政治・経済

 1993年5月15日に開幕したJリーグは、今年20周年を迎えた。チーム名に企業名を入れず、地域色を前面に出した地域密着型のJリーグの誕生は日本のスポーツの在り方を変えた。あれから20年、これからどこへ向かうのか。4代目チェアマンの大東和美氏に話を聞いた。

【おおひがし・かずみ】

【おおひがし・かずみ】
1948年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学卒業後、住友金属工業入社。九州支社長を経て2005年鹿島アントラーズ専務、翌年社長。鹿島時代は07年よりJ1で3連覇を達成。10年より公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン就任、現在に至る。ラガーマンとしても学生時代の70年度に主将として大学選手権優勝、さらに新日鉄釜石に勝利し日本ラグビーフットボール選手権を制し日本一になる。卒業後、日本代表として6キャップを記録。また指導者としても早稲田大学ラグビー蹴球部監督として大学選手権優勝を達成している。

大東和美氏は語る 日本のスポーツを文化に変えた20年

―― 今年Jリーグも誕生20年目を迎えました。

大東 1993年に10クラブでスタートしましたが、20年を経て40クラブまでに拡大しました。川淵さん(初代チェアマン)も、これほど早く広がるとは思っていなかったようです。地域としても30都道府県まで広がりましたし、サッカーが日本の中でメジャースポーツになったということも大きいと思います。スポーツ界全体においてもFIFAワールドカップに5回連続出場というのは、素晴らしい成果だと思いますね。

 この20年はサッカー界にとっても日本スポーツにとっても大きな変化がありましたが、これからもまだまだ新たな変革が必要だと思っています。

―― 「Jリーグ百年構想」を掲げておられます。その進捗状況は。

大東 Jリーグは、サッカーだけというよりも、総合スポーツ型のクラブづくりを行っています。発足当時は、クラブ名が企業名ではなく、地域名を名乗るということで驚かれましたが、今では当たり前になってきています。つまり、理念も浸透してきたのではないかと感じています。

「地域に根差したスポーツクラブ」というのも、積み重ねが大事なわけで、芝生の運動場をつくる活動にしてもかなり増えましたし、地域のコミュニティーに対しても入り込んでいっているので、「おらがチーム」になってきたのではないでしょうか。

 ただ、40クラブもありますとクラブごとに歴史の違いもありますし、もちろん財務状況を含め経営環境も違います。だからこそ「身の丈に合った経営」を念頭に置いてもらうことがより必要になってきます。

 昨年からクラブライセンス制度を施行しました。クラブ経営を安定させることも大事ですし、「観る」側の環境の整備も欧州などに比べれば、改善の余地は大いにあります。

 スタジアムが安全、安心で快適な環境で、試合観戦が日常的になる文化が日本に根付くのは、まだ時間がかかる気がします。ですから、現状に満足することなく、Jクラブのリーダーたちが地域の皆さんと一緒になってつくりあげていければと考えています。

―― ご自身の地域交流の思い出は。

大東 以前、鹿島アントラーズの社長をしておりまして、アントラーズももちろん、地域との密着を掲げていましたから、さまざまな活動をしていました。その時に印象深い出来事がありました。

 ある小学校を訪問した時のことです。学校訪問では、選手たちが、子どもたちと一緒に校庭で遊んだり、経験談や夢について児童に語ったりするわけです。その日も、子どもたちは選手たちと校庭で遊んでいました。その中に登校拒否だった子がいまして、その子はずっと教室に入れなかったそうなんですね。

 でもその日は、選手たちと校庭で遊んで、今までなかなか入れなかった教室にすんなり入ってこられたんです。

 これはうれしかったですね。ご両親も喜ばれて、もちろん本人もうれしかったでしょうね。スポーツの力、人を動かす力というんでしょうか、そんなものを感じました。

 また、鹿島神宮が近くにあり、剣聖・塚原卜伝の土地柄にちなみ、剣道教室の開催や、ほかにもミニバスケ大会の開催、地域のお年寄りとの交流などもさかんに行っています。

 東日本大震災の時は、周辺一帯が被災した中、選手たちが率先して復興支援活動をしました。こうした活動は、今までも、これからもずっと続いていくのではないでしょうか。

「東南アジアのサッカー人気は高いので期待がもてます」

「東南アジアのサッカー人気は高いので期待がもてます」

大東和美氏の思い 変革するJリーグ もっと高く、もっと深く

―― J3も来年誕生しますが。

大東 事業規模は小さいですが、地域と共生して、Jリーグの理念に賛同されているクラブが、現在準加盟クラブに申請しています。この中からJ3クラブが誕生し、来シーズンのJ3は、12チームで構成されます。われわれも将来的に全国100クラブくらい、Jリーグを目指すクラブがあればと考えており、スポーツを通じて地域が元気になることを望んでいます。J3に入るには無論審査はありますが、大事なことはクラブのトップに立つ人、例えば社長さんが、どういう熱意を持って、どういう信念を持って運営していくかだと思います。やはり、熱い気持ちがない人だと長続きしないですから、地域に対して逆に迷惑になります。

