広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

再生医療分野で自家培養表皮に続き自家培養軟骨も製品化--小澤洋介(ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング社長)

自家培養軟骨

小澤洋介(J‐TEC社長)

小澤洋介(J‐TEC社長)

自家培養軟骨の適用拡大で再生医療製品の実用化が進む

 

 再生医療ベンチャーとして、国内で初めて再生医療製品の保険収載を達成、医療現場での実用化に成功したJ‐TEC。自家培養表皮「ジェイス」に続き、今年度からは自家培養軟骨「ジャック」も製品化し、着実に実績を積み重ねている。

 そのジャックは、患者数が多い膝の変形性関節症については残念ながら治療の適応対象から除外されたが、外傷性軟骨欠損症と離断性骨軟骨炎の患者には使用が認められた。

 保険償還価格は208万円。「これは画期的だった」と小澤洋介社長は語る。医療機器の場合、保険償還価格はメーカー申請価格の半額程度に抑えられるケースが多いが、今回は申請価格293万円に対し、当初の見込みを大幅に上回ったからだ。

 さらに、通常は製品1個当たりの価格として値付けされるところが、1回の手術で複数個のジャックを使っても価格が変わらないという点もこれまでとは違うところだ。一見、メーカーにとっては不利な条件にも思えるが、むしろ製品の普及を促進する上では有利な条件になると小澤氏は見ている。

 

再生医療ベンチャーで初の黒字化を目指す

 

 これまでの実績が考慮されたこともあり、保険適用に関する条件はジェイスを製品化した時ほど厳しくない。しかし、それでも手術を行う医師に関しては専門分野での経験や手術を実施した症例数、施設に関しては導入機器の面などでさまざまな条件が付けられている。

 J‐TECから従業員を派遣して、製品を使用する前に医師に対して事前の研修を行う義務も課せられている。研修は全国約150施設で実施することとなり、準備段階を含めると1施設当たり2カ月ほどの期間が必要だという。すべての施設を終えるまで2年程度はかかる見込みだ。

自家培養軟骨「ジャック」

自家培養軟骨「ジャック」

 このように1つの再生医療製品が実際に医療現場で使用されるまでには多くの苦労があるが、同社ではようやく15年度に黒字化の見通しが立つなど、徐々に明るい兆しが見え始めている。

「分母は小さいものの、今年度第1四半期は売上高で前期比245%を達成しました。ジェイスが着実にマーケットに浸透しているのに加え、下期にジャックの出荷が増えてくれば、業績上振れの可能性も出てくるでしょう。日本のバイオベンチャーでわれわれのようなメーカー型の企業が黒字化できれば初のケースとなります」と、小澤氏は期待を込める。

 

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る