広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

宿泊のネット販売で 日本の宿の魅力を発信する --森 正文(一休社長)

森 正文氏(一休社長)

森 正文(一休社長)

森 正文(一休社長)

業績絶好調の一休

 国内の宿泊予約サイトと言えば、「楽天トラベル」(楽天トラベル)、「じゃらんnet」(リクルートライフスタイル)、「一休.com」(一休)の3大サイトが中心だった。海外で急成長した「エクスペディア」(エクスペディア・ジャパン)が今年に入って攻勢を強めているが、一休の2012年度(12年4月~13年3月)決算は絶好調。純利益は前期比109・4%増の10億1400万円で過去最高益。営業利益は同58・8%増の16億2600万円、経常利益は同57・5%増の17億700万円だった。

「09年度から断行したシステム大改修、テレビCM、新サイト開設などの先行投資により、連続減益となっていましたが、10年度を底に反転。過去の投資を生かして増益基調にあります。このトレンドは今後も続くと思います」

 森社長はそう言い切る。収益の柱である一休.comと一休.comビジネスが共に好調で、「旅館の伸びがホテルの伸びを上回っている。宿泊のネット販売にはまだ伸びしろがある」という。

箱根・翠松園

箱根・翠松園

森正文・一休社長が大切にする「御用聞き」の心

 森氏が高級ホテルの予約を仲介する一休を立ち上げたのは01年。創業から13年で、会員数は300万人を超えた。全国のホテルや旅館を飛び回り、悩みや要望を聞いて、事業のヒントを得てきた。

 団体客のキャンセルなどで空いた部屋を格安な料金で提供するサービス、ホテルのレストランの稼働率を上げるための高級レストラン予約代行など、サービスの多くは施設の悩みを解消するために生まれたもの。いわば「御用聞き」の心を大切にしている。

 サービス産業生産性協議会が発表した「JCSI」(日本版顧客満足度指数)によると、旅行部門では一休.comが11、12年と2年連続満足度1位に選ばれている。一休.comの運営するウェブマガジン「Viaggio(ビアッジオ・旅に出ること)」には、昨年リオープンし話題となった「東京ステーションホテル」や「パレスホテル東京」、伝統あるリゾートホテルの「志摩観光ホテル」、また一休.comだけで予約できる「Tobeオーベルージュリゾート」など、一度は泊まってみたい日本の高級施設がずらりと並ぶ。

中伊豆・雲風々

中伊豆・雲風々

「高級旅館には日本の最高のおもてなしが凝縮されていると思います。日本の食事は、今やフレンチにしてもイタリアン、中華にしても世界最高レベル。時代が変わっても、年代を問わず国籍も問わず、安らぎと居心地の良さを与えてくれる」

 日本の宿の魅力を発信し続ける一休の取り組みは続く。

 

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る