マネジメント

森 正文・一休社長プロフィール

森 正文・一休社長

森 正文(もり・まさぶみ)1962年東京都生まれ。上智大学法学部卒業後、日本生命に入社。リーマン・ブラザーズに投資顧問として派遣され、融資・審査部に所属。98年日本生命を退社後、株式会社一休を設立し、代表取締役社長に就任。2000年に高級ホテル・高級旅館宿泊予約サイト「一休.com」を立ち上げ、14年3月期には会員数346万人まで成長させる。

 

森 正文・一休社長が〝商売の神様〟から学ぶこと

 

 自分のペースに他人を巻き込む圧倒的なパワー。森正文・一休社長の強みはそこにある。だからこそ、伊藤雅俊氏(イトーヨーカドー創業者)、柳井正氏(ファーストリテイリング会長)といった著名な経営者から知遇を得ることができたのだろう。

 伊藤氏と森氏の出会いは、ちょうど一休が東証マザーズへの上場を控えた1週間前。2005年7月のことだ。若手経営者とインターネットの分野に興味を持っていた伊藤氏が、森氏に面会を求めたのがきっかけだ。

 最初の面会は、和やかな雰囲気からはほど遠かった。伊藤氏から上場する理由を聞かれて、「パブリックな存在になることで社会的信用性を得たい」と返したところ、「無借金経営なのに上場する必要はない」と言われた。

 その他の部分でも意見がかみ合わず、森氏が部屋を出ていこうとしたところ、呼び止められ、椅子に掛け直すよう促された。「まるで映画のワンシーンみたいでした」と森氏は笑う。

 それからは、元気の出るさまざまな言葉を伊藤氏からもらったという。

 「伊藤さんから、『君の会社は倒産しないよ』と言われたんです。理由を聞いたら、『上場前後の経営者の多くは自分がいかに頑張ったかを話すけれど、君の場合は一緒にやってくれた社員や顧客のお陰と言って、一言も自分という言葉が出なかったから大丈夫だよ』と言われました。商売の神様と呼ばれる人から、何たるありがたい言葉だろうと思いましたね」

森 正文 このほかにも、高級ホテルの宿泊予約を手掛けることで価格競争に陥らないことや、インターネットの世界で先行した優位性など、一休のビジネスモデルに伊藤氏は太鼓判を押した。

 「それで、友達になろうと言われて食事に行きました(笑)。以来9年間、2カ月おきに伊藤さんとの会合は継続しています」

 伊藤氏からは、いまだによく叱られるという。会食した翌日の早朝、会社からお礼の電話をかけたところ、なぜ、ホテルに営業に行かずに自分のオフィスにいるのかとたしなめられたこともある。

 「30分ほど電話で怒られましてね。まぁ、確かにホテルは営業しているけど、朝8時から行っても仕方ないでしょとも思いましたが……。友達になろうと言ったのは向こうからなのに、いまだにしょっちゅう怒られるんですよ(笑)」

 〝商売の神様〟の謙虚な姿勢にも驚くと森氏は言う。「レストランで食事していても、従業員などに対して本当に腰が低いし、人間は信用が一番大事だと常々仰っていますが、そういう態度を背中で感じます。本人は『俺は商人だから誰にでも頭を下げる』と言っていますけどね」

 

森 正文・一休社長のもう1人の師匠

 

 もう1人、森氏が定期的に教えを仰ぐのが柳井正氏だ。同氏との関係性は、伊藤氏の場合とは多少異なる。

 「柳井さんはスーパーストイックですご過ぎるというか、師匠というには僕とはあまりにも生き方や性格が違い過ぎます。卓越したスタープレーヤーみたいな存在。会うのはゴルフをする時ぐらいですが、ゴルフ場でも柳井さんとはずっと仕事の話をしています」

 森氏によると、柳井氏が息を抜くのはゴルフと読書ぐらい。柳井氏が東京進出した当時、「自分より一生懸命やっている社長なんて1人もいない」と感じ、会食などを減らして本を毎日1冊読む努力をしたというエピソードを聞いて驚愕したという。

 最近、柳井氏に言われたことで印象に残っているのは「自分たちは、世の中に役立つものをこれからも作り続けなければいけない」という言葉。メディアに登場するときなどは、冷徹な経営者のイメージが強い柳井氏だが、こうした部分に同氏の進化を感じているともいう。

 「私がある時『会社が倒産する夢をみて夜中にパッと目覚めることがある』と柳井さんに言ったんです。そうしたら、『ずっと成功し続ける人なんていないからその恐怖を成長へのエネルギーに変えなさい』と。創業者だけが持つ特有の恐怖を乗り越えてきた人の言葉だけに含蓄がありました。

 ただ、彼らに共通しているのは、当たり前ですが、強烈に仕事が好きということです。こちらも一生懸命に彼らの真面目さや真摯さから何かを学ぼうとしたから、共感し合えたんじゃないかと思いますね」

 

伊藤氏(前列左)、亀崎氏(同右)、寺澤氏(後列左)

森氏が「家庭教師」と呼ぶ伊藤氏(前列左)、亀崎氏(同右)、寺澤氏(後列左)

森正文社長が多くの師匠に恵まれる理由

 

 経営者がメンターを持つ意義について、森氏はこう言う。

 「人によっても違いますが、経営者はみんな孤独だから、師匠はいたほうがいいとは思います。特に創業者の場合は大企業の社長とは違うし、不安や孤独を解消するためにも同じ経営者の師を持つ意味はあると思います」

 とはいえ、誰もが素晴らしい師匠を持つ機会に恵まれるわけではない。森氏の場合は、冒頭に述べたように全身からみなぎるパワー、そして思ったことを素直にぶつける姿勢が、偉大な先輩たちに受け入れられた。

 「稲盛和夫さんを偶然見掛けた時も、ものすごいスピードで近寄って行って自己紹介したりしました。でも、誰に対しても宗教みたいにどっぷり信奉するのとは違います。本当に関心のあることを質問して、その結果バカにされてもいいかなと。自分を飾らず臆さず正面からぶつかっていけば、少なくとも相手の真剣度が増すので、最終的には良い関係を築けます」

 教えを乞うのは有名経営者だけではない。森氏が伊藤氏と共に「僕の家庭教師」と呼ぶのが、社外取締役の寺澤則忠氏と亀崎英敏氏。寺澤氏は日本政策投銀行出身で、森氏の父親の元部下にあたる。亀崎氏は、森氏が就職活動で三菱商事を訪問した時、面接官を務めていたという不思議な縁だ。

 森氏が多くの師匠に恵まれるのは、尊敬できる人から常に何でも吸収しようとする謙虚さと、それをストレートに表現する屈託のなさによるのだろう。

(文=本誌編集長・吉田浩 写真=森モーリー鷹博)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る