空気に求められるすべてをオールインワンで提供できる「モイストプロセッサー」の製造・販売を行う。温度ではなく、湿度コントロールで、除湿・冷却・加湿・加熱・除塵・除菌・消臭・換気を実現する。

宮内彦夫社長 生年月日●1954年9月25日 出  身  地●長野県飯田市 最終学歴●明治学院大学法学部 趣  味●オートバイ、セスナの操縦 座右の銘●男子功名克艱を期す

宮内彦夫社長
生年月日●1954年9月25日
出 身 地●長野県飯田市
最終学歴●明治学院大学法学部
趣  味●オートバイ、セスナの操縦
座右の銘●男子功名克艱を期す

ダイナエアー・宮内彦夫社長が目指す環境改善

── モイストプロセッサー(以下、MP)とは。

宮内 空調というと、温度調節を思い描くと思いますが、MPは温度ではなく、湿度をコントロールします。正式には、液式調湿機といいます。

── 湿度調節のメリットは。

宮内 日本の場合、夏は高温多湿、冬は低温乾燥です。湿度調節することで、冷暖房の効果を最大限引き出し、コスト削減を図れます。加えて、除菌・消臭効果もありますので、感染対策や、アレルギー対策により、建物自体の付加価値も上がります。

── 導入実績は。

宮内 60件ほど。病院、老人ホーム、オフィス、スーパーマーケット、農作物栽培ハウス、食品関連工場などです。

── 具体的な効果は。

宮内 某酒造会社では、MPにより、蔵の中を1年中冬の状態とし、通年生産が可能となりました。スーパーでは、コールドアイル(冷ケースの並んだ通路)の寒さ解消、冷凍ショーケースの霜付き防止や省エネルギー化の実現。農業法人では、農作物に合った湿度環境の提供、ハウス内の温湿度均一化。医療法人三慶会指扇病院では、MP導入を前面に出し、病院のウリとしていただいています。さらに社会福祉法人高田福祉会では、空気環境改善により、入居者の健康維持だけでなく、年間100万~200万円のコストダウンができた年もあると報告を受けました。

── 初期投資の回収期間は。

宮内 導入個所の規模にもよりますが、早い場合は5年での回収事例もあります。

── 今後の展望は。

宮内 小型化や大量生産によって、個人宅での利用ができるようになれば、二酸化炭素排出削減やアレルギー軽減で、社会貢献になるのではないかと思っています。湿度調節による空調の世界を知らない人がほとんどなので、他社参入が増えてくればうれしいです。また、世界には空気汚染地域が数多くあるので、弊社の技術が生かせれば、技術者冥利につきます。良いモノを作ることに邁進してきましたが、今後は啓蒙活動にも力を入れていきます。さまざまな業界の方とお会いし、ご意見を聞き、協業していきたいと思っております。現在は、パラマウントベッドさんと販売代理店契約を締結しています。

【会社データ】
ダイナエアー
設立●2004年10月
資本金●2億4千万円
所在地●東京都千代田区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る