1934年に福岡高等商業学校として創立以来、80年の歴史を持つ福岡大学。9学部31学科、大学院10研究科34専攻を擁し、九州最多の2万人の学生を抱えている。地域大学の枠を超え、全国区の知名度と人脈を持つ。同大学理事長、鎌田迪貞氏に話を聞いた。 聞き手=本誌編集長・吉田 浩 写真=佐藤元樹

 九州最大の私立総合大学として80年の歴史

鎌田迪貞(かまた・みちさだ) 1958年京都大学卒業後、九州電力入社。97年同社社長、2003年会長、07年相談役。その間、九州経済連合会会長を歴任。10年から学校法人福岡大学理事長。

鎌田迪貞(かまた・みちさだ)
1958年京都大学卒業後、九州電力入社。97年同社社長、2003年会長、07年相談役。その間、九州経済連合会会長を歴任。10年から学校法人福岡大学理事長。

-- まず御校の特徴を聞かせてください。

鎌田 福岡高等商業学校時代から数えると80年の歴史を持つ九州地区最大の私立総合大学です。「思想堅実、穏健中正、質実剛健、積極進取」という建学の精神のもと、全人教育を推し進めています。9学部の中には、医学部、薬学部、スポーツ科学部があり、学部間の連携が活発な点も特徴の1つです。学生数は2万人、卒業生も約24万5千人を数え、九州の企業経営者(社長)の数でも本学の卒業生が2301人と他を圧倒しています。

-- 全人教育が基本理念にあるということですが。

鎌田 2014年6月の「企業の人事担当者が選ぶ大学ランキング」の対人力部門で本学が全国1位になりました。これはコミュニケーション能力、ストレス耐性、課外活動への積極性などの項目があり、特にコミュニケーション能力が高い評価を受けたようです。この背景には、全人教育の推進があると考えています。一例ですが、学生の人間的成長をサポートする「福大生ステップアッププログラム」を06年から実施しています。この中には、学生時代にどのように学び、どう社会で生きているかを卒業生から語ってもらうプログラムがあり、職業観はもとより豊かな人間性を養う貴重な機会になっています。

-- これだけの規模の大学で、キャンパスが1つということも特徴かと思います。

鎌田 総合大学ならではの学部学科を横断した学際的な科目も多く、自分の専門や専攻の知識の幅を広げることができます。例えば、共通教育科目の教養ゼミは、1クラス20人ほどの少人数で、さまざまな学部の学生が共に学んでいます。多様な意見や価値観をぶつけ合うことができ、こうした経験を通じて協調性や柔軟性も育まれていきます。

 「1パーソン1サークル」を掛け声に課外活動も積極的に奨励し、学生の自主的活動であるボランティアも盛んに行われています。そこでも対人力が育成されていると思います。

-- 昨年度から、新たにグローバル人材育成の推進に取り組まれていると聞いています。

鎌田 国や地域の特質、美徳を理解して、国際社会で活躍できる人材を育成しなければなりません。そこで、本学では、「グローバル・アクティブ・プログラム(GAP)」を実施しています。このプログラムでは、早い時期に異文化と触れ合うことを目的とした「アジア現地研修」や「グローバル・イングリッシュ(GE)」を設けています。今年度の「アジア現地研修」ではインドネシア、GEでは英オックスフォード大学をはじめアメリカ、カナダなど6カ国の有名大学での研修を予定しています。

 また、「海外インターンシップ制度」のもとで、昨年度はベトナムの日系企業8社に16人の学生を派遣しました。

立地と規模を生かして広く社会に貢献する

レーザーレーダーによる大気観測

レーザーレーダーによる大気観測

-- ほかに福岡大学ならではの取り組みはありますか。

鎌田 本学には9学部があり、各分野の多種多様な知的財産があります。これらを総合的に生かし最先端の研究を推進し、社会に貢献するために7つの基盤研究所と12の産学官連携研究所を設けています。その1つに「福岡から診る大気環境研究所」があります。今話題の微小粒子状物質(PM2・5)や黄砂の観測体制を強化して、大気組成変動と健康影響の実態解明に取り組んでいます。そのほか世界最薄の電源モジュールの開発に成功した「半導体実装研究所」や魅力ある都市空間の形成と新しい産業の創出に寄与する「都市空間情報行動研究所」など産学官連携を推進しています。14年3月に福岡市と包括連携協定を締結し、学生ベンチャーの創出やスロージョギングを中心にした運動による「健康まちづくり」など地域連携も強化しています。

-- 今後の展望として、長期ビジョンを策定したと聞いています。

鎌田 創立80周年を機に「福岡大学ビジョン2014-2023」を策定しました。これは、九州にある総合大学として今後のあるべき姿を示したもので、地域との絆を大切にし、時代、社会の要請に応じて貢献していくことを掲げています。

 本学創立75周年のスローガン「人をつくり、時代を拓く。」にあるように、これからも新たな時代を担う自発的で創造性豊かな人材を育成し、社会に大きく貢献していきます。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る