にしむら・みのる──1958年生まれ。81年大阪大学工学部卒業。大手化学メーカー、日本総合研究所上席主任研究員を経て2000年エンバイオ・ホールディングスに参画。08年社長就任(現任)。東京農工大学工学部非常勤講師も務める。

にしむら・みのる──1958年生まれ。81年大阪大学工学部卒業。大手化学メーカー、日本総合研究所上席主任研究員を経て2000年エンバイオ・ホールディングスに参画。08年社長就任(現任)。東京農工大学工学部非常勤講師も務める。

日本の土壌汚染対策は遅れている

 「日本の環境技術は世界一だと思っていましたが、土壌、地下水汚染の分野については全くそうではありませんでした」と語るのは、土壌汚染対策事業を手掛けるエンバイオ・ホールディングス社長の西村実氏。

 大手化学メーカーからシンクタンクへ転じ、バイオテクノロジーの事業化を研究していた1990年ごろのことだ。

 当時、法整備も進んでいなかった日本とは対照的に、米国をはじめとする先進国では汚染された土壌や地下水を浄化する技術が急速に進歩していた。

 シンクタンクの研究員としてこの問題に取り組んだ西村氏は、国内で土壌汚染対策法が施行された2003年にホールディングスの中核会社となるアイエスソリューションを設立。

 「現在は、汚染された土地を買い取り浄化してから転売するビーエフマネジメント、土壌汚染関連の機器や資材を販売するランドコンシェルジュを合わせた3社で、土壌調査から対策までトータルソリューションを提供しています」

浄化技術を武器に海外でも土壌汚染の解決に乗り出す

「これまで450件を超える現場で原位置浄化を実施し、ノウハウを蓄積してきたことが当社の一番の強みです」

 今後、この原位置浄化の国内でのニーズはますます高まっていくとみられるが、同社では海外展開も積極的に取り組む。特に、汚染大国ともいわれる中国の状況は深刻で、12年には南京で合弁会社を設立した。

 

江蘇省での中規模試験施工。国内で蓄積した原位置・オンサイト浄化技術を巨大な中国マーケットで展開する(右から3人目が西村社長)

江蘇省での中規模試験施工。国内で蓄積した原位置・オンサイト浄化技術を巨大な中国マーケットで展開する(右から3人目が西村社長)

 「汚染濃度が高く広範囲に及ぶ中国では、当社が培ってきた原位置浄化の技術を最大限に発揮することができます」

 革新的な原位置・オンサイト浄化を武器に、同社の存在感はますます大きくなりそうだ。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る