政治・経済

ソニーが苦境に喘いでいる。平井一夫社長が2012年の就任時に掲げた再生への公約は未達に終わり、他社が黒字転換を果たす中、損失を計上し「独り負け」の状態にある。平井社長は14年度を構造改革の年と位置付け、今一度再生を目指す。

平井一夫

平井一夫・ソニー社長

ソニーらしい製品があっても事業全体では赤字

 ソニーは5月の2013年度の決算説明会の直前に3度目となる業績見通しの下方修正を行った。2月に事業売却を発表したPCの販売が想定を下回ったことが大きく、2月時点の見通しから売上高は700億円増加したものの、営業利益は540億円減少し、純損失は200億円赤字幅が拡大する結果となった。

 下方修正を3度も行うこと自体、尋常ではないが、修正した結果の純損失1300億円は、他の業界と比べても突出しており、「ソニー独り負け」と言える事態を露わにした。

 その後の決算発表では、平井一夫社長が12年の就任時に掲げた公約である「13年度のテレビ事業黒字化」は達成できず、「14年度の売上高8兆5千億円、営業利益率5%以上」は事実上撤回する形となった。さらにこの公約未達の発表の場に平井社長がいなかったことも、ソニーの状況の苦しさを物語る結果となった。

 しかも、14年度の業績見通しとして500億円の損失を発表。「エレクトロニクスの再生」を掲げて華々しく就任した平井社長だが、再生どころか赤字を払拭できない状況にある。

 決算発表の1週間後、ソニーは平井社長が登壇する経営説明会を開催した。目標未達に対する謝罪と共に平井社長が語ったのは構造改革への意気込みと自社技術・製品のアピールだった。

 ソニーは日本の他の電機メーカーと比べて、エンタテインメント事業や金融事業への業容転換を早くから進めてきた。

 平井社長は次のように語る。

 「本業のエレキとよく言われるが、エンタテインメントや金融もソニーにとっては本業だ」

 エンタテインメント事業も金融事業も二十数年の歴史があり、両事業がソニーの全体の収益を支えていることを考えると、確かにソニーの本業と言える。しかもエンタテインメントも金融も非常に好調だ。その好調な事業をもってしても支えきれないのが今のソニーのエレクトロニクス事業ということになる。

 ソニーのエレクトロニクス事業がすべて駄目かと言うと、決してそんなことはない。かつての「ウォークマン」や「Play Station」のように市場を新たに創造する製品はないものの、平井社長の就任以降、市場で高い競争力を有する及第点レベルの製品の市場投入は進んでいる。平井社長が掲げる「One Sony」の象徴的製品であるスマートフォン「Xperia Z」シリーズ、新型ゲーム機「PlayStation4」、4K液晶テレビ「BRAVIA」などは、ソニーらしい製品であり、高いシェアを獲得している。

 しかし「競争力のある商品で稼いだ収益を赤字事業が打ち消している」(平井社長)。それだけ赤字分野の事業構造の問題が深刻ということだ。

ソニーの構造改革と成長戦略

 構造改革がソニーの当面の最重要課題となる。ソニーでも平井社長の就任以降、構造改革を進めてきたが、「構造改革のスピードが市場の変化よりも遅かった」ため、現在のような状況を招いたと平井社長は認識している。

 他の電機メーカーとの比較で言えば、ソニーと同じ弱電メーカーであるパナソニックとシャープが大幅な純損失を計上した12年度、ソニーは黒字転換を果たした。しかし、この時の黒字はエンタテインメント事業や金融分野の増収によるところが大きかった。結果的にはこの段階での黒字化により、エレクトロニクスの構造改革が遅れたという見方もできる。

 そのため、平井社長は「14年度は構造改革をやりきる年」と位置付けている。年度初めの経営説明会と言えば、通常は中期経営計画の概要を明らかにするものだが、今回は中長期的な展望はほとんど示されなかった。今年度に進める構造改革を完遂した上で、その成果を基に中期計画を策定するとした。ソニーにとって今年度の構造改革は必ず果たすべき目標となった。

 構造改革費用として、13年度と14年度で3千億円を計上。具体的には2月に発表したPC事業の収束と、テレビ事業の分社化を進める。PC事業は日本産業パートナーズ傘下の新会社「VAIO」に譲渡。テレビ事業については7月1日をめどに新会社「ソニービジュアルプロダクツ」を発足させ、収益性の高い事業体制を構築する。

 エレクトロニクス事業全体では、本社間接部門で約30%の費用削減、販売会社で約20%の費用削減を行う。これにより、15年度以降に年間1千億円以上のコスト削減効果を見込み、15年度に4千億円規模の営業利益を目指せるという。また、分社化するテレビ事業では、経営スピードの向上や商品力の強化、コスト構造改善により、14年度の黒字化を目指すという。

 平井社長は、目標が未達だった場合の経営責任について問われると、「構造改革をやりきって、来年度以降、成長戦略にもっていけるようにすることが期待に応える方法だ」と語った。

 構造改革への意気込みは伝わってくるが、1千億円以上のコスト削減効果の見通しは今一つはっきりしない。PC事業とテレビ事業を中心とした改革だけで事態が好転するかも疑問だ。ソニー低迷の根はさらに深いのではないだろうか。

(文=本誌/村田晋一郎)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る