「世界中のあらゆるスペースを自由に使えたら」そんな想いから始めた事業が、さまざまなメディアで話題となり、設立から9 カ月で、総額1億円の資金調達を実施。本格的なビジネス展開を始める。

 

20141223_KigyoEye_4_R

重松大輔社長
生年月日●1976年1月27日
出 身 地●千葉県千葉市
座右の銘●努力は裏切らない

── 事業内容は。

重松 世界中のあらゆる遊休スペースをネットで貸し出すシステムを提供しています。

── ユーザーの反応は。

重松 マスコミに取り上げていただいた経緯もあり、利用数は上昇しております。リピーターが多いのも特徴です。一度利用すると、次はまた別の場所で、という心理が働くようです。

── ご利用の方法は。

重松 まず、弊社のホームページで、希望のスペースを探していただきます。予約したい日程が空いていれば、貸主と直接交渉し、予約の可否を決めていただきます。

── 御社へのマージンは。

重松 スペース利用者は無料です。予約が成立すると、貸主から弊社へマージンが入る仕組みとなっています。

── スペースを集めるのは大変だったのでは。

重松 はい。立ち上げ当初は、門前払いもありました。全く前例のないことですので、貸主側自体がイメージできていない状態でした。現在は、775件まで増えております。

── ユニークなスペースの例は。

重松 結婚式場、球場、映画館、お寺、銭湯、帆船、お化け屋敷、スタジオアルタ、白川郷の築160年以上たつ、重要文化財指定の合掌造り古民家等です。

── 10月に、総額1億円の資金調達を実施しましたね。

重松 はい。サイバーエージェント・ベンチャーズ、みずほキャピタルの2社が運営する投資事業組合を引受先とする総額約1億円の第三者割当増資により、初めての資金調達を実施しました。これにより、さらなる経営基盤強化と、サービスの本格的な展開に向け、開発力・営業力を高めるための採用強化を予定しております。

── 今後の予定は。

重松 上場を5年以内に目指します。スペースマーケットのサイトに行けば、「借りられない場所はない」と言われるくらいのサービスにしていきたいです。日本にはたくさんの“オモシロイ”が眠っています。当たり前だった会議、結婚式、イベント等が、場所を変えるだけで、新たな価値を創造します。ちょっとしたことで、もっと人生は楽しめます。そのお手伝いをしていきたいです。

 

【会社データ】
スペースマーケット
設立●2014年
資本金●6382万6900円
所在地●東京都新宿区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る