いいお・けいすけ ──1975年千葉県生まれ。99年トーハン入社。2006年ディー・エヌ・エー入社。10年10月、みんなのウェディング設立、代表取締役社長に就任(現任)。14年3月東証マザーズに上場。

いいお・けいすけ ──1975年千葉県生まれ。99年トーハン入社。2006年ディー・エヌ・エー入社。10年10月、みんなのウェディング設立、代表取締役社長に就任(現任)。14年3月東証マザーズに上場。

 「結婚式を生涯最良の思い出に、という花嫁・花婿の願いを叶えたい」と語るみんなのウェディング社長の飯尾慶介氏。ディー・エヌ・エーの新規事業としてスタートし、2010年分社化した同社は、結婚式場の口コミサイトとして急成長している。

 ウェブサイト「みんなのウェディング」では、先輩花嫁の300文字以上におよぶ本音の口コミと実際の費用明細書を掲載する。事実に基づくものであればあえてネガティブな口コミもオープンにするが、式場側からの返信機能により改善に取り組む姿勢をアピールすることが可能になっている。

 「結婚式では、どうしてもハプニングが起きてしまうことがあります。そうした事態にどのように対応したか、また今後の課題としてどう改善していくかが見えれば、ユーザーは安心して式場を選ぶことができます」

 さらに、こうした口コミを独自に分析したデータを式場に提供、サービス向上に役立つものとして式場側からも好評を得ており、同サイトに有料で情報を掲載する式場は約1400件に達している。

 また、同社は年間の婚姻件数66万組の約半数に上るという、結婚式を挙げていない「ナシ婚」層をターゲットに、新たな巨大市場の開拓を目指している。経済的理由で結婚式を挙げていないカップルには「ふたりのウェディング」、授かり婚でタイミングを逃した夫婦には、子どもと一緒に挙式可能な「みんなのファミリーウェディング」、さらに通常のセレモニーに価値を見いだせない層には、完全オーダーメードの式を実現する「Brideal(ブライディール)」と、相次いでサービスを拡充している。

 「今後はウェディング業界にこだわらず、これまで培ったノウハウをもとに新たな領域にチャレンジしたいですね」

2014年3月、東証マザーズに上場。さらなる飛躍を目指す

2014年3月、東証マザーズに上場。さらなる飛躍を目指す

 本音の口コミを武器に、ユーザーのニーズをつかむ幅広いサービスを展開していく。

 

 

 

 

 

 

 

ページ:

1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る