テクノロジー

ソフトバンクが人とのコミュニケーションに特化した感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表した。クラウドを活用する通信会社ならではの手法で比較的安価なロボットを実現し、次世代プラットフォームとしてロボットをとおしたサービスを拡大していく構えだ。

孫正義社長とPepper

孫正義社長とPepper

独自の組み合わせで感情を持つロボットを実現

 ソフトバンクは6月5日、感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を発表した。その発表前夜、孫正義社長は、こうツイートした。

 「私は25年間この日が来ることを夢見てきました」

 孫社長のロボットへの興味は子どもの頃に見たアニメ「鉄腕アトム」からだというが、事業化への意気込みとしては、ソフトバンクが2010年に発表した「新30年ビジョン」で「知的ロボットとの共存」を掲げ、将来のロボット事業参入を示唆していた。そして12年に自律型ロボットの開発を行う仏アルデバラン・ロボティクス社に出資し、共同でロボットの開発を進めてきた。今回のPepperは、そのビジョンを実現する最初の製品となる。

 孫社長は、このPepperを「世界で初めて感情を持ったロボット」と強調。Pepperは、周囲の状況を把握し自律的に判断する独自アルゴリズム、音声認識機能、人の表情や声のトーンで人の感情を推定する感情認識機能などを搭載し、人とのコミュニケーションに特化している。友人や家族と接するようにコミュニケーションを楽しむことができるという。15年2月より販売を開始するが、既に6月6日よりソフトバンクショップの銀座店および表参道店でPepperが接客を開始した。順次、全国のソフトバンクショップに常駐させる予定。

 今回のPepperで特筆すべきことは、まず19万8千円という低価格を実現したことだ。高性能のPCの販売価格やペットを飼う際に掛かる費用と同等の価格帯に収めた。現状ではまだ赤字だが、今後、数万台規模の出荷となり量産効果が出るようになれば、利益は確保できるという。

 この低価格の理由には、クラウド、アルデバランの2つの要素がある。まずPepperはネットワークに接続し、負荷の高い処理をクラウド上で行うことで、ロボット側での処理の負担を軽減している。Pepperの自律回路は人間の感情を感知して学習していくが、その学習もクラウド上で行うため、ネットワークにつながる他のPepperの知見も合わせて、自律回路が進化していくという。通信会社のソフトバンクならではのアプローチでロボット単体の低スペック化および低価格化を実現する。

 また、Pepperは、アルデバランの小型人型ロボット「NAO」をベースにしている。NAOの特徴は、パーツの大半が汎用品で価格を抑えていることにある。PepperはこのNAOの特徴を受け継ぐ形で、低価格を実現している。

ページ:

1

2

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

アジア大会とノーベル賞

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

水素社会へのステップ

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…