広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

「めざせ、ワールドカップ初出場!!」--諸橋晋六×川淵三郎

川淵三郎氏と諸橋晋六氏

 6月12日未明に開幕する2014FIFAワールドカップブラジル大会。今では出場も当たり前になったが、1998年のフランス大会に初出場を決めるまでは日本サッカー界の悲願であった。川淵氏と、2002年日韓大会招致の立役者である諸橋晋六・三菱商事会長(当時)の想いのこもった対談であった。(1997年9月23日号)

諸橋晋六

諸橋晋六(もろはし・しんろく)
(1922〜2013)三菱商事の社長・会長を歴任。ロンドン支店長時代に『三菱ダイヤモンド・サッカー』(テレビ東京)の誕生にかかわるなど、サッカー界にも多大な貢献をした。

日本サッカーは確実に成長していると語る諸橋晋六氏

-- 諸橋さんの目から見て、日本サッカーの今の実力は。

諸橋 国際レベルの超一流に比べたら、まだまだだと思います。しかし相当なものだなと感じるのは、よくなるポテンシャリティーを持ちながら運営されていることです。

 要所に3人くらいの一流外国選手が入っていますと、個人技は日本の平均よりもずっとうまいですし、どういうふうなフォーメーションを組み立てていくかということを、日本人選手に教えるんですね。そうすると、日本人選手も試合をする中で、「サッカーってこういうふうに動くのか」などということを学べるんですね。それがポテンシャリティーです。しかし、先日ブラジル代表チームとの試合で3対0のスコアで負けましたが、あれは私にいわせれば完敗でしたね。ただ、ブラジルは世界一ですから、彼らの域まで達するためには、もっとサッカー人口の土壌が必要になってきます。実際には、小中高のサッカー人口は野球を超えているんです。

川淵 運動能力の高い子どもが、かつては野球へ行っていたのが、今はサッカーに来ているのです。そういう意味では若い選手には、素材としていいものがあるので、今後さらに伸びる可能性はあります。

諸橋 欧州・南米に比べるとどうしても土壌が浅かったんですが、今だんだん厚くなってきているんですね。

-- 問題は施設と指導者ですね。

諸橋 まあ、それも時間とともに、基礎的な土壌が増えていけば指導者も増えていくだろうし、良い試合も見られるだろうし、施設だってだんだん良くなっていくはずです。

川淵 そうですね。プロができて急にすべてが良くなっていくわけではありません。われわれJリーグは「百年構想」と言っていますが、100年かかって欧州に追い付いていかなければならないと考えています。そういう意味では、施設も指導者も全く足りない状況ですが、それらをいかに早く整備していくかが、これからの仕事なんです。

川淵三郎

川淵三郎(かわぶち・さぶろう)
(1936〜)元サッカー日本代表選手、元日本代表監督、Jリーグ初代チェアマンを経て、第10代日本サッカー協会会長を務め、現在は、日本サッカー協会最高顧問。

組み合わせは悪くないと語る川淵三郎氏

-- ワールドカップ本選出場のめどはどうですか。

川淵 組み合わせとしては悪くないですがまだ分かりませんね。ただ、第1戦の結果次第です。試合の中身はどうであれ、勝つか負けるかで大違いです。勝てばそのまま勢いが続きますし、負ければその後遺症が尾を引きます。勝負だからどうなるかは今の時点では分かりませんが。

諸橋 オリンピックは23歳以下でしたけど、本当に世界で一番強いのが出てこい、というのがワールドカップですからね。

川淵 だから、本当に大会が始まったら日本の人はビックリするだろうと思うんです。「こんなにすごいのか!」と。

 ワールドカップは、日本を世界にアピールするチャンスであり、文字を読めない人でも映像で見ることができるのですから、日本人のメンタリティーまで知ってもらえるチャンスです。もっと事前に僕らが、これをうまく利用しない手はないでしょうということを、これから5年かけて伝えていきたいと思います。

諸橋 いや、余計なことは必要ないですよ。9月7日から最終予選が始まりますから、勝ち残って来年のワールドカップフランス大会に出場すれば何もしなくてもいいんです。今度も行けないとなると、もう5年かかってもダメですよ。意地でも勝ってワールドカップに行くことですよ。

川淵 例えば、来年のフランスワールドカップに出られなくて、2002年のために20億円、30億円を掛けたとしても大したことはできません。しかしこれがもし出場となると、その効果は何百億円くらいの価値が出てきます。

川淵三郎氏と諸橋晋六氏

諸橋 来年フランスに行けたら、02年は自動的に日本と韓国は、ホスト国として出場できるわけですから。

-- 〝勝てば官軍〟ですね。

川淵 負けたら賊軍になってしまいますね(笑)。

諸橋 オール・オア・ナッシングですからね。

(構成/本誌・古賀寛明)

 

【温故知新】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る