広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

「LINEをプラットフォームとして さらに進化させ、世界の 共通言語にしたい」--森川亮 (LINE社長)

森川亮氏

森川亮(LINE社長)

森川亮(LINE社長)

コミュニケーションに特化しスマホ普及でユーザー数激増

 世界230カ国で利用されている無料通話・無料メールアプリ「LINE」をはじめ、検索サービス「NAVER」、キュレーションプラットフォーム「NAVEまとめ」、総合ニュースサイト「livedoor ニュース」、国内最大級のブログサービス「livedoor Blog」などを展開する。設立は2000年9月だが、主力のLINEのサービスを開始したのは11年6月。それが今や、ユーザー数は世界2億6千万人を突破(13年10月1日現在)。うち8割はアジア中心の海外利用者だ。日本の利用者は4800万人で、日本のスマートフォンユーザーのほとんどがLINEを利用している。ここまで短期間で、なぜユーザーに支持されたのだろうか。

「コミュニケーションは、水と同じように誰でも必要なものです。ここに特化したことによって、普遍性のあるものになったのだと思います。スマートフォンにフォーカスしたことで、スマホの普及する中で私たちのサービスも普及していった。スマホのサービスはいろいろありますが、質の高いものを提供し、デザインなどユーザーが求める価値を大事にしてきたので愛されているのでしょう。メール機能でオリジナルの絵文字、顔文字、スタンプ(キャラクターイラスト)も広く利用されています。この私たちのキャラクターも人気になり、牽引しているところもあると思います」

 そう分析する森川亮社長。8月21日に開催した事業戦略発表会の冒頭で、「LINEを世界共通の言語にしたい」と宣言した。この発表会で、今秋にもインターネット通販事業に「LINEモール」で新規参入することと、音楽配信を始めることを明らかにした。ポイント制度「LINEマイレージ」の導入準備も進めているという。

 同社のLINE事業は、ゲームやスタンプ販売が売り上げの8割を占める。事業にネット通販を追加することで、国内の4800万人ユーザーを生かしながら、収益性を上げる狙いだ。

 同社はこの他、リアル店舗向けに提供しているサービスが2つある。ひとつは昨年6月開始の「公式アカウント」で、大企業向けのメニュー。もう1つが、昨年12月に開始した小商圏の店舗を持つ企業をターゲットにした「LINE@」だ。公式アカウントは初期プランが4週間800万円(最大5メッセージ)から12週間1500万円(同15メッセージ)までの4種類。公式アカウントは現在、世界で118(日本62)。LINE@は、初期費用5250円、月額5250円と公式アカウントに比べ格段に安い。

1 2