1年次から就職を意識したカリキュラムを必修化

文科系4学部が学ぶ浦安キャンパス

文科系4学部が学ぶ浦安キャンパス

-- 志願者数はどのように推移しているのでしょうか。

安井 文科系の学部は景気や社会情勢に左右されやすいのが現実です。本学の場合、基礎として歯学部があり、ここの志願者は現在安定しています。文科系は苦戦した時期もありますが、ホスピタリティ・ツーリズム学部を中心に堅調に志願者が増えています。東京オリンピックの影響もあって、各学部とも志願者が増えることを期待しています。

-- 就職支援では、どのような取り組みをしていますか。

安井 キャリア支援としてはインターンシップを強化しています。それも1年次から始めており、1年次にインターンに参加すると、インターン先で社会の厳しい現実を突き付けられて、打ちのめされることもあるでしょうが、それでもいいのです。早く経験を積むことは大事なことで、そこで自分が問題にどう対応すべきか考えれば良いのです。

 将来の進路選択や就職に向けて充実した4年間を過ごすために、1年次から就職を意識させるカリキュラムを必修化しています。重要なのはモチベーションを高めることですが、不動産学部やホスピタリティ・ツーリズム学部は、学問の目的が明確なので、モチベーションは比較的上げやすいと思います。

外国語学部を中心に国際交流も活発に行われている

外国語学部を中心に国際交流も活発に行われている

-- グローバル人材育成に向けた取り組みは。

安井 短期留学、長期留学ともに、費用を大学が全額負担、あるいは一部負担する制度など、さまざまな仕組みがあります。長期留学するのは外国語学部の学生が中心ですが、短期留学は学部を問わず、毎年多くの学生が留学しています。一方で、外国人留学生も多数受け入れており、日本人学生との交流も活発に行っております。

 

 

 

 

ページ:
1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る