政治・経済

スパリゾートハワイアンズ

本場に劣らぬフラダンス、ポリネシアンショーが誘客を支える(スパリゾートハワイアンズ)

ハワイアンズ 大震災で1年近く休館、再開後2年で復旧複配

 東日本大震災から3年余り、施設が深刻な打撃を受けた福島県いわき市のテーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」が復活軌道を走っている。2013年度の日帰り客が150万7千人と5年ぶりに大台を突破し、14年3月は17万人超と単月で最高記録を更新した。フラガールの多彩な活動、集客増を狙う巧みな販促活動が奏功したものだが、開業50周年を迎えて地域全体に賑わいをもたらす本格復興への正念場を迎える。

 スパリゾートハワイアンズの中核がヤシの木が茂る常夏のドーム型施設・ウォーターパークだ。その一角にあるビーチシアターで午後1時半、昼のショーが始まった。

 頭と首、手足にレイを着け、色とりどりのスカートに身を包んだ女性たちが軽快なリズムでフラダンスを踊ったかと思うと、陽気なリズムに乗って群舞するサモア・ダンス、男性ダンサーによる火の踊りが登場する。昼のショーで披露されるのは16曲ほどだ。

 5人から10人ほどの女性チームが舞台に登場するたびに、観客は声を出したり踊ったりして楽しむ。打楽器や弦楽器が鳴り響く中で、激しく腰を振るオテアが始まると、観客は一気に興奮し「アロハ!」を連発していた。

 ここの施設は11年3月の大震災と1カ月後のいわき直下型地震で、甚大な打撃を受けた。運営する常磐興産の営業企画スタッフによると、大プールは底に亀裂が生じ、ショーのステージや温浴施設も損壊、主要施設が1年近くも休館に追い込まれた。

 12年2月にやっと営業を全面再開したものの、12年3月期は宿泊客が何と8万5千人、日帰り客も37万人に落ち込み、レジャー部門は12億円の営業赤字に陥ってしまった。先行きが心配されたが、2年後の14年3月期には見事に復活、宿泊客は年間で45万9千人、日帰り客は同150万7千人と社史に残るような好成績を達成した。

 営業企画グループの猪狩光訓マネージャーによると、同期のレジャー部門の売上高は前期比12・1%増の130億円、営業利益は同23・5%増の22億円を確保し、4期ぶりの復配に大きく貢献した。

ハワイアンズ休館中にハード大改装とフラガールの慰問活動

 常磐興産の斎藤一彦会長は「営業再開の際、3年で元のレベルに戻そうと社員にハッパをかけた。数としては2年で何とか復旧できた」と心境を語る。なぜ予想より1年も早く復活させることができたのだろうか。その点を探ると、4つの要因が浮かび上がる。

 第1は施設の魅力を高める対策を休館中に講じたことだ。新ホテル「モノリスタワー」の開業に加え、既存ホテルの客室改装、大プールの修復と改良、ショー・ステージの3割拡張など、ハード面での大規模なリニューアル作戦を100億円掛けて実施した。

 ショーの中身も組み換え、照明と演出をレベルアップして楽しさあふれる内容に変えた。フラガール作詞のオリジナル曲を新たにショーに盛り込むと、口コミで評判を呼び、入場者の拡大に結び付いた。

 第2はフラガールの多彩な活動である。一例が、震災地や避難所をフラガールが慰問する「全国きずなキャンペーン」だ。訪問地は全国で125カ所、公演数が145回にも及び、ハワイアンズの認知向上にかなり成功した。

 13年5月からは、フラガールが全国の小学校を訪れて被災地の体験談を伝える出前授業(「フラガールきずなスクール」)を開始、子どもたちの話題をさらった。

 第3はファミリー層を狙ったマーケティング戦略だ。テレビCMの強化や施設内での機動的なイベントの連発はもちろんのこと、感謝セールや無料送迎バスの拡充強化が入場客を増やしている。無料バスは現在、9路線となり、「首都圏から年15万人の顧客を運ぶ。リピーターも増えている」と斎藤会長は強調する。

 そして、第4が復興支援消費の存在だ。被災地の復興を支援しようと、全国から来る団体客が想定を上回るレベルで続いている。「土産を買い、飲食もしてくれるので、地域は元気になれる」(斎藤会長)。

 ただ、復興支援消費はいつまでも続くわけではない。減少した子ども客を回復させ、リピーターのさらなる拡大や外国人客の新規獲得など、新たな対策が急務だ。そこを見越して、常磐興産は14年度に「オールニッポン感謝祭」と呼ぶキャンペーンを実施、集客増につなげる戦略に出る。

 15年には大きなイベントがある。いわき市での太平洋島サミットと福島県内での観光企画「デスティネーション」がそれだ。同じ年に開業50周年を迎える常磐興産にとって、質量兼ね備えた本格復興への跳躍台に活用できるか否か、まさに正念場と言える。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る