テクノロジー

ソフトバンクが人とのコミュニケーションに特化した感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表した。クラウドを活用する通信会社ならではの手法で比較的安価なロボットを実現し、次世代プラットフォームとしてロボットをとおしたサービスを拡大していく構えだ。

孫正義社長とPepper

孫正義社長とPepper

ソフトバンクが感情を持つロボット「Pepper」を実現

 ソフトバンクは6月5日、感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を発表した。その発表前夜、孫正義社長は、こうツイートした。

 「私は25年間この日が来ることを夢見てきました」

 孫社長のロボットへの興味は子どもの頃に見たアニメ「鉄腕アトム」からだというが、事業化への意気込みとしては、ソフトバンクが2010年に発表した「新30年ビジョン」で「知的ロボットとの共存」を掲げ、将来のロボット事業参入を示唆していた。

 そして12年に自律型ロボットの開発を行う仏アルデバラン・ロボティクス社に出資し、共同でロボットの開発を進めてきた。今回のPepperは、そのビジョンを実現する最初の製品となる。

 孫社長は、このPepperを「世界で初めて感情を持ったロボット」と強調。Pepperは、周囲の状況を把握し自律的に判断する独自アルゴリズム、音声認識機能、人の表情や声のトーンで人の感情を推定する感情認識機能などを搭載し、人とのコミュニケーションに特化している。友人や家族と接するようにコミュニケーションを楽しむことができるという。

 15年2月より販売を開始するが、既に6月6日よりソフトバンクショップの銀座店および表参道店でPepperが接客を開始した。順次、全国のソフトバンクショップに常駐させる予定。

 今回のPepperで特筆すべきことは、まず19万8千円という低価格を実現したことだ。高性能のPCの販売価格やペットを飼う際に掛かる費用と同等の価格帯に収めた。

 現状ではまだ赤字だが、今後、数万台規模の出荷となり量産効果が出るようになれば、利益は確保できるという。

 この低価格の理由には、クラウド、アルデバランの2つの要素がある。

 まずPepperはネットワークに接続し、負荷の高い処理をクラウド上で行うことで、ロボット側での処理の負担を軽減している。Pepperの自律回路は人間の感情を感知して学習していくが、その学習もクラウド上で行うため、ネットワークにつながる他のPepperの知見も合わせて、自律回路が進化していくという。通信会社のソフトバンクならではのアプローチでロボット単体の低スペック化および低価格化を実現する。

 また、Pepperは、アルデバランの小型人型ロボット「NAO」をベースにしている。NAOの特徴は、パーツの大半が汎用品で価格を抑えていることにある。PepperはこのNAOの特徴を受け継ぐ形で、低価格を実現している。

ソフトバンクの狙いはPepperによる次世代プラットフォーム構築

 ある業界関係者は次のような見方をしている。

 「孫さんはスティーブ・ジョブズになりたいのではないか。Pepperの発表会は、ジョブズがiPhoneを発表した時のアップルの発表会を連想させるものだった。ジョブズがiPhoneで携帯電話業界を変えたように、孫さんはスマートフォンからロボットへというパラダイムシフトを起こしたいのだと思う」

 今回の発表会でPepperの機能の一端は示されたが、ソフトバンクのビジネスにどう結び付けるかという問題がある。

 当面は赤字覚悟で理想を追ったことを孫社長は示唆したが、発表会に製造を委託する台湾フォックスコン・テクノロジー・グループ代表のテリー・ゴウ氏を招いたことからも、この事業に賭ける意気込みが感じられた。

 ソフトバンクはPepperを次世代のプラットフォームとして、Pepperを通じたビジネスを拡大させる考えのようだ。その手法はかつてのADSLモデムの無料配布や、iPhoneでの格安料金プランで、インターネットやスマホの普及を促した戦略に通じる。

 PepperのベースになったNAOは機能拡張性に優れている。この機能拡張性とクラウドとを組み合わせることで、Pepperをプラットフォームとし、今後さまざまなアプリケーションやサービスを展開する構えだ。

 今回の製品発表から発売まで約半年の時間を設けていることも、この間にサービスの開発をさらに促すと見られる。開発者向けに開発キット(SDK)を提供し、また開発者向けのイベントも9月に開催する。より多くの開発者を巻き込みながら、Pepperで実現できることを増やしていく。

 ただし、ロボット市場はまだ立ち上がっておらず、むしろPepperがこれから市場を創っていくことになるため、さまざまな問題が予想される。

 孫社長が想定しているように人間のパートナーとして、家庭の中に入り、生活に密着した形で稼働するようになると、仮にトラブルや事故になった場合、人命にかかわる可能性がある。その際の責任問題などから法整備が必要になる。さらにクラウドへの依存度が高いシステムのため、セキュリティーや運用における問題も付いて回ってくる。

 ロボットは未知の部分が多く、普及までに乗り越える壁は多い。Pepperの今後は孫社長の理想をどこまで追求できるかにかかっている。

(文=本誌/村田晋一郎)

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る