―― アジア戦略を進めています。

大東 昨年の初めから今年にかけて、アジアの各リーグや協会(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール)との連携を積極的に展開してきました。かねてから、Jリーグがこの20年でいかに飛躍したのか、どう運営しているのかなど問い合わせをいただいておりました。みなさん日本を手本にしたいとおっしゃってくださいますから、協力し合ってアジア全体のレベルアップを図っていきたいと思っています。

 以前から日本のJクラブの母体になった企業、例えばジュビロ磐田(ヤマハ発動機)や、セレッソ大阪(ヤンマー)などが、アジア各国に進出していますから、独自にクラブ同士で提携を結んだり、キャンプを行ったり、子どもたちとの交流を行ったりしていました。そういうことから、われわれとしてもアジアの中に入りやすかったですね。

 タイやベトナムでは、地上波でテレビ放映も行われていますし、先日は、コンサドーレ札幌がベトナムのベッカムと言われるレ・コン・ビン選手を獲得しました。J3もできますから、マーケティングも含めて、これから選手の交流も活発化してほしいと思っています。

―― 地域交流と同時に世界との厳しい戦いも待っています。

大東 Jリーグも成長戦略を考えますと、ビッグクラブも必要だと思っています。木に例えますと、成長していかねばなりませんから幹を伸ばすことが求められます。日本にも数クラブ事業費の大きいところ、強いところがありますから、お客さんも試合を観に来ていただき、海外からトップ選手の獲得をするなどでリーグのけん引役になって幹を伸ばしてほしいですね。

 また、伸びてばかりでヒョロヒョロの木では困りますから、幹を太くするためにJ1、J2の各クラブに体力をつけてもらい、同時にJ2、J3のクラブにもスポーツ文化の担い手として全国津々浦々にしっかり根を張ってもらわねばならないと考えています。それが枝葉を伸ばし、欧州のリーグに負けないようなリーグに成長する施策なのではないかと考えています。

―― 住友金属(現・新日鉄住金)のご出身ですが、リーグの運営との違いは。

大東 全く違うと感じていますね。住友金属は、株式会社ですから一定の利益を生んで株主に配当していくという使命があります。一方で、スポーツ事業というのは、クラブも一般企業同様、株式会社ですけれども、個人的には非常にシンプルだと思います。収入といっても、スポンサー料、放送権料、グッズの売り上げ、それから入場料収入の4つくらいにまとめられます。支出も人件費、スタジアムの使用料、運営費など分かりやすい。もちろん両方とも黒字を目指すわけですが、何より違うのは、株主への配当を考えるよりも、チームの強化を優先することです。また、地域貢献活動も含まれます。

―― 課題は何ですか。

大東 シーズン(リーグ開催期間)移行の問題がありますね。

 サッカーは国際スポーツですから、移籍や国際試合のスケジュールを考えると国際カレンダーに合わせるということも考えざるを得ないですね。

 FIFA(国際サッカー連盟)が昨年から国際試合に対してクラブが拘束権を持たない国際マッチデーを9、10、11月に2週間程設定したために、ちょうど優勝争いの盛り上がりの中、Jリーグのリーグ戦に水を差してしまう形になる可能性があるわけです。

 他にも、アジアのクラブ王者を決める大会(ACL)でも、日程の変更が考えられています。こうなってくると、今の日本のカレンダーでは破綻してしまいます。

左から鬼武健二(3代)、大東、川淵三郎(初代)、鈴木昌(2代)の各氏

Jリーグ20周年記念パーティーにて歴代チェアマンが揃う。
左から鬼武健二(3代)、大東、川淵三郎(初代)、鈴木昌(2代)の各氏

―― 今後の取り組みを。

大東 この20年を見てみると、平均して観客数が伸びていない現状があります。コアなサッカーファンの方たちだけでなく、今まであまり接点のなかった人たちにもスタジアムに足を運んでいただけるようにしなければならないと考えています。そのためには、メディアでの露出をもっと増やさなければならない。メディアに取り上げていただくための、より魅力のあるリーグ戦の在り方も、模索している最中です。

 JリーグやJクラブの収入を増やして、魅力のある選手を獲得することも重要です。そして、先ほどの課題とも通じますが、観戦環境の充実も考えています。もしシーズン日程が変更されれば、真冬に開催しますから、雪が多い地域のスタジアムやアクセスなど、問題を1つずつ解決しなければなりません。特に施設は、屋根を付けることや暖かく観戦できるシートまでクラブや行政の皆さんのご理解を得ながら解決していこうとしているところです。

 最後に、将来のことを考えれば「育成」が未来へつながるただ1つの道ですので(26~27ページ参照)、ここを強化していこうと思っています。

 既に多くの選手が海外に挑戦して活躍していますが、Jリーグで活躍し、次々と次世代を担う選手が生まれる。そんな活気のあるJリーグでありたいと思います。

(聞き手/本誌・古賀寛明)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る