シニアパワーとの融合を図るベンチャー企業テラモーターズの採用戦略

徳重徹氏

70歳でテラモーターズに入社した吉田康憲氏

70歳でテラモーターズに入社した吉田康憲氏

気鋭のベンチャーがシニア人材を採用した理由

 電動バイクでグローバル市場への展開を図る気鋭のベンチャー企業、テラモーターズ。技術力を武器にした本格的なベンチャーとして、世間の注目度も高い。43歳の徳重徹社長が率いる同社は、社員の平均年齢が30・3歳という若武者軍団。その勢いあふれる企業に、70歳の技術者、吉田康憲氏が入社した。

 吉田氏は以前、日産ディーゼル工業に勤務し、タイやインドネシアで現地工場の立ち上げに携わるなど海外経験が非常に豊富。定年後は雇用延長し、Nissan Diesel Thailandの副社長も務めた。東南アジアをはじめとする海外市場の攻略を掲げるテラモーターズにとって、吉田氏の持つノウハウは魅力的だ。

 徳重社長は、「70歳になって、生活環境の厳しいアジアにもう一度駐在して、仕事にコミットしようという人はなかなかいない。タイ6年、インドネシア6年という、海外における生産のプロである吉田さんの経験、ノウハウ、知恵がまさに今、テラに必要となっている。ぜひとも、若人に熟練パワーを見せてほしい」と、期待を込める。

 とは言え、やはり70歳の技術者とテラモーターズのような新興企業の組み合わせは異色に映る。吉田氏は入社してすぐに、「慎重に物事を決める大企業と違って、テラモーターズではある程度の見通しが立った段階ですぐに走り出す」と、意思決定の速さに驚いたという。

 吉田氏が海外経験を豊富に積んでこられたのは時代背景もある。同氏が生産技術のエンジニアとしてキャリアをスタートさせた当時、日本では高度成長が始まり、東南アジアにおいても車両生産の現地化の動きが進んでいた。旺盛な需要に対応するべく吉田氏は世界中を駆け巡り、ビジネスで訪れたのは、これまでに30カ国以上に及ぶという。日本人として、海外でのモノづくりに本格的に取り組んだ最初の世代だ。

 そうしたキャリアを通じて得たノウハウを後進に託したいと考え出したのは、つい最近だと吉田氏は語る。

「自分のやってきたことを全部出し切って積み残したくない」

 そんな心境になった時、たまたま知人を介して出会った徳重社長と意気投合。いつの間にか就職まで話がトントン拍子に進んだという。

徳重徹(テラモーターズ社長)

徳重徹(テラモーターズ社長)

「シニア」と「ベンチャー」は相性が良い

 高齢化社会を迎え、年金支給開始年齢も引き上げに向かう中、定年後も働くことを希望する高齢者は増えている。しかし、今のところ、高齢者を積極的に雇用しようとする企業は少ない。

 ならば、自ら起業するという選択肢ももちろんあるが、

「高度成長期は海外拠点の設立や他業種への冒険などを通じて、サラリーマンも起業家精神のようなものを発揮できていた。われわれ世代はそれで満足だったし、今から全く新しい事業を立ち上げてリスクを負う理由がない。起業やベンチャーは若い世代に託したい」と、吉田氏は説明する。恐らく、多くの高齢者は同じような考えを持っているのではないだろうか。

 だからこそ、ベンチャー企業と高齢者の組み合わせは非常に相性が良いとも言える。

 ベンチャー企業の多くは、最初は旺盛なアイデアと挑戦意欲で突っ走るが、本格的な生産段階を迎えると、これを担う人材がどうしても不足しがちだ。しかし、優秀な若い人材は大企業志向でなかなか採用できず、採用できたとしてもモノづくりが始まれば経験不足から行き詰るといった状態に陥りやすい。実際、テラモーターズでも、初期の頃は人材発掘に相当な苦労を重ねてきたようだ。

 高齢者の多くは、現役マインドが突出しすぎていないという点もポイントだ。吉田氏はこう言う。

「定年後、雇用契約を延長して65歳ぐらいまでは企業に対する忠誠心もあるし、経験をトランスファーするというよりは、まだまだ自分自身でやろうとする意識が強い。私も70歳になるまで、現役マインドが抜けきれなかった。しかし、今は意識が変わって自由になれたという思い。だらだら何年もやるのは私にとっても会社にとっても非効率的なので、トランスファーは1~2年で終えたい」

 自ら先頭に立つというより、あくまでも若者の支援と、不足している部分の埋め合わせに徹する姿勢である。

 そして、「私はさまざまな体験をしているが、何か資格を持った専門家ではない。働く人の大部分は、私のようなサラリーマンで終わる。しかしその人たちは在籍した企業で相当な経験を積み、貢献してきている。これは、テラモーターズのようなベンチャーに最も欠けている部分。私と同じような人は数多くいるので、マッチングはたくさんできると思う」とも話す。

 不況によるリストラなどで社員の年齢構成が変化し、技術の伝承が危ぶまれる日本企業。リタイアした技術者が、韓国や中国など海外に流出するケースも増えている。こうした問題を解決するためにも、あふれている定年退職組を活用する手法は一考の価値があるだろう。

 日本では高齢化と低出生率によって、労働人口構成の変化は今後も避けられない。その中で、最も効率を発揮できる労働者の構成はどのようなものか、試行錯誤は続く。テラモーターズの試みは、他のベンチャー企業にとってもロールモデルとなるかもしれない。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る