いいお・けいすけ ──1975年千葉県生まれ。99年トーハン入社。2006年ディー・エヌ・エー入社。10年10月、みんなのウェディング設立、代表取締役社長に就任(現任)。14年3月東証マザーズに上場。

いいお・けいすけ ──1975年千葉県生まれ。99年トーハン入社。2006年ディー・エヌ・エー入社。10年10月、みんなのウェディング設立、代表取締役社長に就任(現任)。14年3月東証マザーズに上場。

 「結婚式を生涯最良の思い出に、という花嫁・花婿の願いを叶えたい」と語るみんなのウェディング社長の飯尾慶介氏。ディー・エヌ・エーの新規事業としてスタートし、2010年分社化した同社は、結婚式場の口コミサイトとして急成長している。

 ウェブサイト「みんなのウェディング」では、先輩花嫁の300文字以上におよぶ本音の口コミと実際の費用明細書を掲載する。事実に基づくものであればあえてネガティブな口コミもオープンにするが、式場側からの返信機能により改善に取り組む姿勢をアピールすることが可能になっている。

 「結婚式では、どうしてもハプニングが起きてしまうことがあります。そうした事態にどのように対応したか、また今後の課題としてどう改善していくかが見えれば、ユーザーは安心して式場を選ぶことができます」

 さらに、こうした口コミを独自に分析したデータを式場に提供、サービス向上に役立つものとして式場側からも好評を得ており、同サイトに有料で情報を掲載する式場は約1400件に達している。

 また、同社は年間の婚姻件数66万組の約半数に上るという、結婚式を挙げていない「ナシ婚」層をターゲットに、新たな巨大市場の開拓を目指している。経済的理由で結婚式を挙げていないカップルには「ふたりのウェディング」、授かり婚でタイミングを逃した夫婦には、子どもと一緒に挙式可能な「みんなのファミリーウェディング」、さらに通常のセレモニーに価値を見いだせない層には、完全オーダーメードの式を実現する「Brideal(ブライディール)」と、相次いでサービスを拡充している。

 「今後はウェディング業界にこだわらず、これまで培ったノウハウをもとに新たな領域にチャレンジしたいですね」

2014年3月、東証マザーズに上場。さらなる飛躍を目指す

2014年3月、東証マザーズに上場。さらなる飛躍を目指す

 本音の口コミを武器に、ユーザーのニーズをつかむ幅広いサービスを展開していく。

 

 

 

 

 

 

 

ページ:

1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年4月号
[特集]
2025年の未来予想図

  • ・[自動車]自動運転とシェアリングが変える自動車の定義
  • ・[バイオエネルギー]2020年の実用化を目指すバイオジェット燃料
  • ・[スマートシティー]IoT益田同盟が進めるスマートシティーの実証実験
  • ・[スポーツ]eスポーツ元年を迎える日本 プロ化で裾野拡大に期待
  • ・ドラスティックな変化の中で「本質」をどうとらえるか(落合陽一)

[Special Interview]

 長尾 裕(ヤマト運輸社長)

 ヤマト運輸が見据える構造改革の向こう側

[NEWS REPORT]

◆2018年新社長のトレンドは傍流子会社の社長経験者

◆ソニー平井社長が退任 最高益達成を機に吉田副社長へ禅譲

◆今秋開業の「日本橋高島屋S.C.」は、高島屋が掲げる「まちづくり戦略」の試金石!?

◆CES2018レポート 家電見本市からの脱皮が加速

[トップインタビュー]

 亀井忠夫(日建設計社長)

 卓越した技術と新たな都市計画 普遍的な魅力を持つ空間をつくる

ページ上部へ戻る