文化・ライフ

村井満チェアマン

村井満チェアマンの手腕に期待がかかる(写真:時事)

Jリーグ国際化に向け大きな歩み―マンCの親会社がマリノスに出資

 米国の経済誌『フォーブス』によれば、今季のイングランド・プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティの資産価値は8億6300万ドル(約878億円)。これは世界のサッカークラブで7番目にあたる。

 ちなみに1位は5月24日(現地時間)のUEFAチャンピオンズリーグ決勝を制し、10度目の優勝を果たしたレアル・マドリード(スペイン)の34億4千万ドル(約3498億円)である。以下、バルセロナ(スペイン)の32億ドル(約3254億円)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の28億1千万ドル(約2858億円)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)の18億5千万ドル(約1881億円)、アーセナル(イングランド)の13億3千万ドル(約1352億円)、チェルシー(イングランド)8億6800万ドル(約883億円)と続く。

 マンチェスター・シティを傘下に持つシティ・フットボール・グループ(CFG)がJリーグ・ディビジョン1の横浜F・マリノスに出資することが明らかになった。出資比率は19・95%。外国の企業がこれだけの株式を取得するのは、Jリーグが創設されて以来、初めてのことである。

 これを受け、F・マリノスの親会社・日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼最高責任者(CEO)はこう語った。

 「CFGのグローバルなサッカーインフラが横浜F・マリノスに機会をもたらし、ファンをワクワクさせると考えています。今回のパートナーシップは、横浜F・マリノス、そのホームタウン、さらに日本のサッカーの成長に貢献するものとなるでしょう」

 一方、CFGのフェラン・ソリアーノCEOは以下のコメントを発表した。

 「私たちは、サッカー、マーケティング、メディアおよびビジネスの発展について、シティファミリーのすべてのクラブにおいて、共同で総合的なアプローチを提供することに誇りを思っています。今回の協力関係が始まることを非常に楽しみにしています」

 今年1月にJリーグチェアマンに就任した村井満は、この事案を発表の数日前に知った。株式の移動はリーグの承認事項だからである。

 「非常に大きなメリットがあると思いますね」と前置きして、村井は語る。

 「CFGは全世界にスカウト網を持っているので、世界中からタレントを発掘することができる。それから育成システムやメディカルの部分。例えば選手のスポーツトレーニングもサイエンスに近い領域で非常に高いノウハウを持っています。マーケティングもそうです。いわゆるクラブマネジメントの領域でいうと、Jリーグがまだまだ獲得できていないノウハウを、この交流で交換できると思います」

 早いものでJリーグチェアマンも村井で5代目である。初代チェアマン川淵三郎がワンマンだったせいか、他のチェアマンのイメージは概して薄い。

国際派のJリーグチェアマンが描くアジア戦略

 村井は日本リーグやJリーグの選手でもなければ、クラブの元経営者でもない。前職は人材総合サービス事業会社の「リクルート」の社員。退職するまで同グループの香港法人で社長を務めたこともあり、大抜擢の理由は「人材育成とアジア展開」とみられる。

 民間企業時代の経験を生かして、とりわけ力を入れるとみられるのがアジア戦略だ。

 村井は語る。

 「プレミアリーグは、年間収益約2200億円。Jリーグは、約120億円で20倍近い規模です。その売り上げの多くを支えているのがアジアからの放映権料なんです」

 そして続ける。

 「アジアからヨーロッパに流れたお金でビッグネームを獲得できる。それが今のヨーロッパサッカーの実態、構造ですね。アジアは人口が多く、GDPの成長率が非常に高い。何よりもサッカーを好きな人の数がものすごく多い。すべてではありませんが、大半の国の一番人気がサッカーなんです。こういったところの資金を、どうやってアジアの中で還流させるか、というのが非常に重要なこと。

 今、いくつか手を打ち始めていますが、もっとJリーグに関心を持ってもらう。アジアの国やクラブの土台を上げて育成し、クラブ経営のノウハウをこちらがどんどん出していく。そういうコラボレーションを強化していきたいと思っています」

 リクルート出身と言えば、東北楽天の島田亨球団取締役など、スポーツ界でも成功例が多い。このところ、やや内向きだったJリーグにあっては、待望久しかった国際派のリーダーと言えよう。

 どんな改革案を打ち出すか。まずはお手並み拝見である。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年11月号
[特集] AIが知りたい!
  • ・IT未開の地に挑戦 産業構造をAIが変える!
  • ・AIは物理世界がまだ苦手 汎用ロボットの作り方
  • ・データ分析の起点は「何があれば経営に役立つか」
  • ・AI活用事例
  • ・ワトソン君は業務システムと連携する
  • ・米国で加熱する人工知能ブーム AIは21世紀最大のゲームチェンジャーか
[Special Interview]

 小川啓之(コマツ社長)

 「“経験知”に勝るものはない」コマツ新社長が語る未来

[NEWS REPORT]

◆SBIが島根銀行への出資の先に見据える「第4メガバンク構想」

◆家電同士がデータを共有 クックパッドが描くキッチンの未来

◆新薬の薬価がたった60万円! 日の丸創薬ベンチャーは意気消沈

◆1で久々の優勝を果たすもホンダの4輪部門は五里霧中

[総力特集]

 人材育成企業21

 SBIホールディングス/サイボウズ/メルカリ/ティーケーピー/シニアライフクリエイト/イセ食品/センチュリオン/タカミヤ/中央建設/アドバンテック/合格の天使/明泉学園/オカフーズ

ページ上部へ戻る