テクノロジー

「金の卵発掘プロジェクト」とは将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスプランコンテスト。本連載では2013年の選考会で審査委員特別賞を受賞した企業について紹介していく。
「金の卵発掘プロジェクト」フェイスブックページはこちら

木村光希

木村光希(きむら・こうき)
1988年9月北海道札幌市生まれ。2011年札幌大学経営学部卒業、同年NK北海道入社。12年Noyukに移籍、13年株式会社おくりびとアカデミー設立、代表取締役となる。同年一般社団法人日本納棺士技能協会設立、代表理事となる。

技量を備えた人員に「納棺士」の称号を

 おくりびとアカデミーは2013年6月に創設し、同年10月より納棺士コースの受講生を迎え入れました。半年間のコースで、第1期生は既に卒業し、現場で活躍しています。現在は10代から50代までの生徒計6人が学び、9月の卒業に向けて努力しています。

 日本初の納棺士育成学校として徐々に認知度も上がり、資料請求や学校見学、取材等も増えています。通常の夜間コースに加え、短期間の昼間コースも随時開催し、遠方から学びに来られる方々にもご好評を頂いています。

 納棺の儀を行う納棺士の多くは葬儀会社のスタッフではなく、納棺の専門事業者に所属しています。いわゆる外注先として活動していることが多いのです。しかし、納棺士の定義は定まっておらず、資格制度も存在していません。

納棺の儀は真剣勝負

納棺の儀は真剣勝負。故人に思いを馳せながら精いっぱい務めます

 私は大切な故人との別れの場を任される人員の技量があいまいであるという事実に、非常に大きな疑問を感じていました。おくりびとアカデミーでは、一般社団法人日本納棺士技能協会を立ち上げ、納棺士の資格認定を独自に行うこととしました。一般的には「納棺師」と表記されることが多いのですが、あえて「納棺士」という表記を使っています。一定水準以上の技量を備えた人員に「納棺士」の称号を与えるとともに、新たな技術の伝授や心の在りようについても継続的に教育を行っていきます。いずれは納棺士のネットワークを全国規模で創出し、ご遺体処置のプロフェッショナルである納棺士の地位的向上も同時に図っていきたいと考えています。「納棺士」が公的な資格として認定されることが目標です。

介護・看護業界との連携を強化

 葬儀にかかわる者にとって重要な変革のひとつに、介護・看護業界との連携が挙げられます。現状では、「生かそう」とする介護・看護業界から、死を迎えた瞬間に葬祭業者へと担当が替わってしまいます。介護・看護業界の方は、自分が精いっぱいお世話をさせていただいた方が死を迎えた瞬間に、あっけなく自分たちの手を離れることに、寂しさや虚無感を感じられていることが多いことが分かりました。

 もちろん葬儀自体はプロである葬祭業者や宗教者のもとで行われるべきです。しかし、最期までお世話をしてくださっていた介護・看護の方々が、亡くなられた方の最期の旅立ちのお手伝いをしてくれるなら、ご遺族の心のケアにもつながるのではないでしょうか。

 われわれはこうした考えに基づき、アカデミーの校長に訪問看護会社を経営している人員を迎え、同時に信頼できる介護施設の経営者とも連携を築いています。また、葬儀を「最期のおもてなし」ととらえ、三越の伝説の外商マンとして永らく活動をされた伊吹晶夫氏をアドバイザーとして迎え入れ、ホスピタリティーの在り方も追求しております。

アジア最大の葬儀博覧会

納棺の儀を広く伝達することも自分の使命。アジア最大の葬儀博覧会にゲストとして招致されました

 私は海外で葬祭関連の博覧会やシンポジウムの場で、納棺の儀を披露させていただくことがありますが、反響は思いの外大きく、納棺の技術や作法、所作を取り入れたいという声を数多く頂きます。日本で培われた技術や作法が異文化の中に広がり、浸透していく。大きな責任を感じています。

 新しい活動としては、実際に納棺の儀を執り行う納棺事業の部署を立ち上げました。映画「おくりびと」のような納棺の儀を実践するとともに、卒業生の就職先としての役割も担っていきます。金の卵発掘プロジェクトでの審査委員特別賞受賞を期に、多くの方々からご支援をいただけるようになりました。今後も初心を忘れず、事業の発展と継続に尽力してまいります。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る