出光興産系と三菱商事系のLPガス企業3社が2006年に経営統合して発足したアストモスエネルギー。LPガスは世帯の約半数が使用する重要な社会インフラ。大手3グループに集約された中で、今後の成長戦略を聞いた。

3大元売りグループの中で調達力ではトップシェア

── 御社の概要をお聞かせください。

増田 出光系と三菱系のLPガス事業が統合してできたのが当社です。両社とも長年にわたってLPガス事業を行ってきましたので、豊富な経験があります。都市ガス会社のように導管、ガス管は持っていませんが、基本的には社会生活においてなくてはならないインフラ産業です。

 現在、都市ガスが供給されているのは、面積で言えば国土の5%にすぎません。日本の世帯にすれば、半分程度の世帯にしか都市ガスが通っていないのが現状です。人口密度が低いところは、今でもLPガスが主流であり、当社はネットワークでLPGボンベを供給しています。いわば、ガス管の代わりに全国の代理店や人がネットワークになっているのです。

世界中で運航中のVLGC船(大型運搬船)の中で、トップクラスの隻数を誇る

世界中で運航中のVLGC船(大型運搬船)の中で、トップクラスの隻数を誇る

── 東日本大震災の時に、LPガスに注目が集まりましたね。

増田 電気にしろ、都市ガスにしろ、電線やガス管が壊れると復旧に時間がかかります。しかし分散型エネルギーのLPガスは、ボンベを運ぶことさえできれば供給が可能なので、災害時に強みがあります。

 しかし、ポイントになるのは、これからのエネルギー自由化の流れです。2016年に電力の自由化があり、その後、都市ガスの自由化が始まりますが、そのときにLPガスが他のエネルギーに比べて優位性があるのか、競争力があるのかが本格的に問われてくると思います。

── エネルギー業界は近年、再編が進んでいますね。

増田 石油元売り業界は大型再編がひと段落しましたが、LPガス業界でも近年は、当社のように統合が行われました。現在、当社はLPガス販売シェアで単独トップです。

 設立から9年になりますが、10年がかりのLPガス業界の再編が概ね完了したようなイメージを持っています。

── 3大元売りグループに集約される中で、御社の強みはどのような点ですか。

増田 最大の強みは現在でもシェアトップの海外調達力です。21隻の大型船が中東、アフリカ、豪州そして米国と、世界中からLPガスを調達しています。この船舶数とネットワークは大きな武器です。次に、特約販売店のネットワークも、非常に強固なことも強みです。出光系のネットワークと三菱系のネットワークが共存しており、それぞれ数十年の付き合いがあるので、お互いに厚い信頼関係が出来上がっています。

 現在、全取引先は600社を超えており、そのうち特約販売契約を締結している特約店が約360社あります。信頼でつながっているこれらの販売ネットワークが全国津々浦々まで行き届いているのです。

ページ:

1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年5月号
[特集]
九州は世界へ向かう

  • ・総論 アジアの熱を九州に取り込めるか
  • ・麻生 泰(九州経済連合会会長)
  • ・石原 進(九州観光推進機構会長)
  • ・田嶋 猛(太平洋貿易会長)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・髙田 明(V・ファーレン長崎社長)

[Special Interview]

 杉江俊彦(三越伊勢丹ホールディングス社長)

 突然の社長交代から1年 三越伊勢丹はどう変わったか

[NEWS REPORT]

◆創業100周年で問われるパナソニックのDNA

◆楽天が携帯キャリアに参入も見通しの甘さに不安先行

◆銀行の危機感から始まった日本版スマホ決済の可能性

◆東芝会長に車谷氏を招聘 外部の知見に再建を期待

[特集2]

 沸騰!関西経済

 関西が世界に発信する未来社会のデザインとは

ページ上部へ戻る