広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

千葉市に見る自治体のスポーツ支援 市民が誇りを持てる ホームタウンづくり

自治体のスポーツ支援

駅構内のマリーンズのポスター。

駅構内のマリーンズのポスター。市民生活の中にマリーンズがあるというコンセプト 

ホームタウンづくりを積極的に推進する千葉市のスポーツ支援

 Jリーグをきっかけに、スポーツチームが密着する地域として、「ホームタウン」という概念も浸透してきた。

 Jリーグの定義によれば、ホームタウンとは、「クラブと地域社会が一体となって実現する、スポーツが生活に溶け込み、人々が心身の健康と生活の楽しみを享受することができる町」を指す。

 そしてホームタウンづくりを積極的に推進する自治体も出てきている。

 その1つが、Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉とプロ野球の千葉ロッテマリーンズが本拠地とする千葉市だ。 

 2003年にジェフがホームタウンをそれまでの市原市から千葉市まで含めて広域化、05年にチーム名をジェフユナイテッド市原からジェフユナイテッド市原・千葉に変更した。千葉市は蘇我地区にスタジアムを新設し、そのタイミングで「ホームタウン推進室」を設置した。 

 千葉ロッテマリーンズは1992年から千葉市のQVCマリンフィールドを専用球場として使用している。プロ野球の本拠地は地域での独占興行権を表す「地域フランチャイズ」という概念で、都道府県が単位。しかし千葉市では、マリーンズに対してもジェフと同様にホームタウンとして支援している。

 

スポーツ支援を通じて千葉市民に誇りを

 

 現在、千葉市のホームタウン推進室の業務は「集客観光課」に引き継がれている。地域振興のサポートについては、市内で行われる事業のPRにジェフやマリーンズを使ったら効果的だと思われる場合、集客観光課が両チームに調整をする。

 チーム側もジェフの「ジェフィ」やマリーンズの「マーくん」といったキャラクターの露出に積極的で、イベントへの参加を通じて、チームの認知度や観客動員の向上につなげていきたい方針。また、両チームが毎年行うサッカー教室や野球教室では、集客観光課が窓口となって参加者を集めている。

 試合に際しては、ジェフとマリーンズでそれぞれ年に1試合、千葉市が冠のスポンサーになるマッチデーを開催し、低価格で観戦できる市民優待を実施。また、千葉市に転入した人を対象試合に抽選で招待する「転入者招待」を行っている。

 千葉市としては、これらのさまざまな企画を通じて、「より多くの市民にチームを知ってもらい、好きになってもらい、誇りを感じてもらいたい」というスタンス。

 集客観光課の永田篤広氏は次のように語る。

 「それぞれ毎試合、ジェフは1万人、マリーンズは1万~2万人のファンがスタジアムで『千葉』と連呼するのはすごいことだと思う。千葉のPRにもつながっている。また、チームが活躍すれば、マスコミにも取り上げられ、千葉という名前が大きく出ることになる。そういう意味で、チームは市民の誇りになる。最終的には両チームへのサポートを通じて『千葉市っていいね、千葉市に住んでいて良かったね、これからも住んでいきたいね』と思ってもらえるようにしていきたい」

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る