政治・経済

「あかんなぁ」。日本の農水産物の輸出を今後どう伸ばせばよいのか。その秘策を村田氏に尋ねると、まず帰ってきた答えが冒頭の言葉。日本食を世界に広めることをライフワークとし、和食の無形文化遺産登録の立役者であるがゆえに、愛情深い視点から見えてくる日本の食の現状は、課題も多いようだ。

村田吉弘氏は語る 売りたいのなら、相手の土俵に上がれ

 日本に住んどると、ほとんどの人が髪も黒いし、目の色も同じでしょ。赤といえばみな同じ赤を思い浮かべるし、音にしてもみんな同じ音が聞こえていると思うてる。もちろん、おいしい味も、みな同じく感じているはず。僕は若いころにフランスに行ってたけど、彼らは違う。僕らが思うてる赤と彼らが思うてる赤も、ほんまは違うやろうな。

 例えば、ヨーロッパの人は鼻も鼻孔も大きい。寒い地域だから氷点下の空気を一度そこに入れて温めてから肺に入れる。つまり、臭覚が発達している。逆に味覚は日本人のほうが発達していると思う。

 そやから、日本の農水産物をプレゼンする時も、日本人にプレゼンするのと同じようにしてはダメだということです。

 日本酒も、「評価されてる」という割には売れてない。試飲会を行ってもお酒を並べて、どうぞ試飲してくれと言うだけ。説明も、「香りは豊潤で、飲み口スッキリ」。そんな言葉じゃ、現地の言葉に訳しても彼らには伝わらへん。

20140610_tokushu7_320

村田吉弘(むらた・よしひろ)
1951年京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の長男として生まれる。立命館大学在学中、フランス料理修行のため渡仏。大学卒業後、料亭「加茂免」で修行を積む。93年菊乃井代表取締役就任。2013年の和食の無形文化遺産登録に尽力、「食育」なども積極的に行っている。

 彼らは、素養としてワインの知識があるんです。腐葉土の香りはこの香り、ナッツの香りと言えばこの香りと、教育として受けているわけですよ。教育のベースにそれがあるから、まず、香ってくださいというと「白い花の香りですね」とか「いや、オレンジかな」という話になる。その後、「口に含んでください」となるわけですよ。こんな風に、ちゃんと彼らに分かるように、彼らの言語で説明できる人がいてないわけです。

 日本では、〝日本酒対ワイン〟の構図になっているけど、そんなことを思うてんのも日本人だけ。向こうにしてみれば、「極東で米を2次発酵させた白ワインをつくってるよ」くらいなもんですよ。山廃やら大吟醸なんて、日本人だってよう分からんもんをいかに説明するのか。

 そやから、今度、安倍首相が名誉会長の日本食文化普及推進議員連盟ができたんです。そこに、国際ソムリエ協会会長の田崎真也さんと日本ソムリエ協会会長の岡昌治さんを呼んで、向こうのワインを売っていく戦略について話してもらう。

 それが、日本酒を売っていく戦略の参考になると思うてます。シャルドネと同じ温度で、同じグラスで飲んでもらう。徳利やお猪口を買わなくてもすむ。だったら、ソムリエは経営者に対して、「試してみますか」と言いやすいでしょ。戦略が決まってないのは、闇夜で真剣振り回したりするようなもんです。危のうてしゃあない。

村田吉弘氏の思い 50年後の日本人を飢えさせないために

 第1次産業のものを世界に売っていくとすれば、フランスに学ぶべきだと思いますよ。フランスにはソペクサ(フランス食品振興会)があり、ワイン振興会があり、シャンパン振興会もあって共同で事業を行う。日本はまだバラバラやからね。

 世界中、アフリカ以外周りましたが、日本の農水産品よりおいしいもんを食べたことがない。売れるもんをつくっているんだけど、売り方がへたなだけ。島国で、農家の人もどうやって売っていいか分からんから農協に納めるしかない。

 輸出が何で大事かと言うと、50年後の日本人を飢えさせへんためにも、考えないかんということ。例えば、食育の基本は給食であり、給食は教育の一環だということで、京都は和食給食を提唱している。既に5回中4回までご飯になってる。戦後、西洋の食べ物には滋養があるっていって、確かに体は大きくなったけど体力や持久力は低下してる、おかしいでしょ。将来を背負う子どもをもっと大事にせな。

 50年後、日本の人口は8千万人になって、3人に1人が60歳以上。国際競争力も経済成長も期待できない中で食糧をどうするんやと、その時に海外で生産される食糧は、ほぼ中国に買われてるよ。今の第1次生産物の自給率がエネルギーベースで39%、そのままの生産量を維持すると人が減るから60%になる。その数字は、飢えて死ぬ人が出えへん数字ですよ。だから日本の生産物を増やして海外へ売っていかんと、50年後の子どもは飢えてしまうよ。日本の農水産物のことは、日本人すべてが考えなきゃならん大事な問題なんですよ。

写真=森モーリー鷹博

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る