生きできるかの指標であるべきだろう。そうした指標を作るには、長期にわたって収集された膨大な量のデータを分析しなければならないが、少なくとも日本では全国自治体で特定健診が行われており、そのデータを国レベルで活用するという手がある。

 その活用次第で、医療費削減も決して夢ではないと思われるが、今のところ、そのような取り組みは行われていない。結果、日本の医療は特定健診データという〝ビッグデータ〟を活用できずにいる。「血液検査イコール健康管理」という発想のままでは、日本の医療費が削減されることはまずあり得ない。

 

筆者の記事一覧はこちら

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る