小学校1年からプログラミングを独学でやってきたという本田氏。デスクの上には、仕事で使うパソコンの横に、ひときわ目を引くDJコントローラーも

小学校1年からプログラミングを独学でやってきたという本田氏。デスクの上には、仕事で使うパソコンの横に、ひときわ目を引くDJコントローラーも

 近年、世界中で大きな盛り上がりを見せているアドテクノロジー(ネット広告における配信技術や広告流通の技術)分野で、ひときわ注目を集めているフリークアウト。同社はRTB(リアルタイム入札)でインターネット広告枠を買い付けるDSP(デマンドサイドプラットフォーム)を国内で初めて立ち上げ急成長している。顧客の広告主は、通信キャリアや大手航空会社などをはじめ約1千社、アカウント数は5千超。創業から3年9カ月で上場を果たした。

 「マーケターは、適切な人に、適切なタイミングで、適切なメッセージを送りたいと考えていらっしゃいます。これまでのマスマーケティングではできなかったこの問題を、当社はテクノロジーで解決しています」

 RTBには、広告主側に入札のプラットフォームを提供するベンダーと、媒体側にプラットフォームを提供するベンダーがあり、フリークアウトは前者の事業者だ。ネット利用者があるサイトを閲覧した際に、年齢や趣味・嗜好などの属性を瞬時に分析。サイト上の広告枠で広告主があらかじめ登録した条件をもとに競売・入札し、その嗜好に合致した広告を配信する。ネット利用者のサイト訪問後の分析から配信までは0・1秒を切る。

 

社内には巨大なプールを模したフロアも。こうした“遊び”の空間も柔軟な発想を生み出すのに一役買っている

社内には巨大なプールを模したフロアも。こうした“遊び”の空間も柔軟な発想を生み出すのに一役買っている

「インターネット広告はPCからモバイルに広がり、次は屋外広告やイベント、デジタルサイネージ(ネットワーク化された電子看板)なども対象になっていくと思います。このときにもテクノロジーで尖がっていれば、企業のニーズを解決する手段がいろいろあるはずです」

 創業当初からフリークアウトは仕組みづくりにも注力しており、プラットフォーマーとしての強みを発揮できる場はさらに広がりを見せそうだ。今後は、北米やアジアでの事業展開を加速させる。既に2012年から13年にかけてニューヨークやシンガポールに子会社を設立している。米国で始まったDSPは、フリークアウトによって日本で独自の進化を
遂げつつある。

本田氏はピアノをベースに、ギターやドラムなど「音の出るものは何でも」好きという。ブレイナー社を売却後、妻に「1つだけ贅沢をしてもいい?」とお願いし、スタインウェイのグランドピアノを購入したという

本田氏はピアノをベースに、ギターやドラムなど「音の出るものは何でも」好きという。ブレイナー社を売却後、妻に「1つだけ贅沢をしてもいい?」とお願いし、スタインウェイのグランドピアノを購入したという

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界9月号
[特集]
人材恐慌 この危機をどう乗り切るか

  • ・企業が脅える人材恐慌最前線
  • ・人材不足の処方箋 働き方改革でどう変わる?
  • ・加藤勝信(働き方改革担当大臣)
  • ・神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
  • ・中田誠司(大和証券グループ本社社長)
  • ・若山陽一(UTグループ社長)

[Interview]

 松本正義(関西経済連合会会長)

 2025大阪万博で関西、日本は飛躍する

[NEWS REPORT]

◆第4次産業革命に走る中国、遅れる日本 松山徳之

◆格安スマホに対抗しauが値下げ これから始まるスマホ最終戦争

◆減収続くも利益率は向上 富士通・田中社長の改革は本物か

◆破綻からわずか2年 スカイマークが好調な理由

[政知巡礼]

 野田 毅(衆議院議員)

 「社会保障の安定した財源は消費税しかない」

ページ上部へ戻る