文化・ライフ

天野春果(川崎フロンターレ プロモーション部部長)

天野春果(川崎フロンターレ プロモーション部部長)

川崎フロンターレ独自のプロモーション部

―― プロモーション部とはユニークですね。

天野 他のJクラブにはないかもしれませんね。僕たちの仕事は、ひと言で言うと、クラブを好きになってもらうことでしょうか。

 まずは、スタジアムに行ってみようかと思ってもらうこと、スタジアムに来ていただいたら、もう一度来てみようと思っていただくことですね。

―― 地元とはどんな関係を。

天野 どんなビジネスでも人に喜ばれることが基本ですよね。誰かのためになるから商売が成り立つわけで、川崎フロンターレというのは、川崎のクラブなので、「川崎のために」っていうのがいちばん大きいですね。

 試合に勝つことが目的ではなくて、試合に勝つことで、川崎に住んでいる方や川崎にかかわる方に喜んでもらうことが重要なんです。

 地域の人たちを幸せにできなければ、需要が生まれませんし、需要が無ければ、川崎フロンターレというクラブにもお金は入ってこないわけですから。

―― では、勝負にはこだわらない。

天野 いつでも勝てればいいんでしょうが、そんなことはあり得ません。

 だから、勝っても、負けても、どんな時でも楽しんでもらわなければいけないと思っています。だから、ほんと試合のある日は、お祭りと一緒だと思っていますよ(笑)。

川崎フロンターレ、勝敗に関わらずまずは好きになってもらいたい

―― 具体的にはどんな活動を。

天野 最近だと、鹿島アントラーズとの試合に向けて「闘A(とうえい)まんがまつり」というイベントを行いました。「A」はアントラーズのA。そこと闘うというので、闘Aです。東映ではありません。川崎在住の有名な漫画家さんにイラストを描いていただきました。漫画、アニメは川崎の地域財産でもあるので、川崎市と協力し合って、どちらも満足する形で行っています。

―― 「ドラえもん」も登場したとか。

天野 藤子・F・不二雄ミュージアムが多摩区にあることと、フロンターレもサッカーを通じて元気を与えるという共通の思いから、パートナー契約を結んでいます。

 ホームゲームの時には、スタジアムに「どこでもドア」がありますし、売店では「暗記パン」も売っています。

川崎フロンターレからスポーツの力はビジネスにもなるということを知ってもらいたい

―― サポーターが天野さんの携帯電話の番号を知っているそうですね。

天野 お客さんなんですけど、一緒につくっていく仲間みたいな感覚なんです。サポーターもシーズンチケットを購入して、お金払って、会場の雰囲気をつくるために試合を背にして盛り上げてくれるんですから、ありがたいですよね。だから、私たちもお金払ってくれる人と一緒にいかに楽しむかを考えています。珍しいビジネスですよね。

―― スポーツを地域に根付かせるには。

天野 僕はかつて米国に留学していたのですが、向こうの人はスポーツの力を分かっているんですよね。ビジネスにもなるし、生活も豊かにするものだと、知っているんですね。

 日本にはそんな文化がないのではなくて、そこに気付いていないだけだと思っています。だから、スタジアムに足を運んでもらうことで川崎という街を知ってもらうこと。これからも、私たち自身が楽しみながらいろんな仕掛けを積み重ねていきます。

***

 

川崎フロンターレプロモーション部部長天野氏のスポーツを超えた取り組み

 

 

川崎市の子どもは「算数」を フロンターレと共に学ぶ

川崎市の子どもは「算数」を
フロンターレと共に学ぶ

「川崎フロンターレ算数ドリル」

 ロンドン視察中に現地の強豪クラブ・アーセナルのスペイン人選手がスペイン語の教科書に出ていることを知った天野氏。帰国後、副教本である「ドリル」を作ろうと行政に掛け合うが、営利企業であるフロンターレに厳しかった。しかし、ある小学校の校長先生が興味を持ち、共同で作ることに。作るからには本格的なものにしようと、算数もフロンターレも好きになるように工夫した。

 例えば選手のシュートの速さや、ピッチの大きさなども問題に出てくる。2009年の構想から1年たってようやく完成した。そのドリルをもとに、校庭で選手たちと算数の野外授業も行っている。4年たった現在では、川崎市全域の小学校で配布されている。

「いっしょにおフロんた~れ」

 シーズンオフに行う川崎市の銭湯(川崎浴場組合連合会)との共同企画で、昨年は映画化された漫画「テルマエ・ロマエ」(エンターブレイン)とのコラボレーションで話題になった。3回目の今年は、川崎市の人権・男女共同参画室とNHKEテレの番組「みいつけた!」との4団体のコラボレーション。子どもたちに人気のキャラクター「オフロスキー」と、フロンターレの中村憲剛選手扮する「オフロンスキー」がタッグを組んで、川崎市内の銭湯を盛り上げた。

 プロモーション期間中は、スタンプラリーを行い、市内に60以上ある銭湯すべてを回った人だけに贈られる「完湯賞」も7人が達成した。また高津湯などは、期間中だけ「オフロンスキー湯」と名前を変えて営業するなど、川崎市内全域を活気づけている。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る