政治・経済

 第二次世界大戦の敗戦直前に旧日本軍が隠匿し、戦後復興や反共計画に極秘運用されてきたと噂される「M資金」。この怪しげな伝説を題材に、それを取り巻く陰謀と現代のグローバル金融が抱える問題点を描き出す大作映画「人類資金」が10月19日より公開される。今回、原作・脚本を手掛けた福井晴敏氏と、監督としてメガフォンをとった阪本順治氏は、以前「亡国のイージス」でもタッグを組んだ強力コンビだ。両氏に作品に懸ける想いや見どころを語ってもらった。

20131029_16_1都市伝説とマネー経済が結び付くまで

―― 前回お2人がタッグを組んだ「亡国のイージス」は国防がテーマでしたが、今回金融・マネーをテーマに選んだ理由は。

福井 言い出しっぺは阪本さんで、M資金を題材に映画を作れないかというお話を頂きました。僕はたまたま清水一行さんの小説などからM資金について知っていて、自分の小説の中でもちょっと触れたことがあったので応じたのがすべての始まりです。

阪本 僕は美術助手時代に高野孟さんの『M資金』という本を読んで、将来監督になったときに題材として使おうかと思っていました。映画というのは世間の光が当たっていない部分にライトを浴びせるものだと思っていますが、僕にとってはM資金という題材がそれに合致した。

―― M資金という都市伝説的な題材を扱いながらも、現代のマネー資本主義とうまく絡めた手腕は見事だと思います。

阪本 それは福井さんの手腕ですね。

福井 M資金の謎を追うだけの内容だとつまらないので、なんとか現代の要素とつなげたいと考えていた時にリーマンショックが起きました。それまであまり経済には明るくなかったのですが、アメリカの一証券会社が潰れただけでなぜ世界中がこんなエライことになったのだろうという単純な疑問が浮かびました。リーマンショックを乗り越えて世界の金融市場は以前より賢くなったなんて言われますけど、構造上の問題だから多分何度でも同じことが起きるし、起きるたびにスケールもでかくなって取り返しのつかないことになっていくんだろうなと。そういう感覚がつかめた瞬間に、現代の狂ったルールをM資金が正すという構想が浮かんで「行ける」と思ったんです。

 M資金はどちらかと言えば陰謀をもたらす側のものとしてとらえられているけれど、あえてそれを使って世界を正しい方向に向かわせるという発想でやったら面白いなと。今まで自分の作品は最後に何かが爆発したりして終わるものが多かったんですが(笑)、今回は、画の豊かさなど大作映画の良さを出すためにあえて世界中のいろんな場所に舞台を設定しました。

阪本 プロットをもらった時は、これを一体どう撮ればいいのって思いましたよ(笑)。でも、M資金やそれにまつわる都市伝説を軽々と乗り越えた大胆な仮説を立て、未来をも見据えた話に仕上がっていたのが一番の驚きでした。もし自分で最初から脚本を書いていたら、良くも悪くも告発めいたものとか、重苦しい話になっていただろうなと思います。本作品はエンターテインメント性にあふれ、人間関係が織りなす感情の機微など見どころがたくさんあります。

主演の佐藤浩市さん(左)と森山未來さん

主演の佐藤浩市さん(左)と森山未來さん

―― そうした世界観を表現するために意識したことは。

阪本 M資金にまつわる僕らの仮説が、単なる絵空事に受け取られてしまうのは困る。そのために最も留意したのは、映画に出てくる架空の国(カペラ共和国)と、そこの人物の造形をきちんとすること。ここを間違うとこちらの言いたいことが伝わらないと思いました。

福井 架空の国の代表として森山未來さんをキャスティングしたのはひらめきみたいなものでしたね。主役の佐藤浩市さんは早くから決まっていましたが、未來さん演じる石優樹の役については最後まで空いていました。

阪本 別の映画で何シーンか森山未來を演出させてもらったときに彼の技量を目の当たりにして、人類資金のロケでいよいよニューヨークに乗り込む直前に決めました。

ページ:

1

2 3

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年6月号
[特集] 人材輩出の「新御三家」
  • ・[サイバーエージェント]経営人材を育てる方法 研修より緊張感ある現場経験
  • ・中山亮太郎(マクアケ社長)
  • ・大竹慎太郎(トライフォート社長)
  • ・塚原文奈(ストアーズ・ドット・ジェーピーCEO)
  • ・[楽天]ベンチャー精神は創業者が体現する
  • ・体育会的ノリと目標必達の企業風土が育てた起業家群
  • ・[DeNA]意志と情熱を後押しする人材育成術
  • ・橋本 舜(ベースフードCEO)
  • ・鈴鹿竜吾(ライトマップ社長)
[Special Interview]

 飯島彰己(三井物産会長)

 人が成長するために必要なこと

[NEWS REPORT]コロナ禍後の経済地図を読む

◆避けられない合従連衡 日の丸電機の進むべき道

◆自動車業界は大再編必至 生き残れるのはどこだ!

◆存続の危機を迎えた百貨店 小売り業界のEC加速が止まらない

◆“会わずに診る”コロナで広がるオンライン診療

[特集2]

 社長のセルフブランディング

 第一印象/SNS・ネットツール活用/言葉の力/プレゼン技術

 [特別インタビュー]友近(お笑い芸人)

 最強のセルフブランディング術「憑依芸」を語る 

ページ上部へ戻る