国際

深刻な不振に陥った中国株式市場

 

 世界の株式相場が史上最高値を更新する一方で、中国株市場の不振が顕著だ。

 世界の株式相場上昇の理由は、(1)米国を中心に世界経済が順調に成長している、(2)ユーロ危機が終息した、(3)主要先進国ではゼロ金利が続く、などが挙げられる。これらの要因が、当面、大きく変化するとは考えにくいため、世界の株式相場の上昇基調に大きな変化はあるまい。

 そんな中、日本と中国の株価は、史上最高値よりもはるかに低い水準にある。日本の株価のピークは、バブルのピークである1989年12月だったので、それからまもなく四半世紀が過ぎようとしている。

 アベノミクス相場で日本株は大きく上昇したが、それでも、現在の株価はピークの半分以下の水準にとどまる。中国も日本と同じ道をたどるのだろうか。

 2000年から09年にかけて、新興国株式市場は、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)を中心に、大きく上昇した。MSCI新興国株価指数は164%拡大し、MSCI先進国株価指数の8%下落を大きく上回った。

 その中でも、ブラジルは496%、インド300%、ロシア299%、中国152%上昇と、BRICsは世界の中でも好調だった。

 ところが、10年代に入って、景色は一変した。

 新興国株式市場は不振に陥り、リーマンショックの発信源である米国、ユーロ危機の発信源である欧州と比較しても、大きく出遅れている。

 10年から14年5月末までに、MSCI新興国株価指数は25%上昇にとどまり、米国の90%上昇、欧州の47%上昇と比較すると不振だ(MSCI先進国株価指数は65%上昇)。

 その中でも、中国は6%上昇にとどまる。07年の中国株の高値を100とすると、今年5月末は69にすぎない(同じく、米国は144、欧州は110、日本は75)。このように、10年代に入って、中国株の不振は深刻だ。

 

中国の地位の変化が株価に影響を与える

 

 株価低迷の要因は、第1に、中国経済の成長の減速だ。

 中国の経済成長率は、ピークである07年に14・2%に達した。ところが、15年には7・0%に低下の見込み。その最大の原因は、経常黒字の減少だ。中国の経常黒字対GDP比は、07年の10・1%から15年には1・5%へと大幅に低下する見とおしだ。

 経常黒字急減の理由としては、(1)人民元の上昇、(2)世界経済不振の長期化による輸出の不振、(3)内需の好調による輸入拡大、などがある。

 しかし、より構造的には、「世界の工場としての中国の地位は終わった」ということなのではないか。10年代に入って、中国は、発展途上国から中進国へシフトしつつある。中国の1人当たりGDP(14年IMF予想)は7138ドルと、ベトナムの2064ドル、インドの1389ドル、ミャンマーの980ドルを大きく上回る。これでは、中国の安い賃金を使って、先進国に安い商品を輸出するビジネスモデルが成り立たない。必然的に、外国企業の設備投資は東南アジアやインドにシフトせざるを得ない。

 さらに、反日暴動の顕在化リスクが挙げられる。12年の反日暴動勃発以降、日中関係が悪化し、安倍政権でも修復の兆しが見られない。

 中国は、ウイグル、チベットなどの地域紛争、貧富の格差、汚職などの深刻な国内問題を抱えている。このため、中国政府は、国内の不満を外に向けるため、尖閣諸島、南沙諸島などで挑発的な行動を繰り返している。日中関係の修復の兆しが見られない以上、日本から中国への投資は鈍化する。

 株価長期低迷の要因は、第2に、典型的な新興国型産業構成だ。中国の株式市場の業種別時価総額構成比で最も大きいのは、金融の36%、続いてエネルギーの11%、通信技術の11%だ。

 つまり、これら3業種で市場全体の58%も占める。時価総額の大きい上場企業の多くは、国営企業が民営化されたものであり、経営者の多くは中国共産党員だ。中国では、かつての日本のソニーやホンダに相当する大型企業は見当たらない。グローバル時代に、世界に通用する会社が少ないのでは、株価の大きな回復は期待しづらい。

 

中国の株価上昇の鍵は金融システム整備と日本との関係修復

 

 それでは、中国株の本格上昇の条件は何か。第1に、金融システムの整備だ。中国の最大のリスクは、理財問題に代表される金融問題だ。金融制度をオープンにし、かつ先進国並みに整備することが、不良債権問題の早期解決につながるだろう。これにより、時価総額が最も大きい銀行株の上昇が期待できる。日本は、大型金融危機を何度も経験しただけに、金融システム整備のノウハウが豊富だ。金融庁、日銀を中心に、中国の金融システム整備に積極的に協力することが期待される。

 第2に、日本との関係修復だ。これにより、中国は日本企業の投資を誘致し、技術の移転が促進されよう。また、日本企業が中国市場の開拓を行うことによって、中国の消費、サービス市場の発展に寄与できることだろう。これは、双方の経済に大きなメリットがある。

 結論として、日中関係が本格的に改善し、経済交流が活発化すれば、日本、中国双方の経済、そして、株式市場に大きな恩恵があると考えられる。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る