テクノロジー

 ここに来てO2O向けのさまざまなサービスのトライアルが行われている。その中でも、凸版印刷は、リアルとネットの両方の知見を生かしたソリューションを展開。「リアルいいね!」をはじめ、O2Oを使った新しい社会インフラを提案し、O2Oの普及を進めている。

 

名塚一郎 (凸版印刷 ITソリューション本部 IT戦略本部 課長)

名塚一郎
(凸版印刷 ITソリューション本部
IT戦略本部 課長)

凸版印刷のO2Oサービス ①SNSを可視化する「リアルいいね!」を提供

 

 O2Oはリアルとネットとの融合を図るものであるが、凸版印刷は、リアルの店舗作り、ネットの仕掛けの両方の知見・技術を有する強みがある。

 リアル側では従来から店頭でのPOPや什器、ポスターを手掛けており、またネット側ではEコマースサイト構築やICタグソリューションを展開している。

 また、今のO2Oにつながるソリューションとして、以前から電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」を手掛けるほか、マストバイキャンペーンにつながるウェブキャンペーンの仕組みを提供してきた。このため、O2Oに対する凸版印刷のスタンスは、自社の持つ豊富なシーズをいかに展開していくかというもの。

 同社のITソリューション本部 IT戦略本部 課長の名塚一郎氏は次のように語る。

「新しいO2Oという技術でイノベーションが生まれる領域に向けて、技術が先にある形でわれわれはO2Oに取り組んでいます。ソリューションは基本的にニーズとシーズが組み合わさった形でやるものですが、その第一歩を技術のほうからアプローチしています」

 こうした流れの中で同社がいち早く提供したO2Oの取り組みが、「リアルいいね!」だ。

 「リアルいいね!」のソリューションは近距離無線通信技術のNFCを活用し、Facebookと連動する。

 まず店舗にリーダーライター端末を置き、顧客にはICタグを内蔵したデバイス、例えばリストバンドを配る。

 そして店内のイベントにおいて、あるタイミングで、そのリストバンドをリーダーライターにかざすと「いいね!」ができる。

 最初は化粧品会社のREVLONのイベントで導入。イベントの来場者に赤いリストバンドを配り、顧客に化粧品を試してもらい、良かったと思った時にいいね!をしてもらうようにした。いいね!をした人のFacebookのウォールには詳しい製品情報が書き込まれる仕組みになっていた。

 「Facebookの特徴として、直ちに情報が伝達するところがあり、その拡散効果がポイントです。通常のイベントでは参加している人しか情報が届きませんが、REVLONの例では685回のタッチ数で22万人に拡散しました」と名塚氏はその効果を語った。

 REVLON以外の事例として、アパレル系では、店員のコーディネートが良かったら、店員とハイタッチをしてリアルいいね!をするGAPの事例がある。また、アーティストのアイコニックの写真展で、気に入った写真にタッチしてその場でいいね!をする。

 そのほかには東京マラソン財団のファンイベントで、ゴールした瞬間にタッチすると公認の完走証が流れてくる事例もある。

 さらに、凸版印刷は、いいね!数を店頭で表示する「いいね!カウンター」を開発。昨年11月に無印良品で実施したイベントは、コーディネートを10種類用意し、いいね!数をマネキンに表示させた。

 この結果、売り上げは前年比で3割以上増え、SNSの拡散も500万人にリーチし、オンラインとオフラインの両方とも良い効果を上げたという。

 昨年だけで「リアルいいね!」などの関連サービスで約30件導入している。

 名塚氏は「リアルいいね!」とほかのO2Oサービスとの違いを次のように語る。

 「通常O2Oでやっているものはクーポンやチラシなど、今あるものをデジタルに置き換えているものが多いです。一方、リアルいいね!はネットのサービスがリアルに進出してきているという別のアプローチです。O2Oはネットとリアルの融合の過渡期の言葉で、リアルのものがネット化し、ネットのものがリアルに進出してくる状況があります。リアルいいね!は、ネットのソーシャルメディアがリアルに移って可視化するものです。今までのクーポンなどお得感や便利さが別の手段に変わると思います。リアルいいね!は、ソーシャルメディアの楽しさをリアルで体験することで、新しい価値を提供しています」

 

凸版印刷のO2Oサービス ②ICタグによる情報配信

 

 現状で「リアルいいね!」は期間限定のキャンペーンだが、恒常的な取り組みも進めている。

 O2Oの現状を名塚氏は次のようにとらえている。

 「O2Oはまだ技術が先行し過ぎていて、『O2Oでこのように便利になる』という啓蒙的なことができていないと思っています。今後はいろいろなキャンペーンやサポートをとおして、新しいインフラを皆さんに使っていただけるような形にしていきたいと思います」

 そうした取り組みの1つが、サイバーエージェントとシブヤテレビジョンと共同で行っている「Shibuya Clickable Project」だ。

 渋谷駅周辺の商店街の街路灯にICタグ内蔵シールを設置。渋谷を訪れた人がNFC内蔵スマホを街路灯のICタグ内蔵シールにかざすと、近隣店舗でのイベントなど、その場、その時に適した限定の情報やサービスがスマホに配信されるというもの。常設型のインフラで、渋谷の街で位置情報に基づいた地域情報を提供することで地域活性化につなげるという。

 ICタグ内蔵シールは、6月のスタート時に公園通り商店街の街路灯に設置し、順次、道玄坂、宮益坂、その他の渋谷エリア内の街路灯に設置していく計画。凸版印刷はインフラとして、ICタグ内蔵シールとNFC搭載スマホ向けコンテンツ配信サービス「Cylsee(シルシー)」を提供する。

 凸版印刷では、今後もこうした新しいインフラの提案をはじめ、O2O関連のソリューションの提供を継続していく構えだ。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る