文化・ライフ

 日本選手権7連覇、「北の鉄人」と呼ばれた「新日鉄釜石」をルーツに持つ、釜石シーウェイブス。その応援には昔も今も大漁旗「福来旗(ふらいき)」が舞う、震災後の厳しい時にも多くの住民がラグビーを欲した。釜石にとってシーウェイブスとは何か。街とクラブの関係を聞いた。

小原崇志(釜石シーウェイブスRFC ゼネラルマネージャー)

小原崇志(釜石シーウェイブスRFC ゼネラルマネージャー)

小原崇志氏は語る 苦難を乗り越える鉄とラグビーの街

―― 7連覇していた頃の「新日鉄釜石」のイメージは。

小原 実績どおり強かったですけど、家族的な固い絆のチームだなと感じていました。

 私の出身地が、釜石の近くの北上市ということと、当時、明治大学ラグビー部の選手でしたので4年間釜石に合宿に来ていました。練習の後で食事をごちそうになるなどアットホームな雰囲気がありました。

 ただ、当時は地元の住民にとっても、新日鉄のラグビーチームというとらえ方で、地域と密接につながってはおらず、地元でも人気が出たのはだいたい4連覇した頃からだったでしょうか。

―― 2001年に、クラブチーム化されました。

小原 今まで企業の傘の下にいましたから、当然混乱したようです。製鉄所の外で働く選手もいますので練習時間の問題やプロ化の波が押し寄せたので契約の問題などが出てきました。今もまだ完全に解決したわけではないと思っています。

 地域との関係も変わりました。現在も新日鉄の支援がメーンですが、法人、個人のサポーター会員の獲得を積極的に展開しました。今も多くのサポートを受けています。

―― 3・11の震災がありました。

小原 釜石の街も甚大な被害を受けました。練習場のある松倉グラウンドは、内陸にあるので津波の被害がなく救援物資のヘリポートになっていました。ただ、親戚や友人を亡くした選手やスタッフもいましたし、被害を目の当たりにしますと、ラグビーどころじゃないと誰もが思ったようです。

 でも、住民の皆さんが口々に「ラグビーやってくれ」、「練習頑張ってくれ」って言ってくださるんですね、多くの人に言われたことで、5月くらいから練習を開始できました。

 住民の皆さんの言葉の背景には、「釜石はラグビーの街だ」という思いがあると思うんです。ですから、私たちが強くなることによって、住民のみなさんに自信を取り戻してもらう、元気を取り戻してもらう、その起爆剤になれればと思っています。

釜石シーウェイブスの応援にはいつも福来旗が舞う 写真:釜石シーウェイブスRFC

釜石シーウェイブスの応援にはいつも福来旗が舞う(写真:釜石シーウェイブスRFC)

小原崇志氏の思い W杯招致のために、大事なのは「強さ」

―― どのような地域貢献を。

小原 小学校から高校までのラグビー授業のお手伝いはもちろん、ラグビーに関係のない地域の清掃活動などにも積極的に参加しています。ニュージーランドの選手もいるんですが、彼らはボランティアの意識が高いですね。

 例えば、仮設住宅の引っ越しで、数名協力してくれませんか、というお願いがあると、すぐに「やります」と手を挙げてくれるんです。

 彼らのスポーツの原点を考えると地域のスポーツクラブなんですね。だから地域とのつながりを大事にする。日本は学校体育が基本ですからね。

 だから、われわれも、そのような地域に根付いたクラブを目指しています。クラブ化した時からシーウェイブスジュニアという組織をつくり、今では、その年代の子がトップチームに上がってきています。12年も続いたことで子どもの成長も見れますし、うれしいですね。

 企業チームも、隣の席に座っていたから応援できるのであって、お金だけでつながっていても仲間だとは思わないですからね。地域のクラブ化で一番大事なところは、地域で生まれ育った子が、大きくなって地元のクラブに入って活躍する。それが望ましい姿だと思っています。

―― 19年ラグビーW杯招致を目指しているそうですが。

小原 行政としても被災した釜石を再建するために、ワールドカップを起爆剤にしようと思っています。

 もちろん、私たちも積極的にかかわっていきますが、一番重要なのは私たちが強くなることです。強くなければメッセージも届きませんし、弱小チームが何を言ってもしょうがないんです。

 だから、強くなってトップリーグに昇格して活躍し、東北の釜石にこんなチームがあるんだと発信し続けていければと思っています。

 そして、被災した鵜住居(うのすまい)地区に競技場ができれば、そこを核に新しい街づくりをしていければと考えています。

 例えば、競技場に付帯して病院やスポーツジムなど、日常使える施設を提案しています。あそこに行けば、運動もできて、身体も診てもらえる。

「する人」、「見る人」、「応援する人」が一体になれる、そんな競技場にできればと思っています。

―― 最後に釜石にとってシーウェイブスとは何ですか。

小原 街のシンボルでしょうか。われわれの活躍が「釜石の元気!」だと思ってほしいです。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る