文化・ライフ

坪田一男(つぼた・かずお)慶応義塾大学医学部教授。1955年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許取得。米ハーバード大学にて角膜フェローシップ修了。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術における世界的権威。再生角膜移植のほか、近視・乱視・遠視・老眼などの最先端の治療に取り組む。近年は研究領域を抗加齢医学=アンチエイジング医学に広げ精力的に活動。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事など。著書に『老けるな!』(幻冬舎)、『長寿遺伝子を鍛える』(新潮社)、『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』(文春新書)ほか多数。

 

アイメイクでドライアイになるケースが急増中!?

 一般的によく知られているドライアイの原因といえば、長時間のパソコンなどの画面を凝視することによるまばたきの減少、コンタクトレンズの長期・長時間装用、エアコンなどによる空気の乾燥などだろう。だが、ドライアイの原因は実にさまざまだ。

 そもそも、健康な目の表面は涙のカーテンで覆われ守られていて、まばたきのたびに新しい涙が供給され、古い涙は排出される。ドライアイは、何らかの理由で涙の量が減ったり、涙の質が変化したりして涙のカーテンに異常が起き、目の表面の健康が損なわれる疾患だが、涙は身体や心の状態に影響されやすい。

 例えば、たとえ若く健康な人でも、夜間は涙の基礎分泌が減少するため、夜型の生活はドライアイを招く要因になりかねない。また、涙は副交感神経に支配されているため、ストレスの多い状態が続いても減少しやすく、涙の成分も影響を受ける。他にも、食生活の偏りや運動不足の影響も指摘されている。ともかく、現代人の生活には、ドライアイになる要因があふれているのだ。

 最近ではさらに、アイメイクが引き金となってドライアイになったり、ドライアイを悪化させるケースも増えている。

 女性たちの間では、目ヂカラアップといって、まつ毛の生え際ギリギリにアイラインを引いたり、つけまつ毛やマスカラをつけるメイクが流行しているが、実は思わぬ落とし穴がある。

 まつ毛の生え際にはマイボーム腺と呼ばれる小さな穴があり、ここから目の乾燥を防ぐために必要な脂質が分泌されている。そのため、アイラインなどの油成分によってマイボーム腺の開口部がふさがれてしまったり、メイク落としが不十分で不衛生な状態になると、ドライアイやまぶたの炎症などの原因になってしまうのだ。

 メイクをしない男性も、安心してはいられない。まめに洗顔していても、まつ毛の生え際まで意識して洗っている人はそれほど多くないのではないだろうか? 昨今では、目元の汚れが原因で、そこに「デモデックス」という顔に常在しているダニが棲みついて炎症を悪化させるケースも増えているのだ。

まつ毛にも顔ダニが棲んでドライアイの原因に

「ダニ!?」とビックリする人もいるかもしれないが、顔ダニは、ほとんどの人の顔の皮脂腺などに生息している目に見えないほど微小なダニで、普通に洗顔をして清潔を保っていれば比較的無害だ。

 ただし、生息密度が増すとニキビなどの炎症性疾患の原因になる場合があるし、まつ毛の生え際で繁殖すれば、知らず知らずのうちにドライアイなどの症状を引き起こしてしまう。

まつげの根元を洗う日本初のリッドハイジーン専用商品「アイシャンプー」。アマゾンおよび一部クリニックで発売中

まつげの根元を洗う日本初のリッドハイジーン専用商品「アイシャンプー」。アマゾンおよび一部クリニックで発売中

 そこで、注目していただきたいのが、マイボーム腺に詰まった汚れや皮脂をしっかり洗浄し、目元を清潔に保つケア「リッドハイジーン」だ。

 これまでも、クリニックなどではドライアイの患者さまに眼科医が習慣的なリッドハイジーンを推奨してきたが、日本では、まだ誰もが安心して使用できる専用クレンジング料が販売されていないというのが実情だった。

 しかしこの夏、ようやく日本でもリッドハイジーン専用商品が発売された。これは、涙の組成に近い成分でできたクレンジング料なので、目にしみず、目に負担をかけることなく、マイボーム腺に詰まった皮脂や汚れを落とすことができる。

 洗髪だって、髪の毛だけでなく頭皮や毛穴の汚れまでシャンプーですっきり落とすことが重要なように、まつ毛も根本やマイボーム腺に詰まった汚れをしっかり落とすことが大切なのだ。

 ここ十数年で、ドライアイの治療法は飛躍的に進歩してきた。以前は単にうるおいを補給するしかなかったが、現在では、生活習慣の改善や点眼、涙の排水溝である涙点をふさぐ「涙点プラグ」など、適切なケアをすれば快適な生活を送ることができるようになってきた。

 さらに、最近ではEPA、DHAなどの不飽和脂肪酸や抗酸化物質などを食事やサプリメントで摂取することでドライアイを予防・改善しようという考え方も注目されている。

 だが、今後はぜひそこに、まつ毛の根本を洗う「リッドハイジーン」も加えよう!

 アイメイクを重視している女性はもちろん、男女を問わずドライアイに悩んでいる方、ドライアイを予防したい方にもぜひおすすめしたい新習慣だ。

★今月のテイクホームメッセージ★

 ドライアイを防ぐ新習慣、リッドハイジーンを始めよう!

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る