マネジメント

山本絹子

山本絹子(やまもと・きぬこ)
1979年関西大学文学部卒業。同年にテンポラリーセンター(現パソナ)入社。90年に取締役就任後、大阪営業本部担当、人事部長、営業総本部雇用開発本部長などを歴任し、商業施設の立ち上げや農業事業など多くの新規事業に携わる。2007年から現職。

パソナグループ山本専務の経歴と男女関係なく活躍できる環境

 

 専務といえば企業の中枢を担う役回りだ。たとえ現在多くの女性が活躍していても、人材ビジネスの分野でリードするパソナグループでその役職を担うまでには、苦労があっただろう、と先入観を持って話を切り出した。

 しかし、山本絹子氏から出る言葉は「女性が出産して職場に復帰することが当たり前」「涙々の苦労話はないのよ」と、暖簾に腕押し状態だった。男女関係なく活躍することが当たり前の環境ができる経緯は、山本氏の経歴からひもとくことができる。

 山本氏は、パソナグループの前身、テンポラリーセンターが設立して3年目に、新卒第1号として入社する。文学部卒、編集者になる夢を持っていた山本氏は、当初長く勤めるつもりはなかったという。

 しかし、人材派遣事業という当時まだ生まれたばかりの産業の中で創業したての会社には勢いがあった。営業としてスタートを切った山本氏は、いつしかこの産業と会社に魅力を感じるようになり、仕事を続ける決意をする。

 「どこに行っても事業の説明から始まり、営業に出れば出るほど、皆さんが興味を持ってくださった。雇用というのは、喫緊にはニーズがなくても半年〜1年の間には必ずニーズが出てきますので、足繁く通えば成果が出る時代でした。ものすごく、面白かったです」

 その後は、労働者派遣法ができるなど雇用にかかわる環境は大きく変わる。その中で同社も人材派遣事業だけでなく、雇用にかかわるインフラを作る事業を手掛け、山本氏も新事業を担当するようになる。

 1995年の阪神・淡路大震災時は関西地域の責任者として、神戸に雇用を生み出すための商業施設を開発。現在は兵庫県淡路島で農業をとおした地域活性、雇用創出事業を先導する。山本氏は、多くの活躍の場を手にすることができた理由をこう振り返る。

 「この会社は、私が若い頃から男女関係なく、その人がどんな能力を持っているかを、研修をとおして見てくれました。年齢、性別関係なく、自分の考えを言える会社風土があったので、役割を与えられることや成果を出すことに、それらが問題になることはありませんでした」

 「女性の管理職が多く登用されている企業」と評される同社だが、初めて女性をリーダーとして登用した時は、一度に5人を選出したという。

 「後になって南部(靖之同社代表)から聞きましたが、女性を1人だけを選んでも男性につぶされることがあるので、5人で切磋琢磨すれば根性のある人が残ると考えて選出したそうです。実際に苦境を一緒に乗り越えたメンバーは、スーパーマンでも超離れ業ができるわけではなく、あきらめないで頑張る、粘り強い人ばかりです」

 

5人の女性リーダー選出とパソナグループの評価

 

 一方でこのような登用の仕方は時として「女性優遇」と見なされる場合がある。山本氏を含め、5人が一度に選出されたことに疑問の声もあったと思うとしながらも、こう付け加えた。

 「女性にも力があると証明するためには、リーダーをつくって見せる時期が必要なのだと思います。実際にその女性に力があり、その一時を抜ければ、そこからはそれが『普通』になる。そのためには、ある一定期間が必要かもしれません」

 山本氏がこの期間を順風満帆に過ごしたわけではない。神戸の商業施設開設の新規事業においては、これまでと全く分野が異なる業態に一からチャレンジしなければならず、苦戦した時期もあった。

 「つらいばかりだと人間は生きられないので、世間から見たら50点でも、私の中の100点満点を設定してきました。苦しい時は『そんな日もあるさ』と思い、休まない、失敗してもフォローするといった基本的なことを誠実にやってきました」

 こうして山本氏らが女性の力を証明する期間を乗り越え、パソナグループは「男女関係なく活躍できる企業」の評価を得るに至る。

 そこには山本氏らの踏ん張りのみならず、かじ取り役であるトップのリーダーシップや男女関係ない登用の仕組みなど制度が存在したからこそ完成されたはずだ。同様の企業風土をつくるにはそれに相当する要素が必要かもしれない。しかし、雇用問題に長くかかわってきた山本氏は、今後の状況は変わると最後に語った。

 「これからは社会が変化します。男女関係なく人口が減り、人材の重要性を誰もが実感するはず。企業は社員の健康があってはじめて機能します。子育てだけでなく介護などの課題を抱える社員を、企業が支えなければいけません。結果的に、制度は人間に合うものに変わり、男女関係なく活躍の場が増える、そんな時代になると思います」

(文=本誌・長谷川愛 写真=佐々木伸)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る