広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

「夢と感動を継承する大会を開催し、 日本の活性化を期待」--竹田恆和(日本オリンピック委員会会長)

 2回目となる東京でのオリンピック開催は、国民が共有できる目標が設定されたことで、世の中を明るくするきっかけとなることが期待されている。また、対外的には将来のモデルケースとなるような大会としての期待もある。自身も馬術競技のオリンピック選手だった竹田恆和・日本オリンピック委員会(JOC)会長に、2回目の東京オリンピックの展望を聞いた。

20131112_30_01

オリンピックの原点に戻る大会の開催を目指す

 今回のオリンピック招致は前回と大きく違ったところがいくつかあります。ひとつは政府、国会、経済界、スポーツ界、それから日本中に組織を持つ各界の方々を含めたオールジャパン体制で招致をバックアップしていただいたことです。そのお陰で、一番心配していた支持率も上がり、国際オリンピック委員会(IOC)に対して、東京がオールジャパンで招致を本気で考えているという印象を与える後押しになりました。

 また、前回2016年の招致で敗れた時の反省や経験が生かされ、内容をブラッシュアップした良い計画が作れたと思います。クオリティーの非常に高い内容で、今後のモデルになるような計画になったと思います。

 日本はこれまでオリンピックムーブメントに非常に貢献してきた国だと思います。夏季1回、冬季2回のオリンピックを開催し、今度の東京で4回目になります。4回のオリンピックを開催するのは、米国に次ぐ多さです。2回目となる今度の東京では、華美な大会ではなく、原点に戻ってオリンピックムーブメントを大切にした、将来のモデルケースになるような大会を開催したいと思います。

 オリンピックは、あくまで選手のためのものです。選手を優先した、アスリートファーストのオリンピックを開催するべきです。鍛えられた選手たちが素晴らしいパフォーマンスを披露し、記録を塗り替え、それを世界中の人が見て感動する場にしなければいけない。ですから、いたずらに華美にするのではなく、スポーツを通じた世界平和や相互理解などが育める場にしていくべきです。これから初めて開催する都市もありますが、今後はオリンピック精神の原点に戻る開催が求められていくのではないかと思います。

 東京に関して言えば、東京はクリエイティブでテクノロジーに優れた都市です。こういった都市で開催できることは今までにない初めてのケースになると思います。日本は観光立国と言われながら、外国人観光客がまだ年間650万人ほどで、他国と比べ、アジアの中でも少ない。オリンピックが来ることによって、7年間、世界中から東京が注目されて、その中で日本の文化・伝統、あるいはクリエイティブ、テクノロジーを世界に発信し、日本の良さを知ってもらう良い機会になるのではないかと思います。そういう意味でも、観光立国を実現するきっかけになると期待しています。

1 2