PC(パソコン)など、情報機器のリユース業とし産声を上げて今年が15年目。2021年度に売上高1千億円を目指す。

榊 彰一

株式会社ブロードリンク
代表取締役社長
榊 彰一(さかき・しょういち)
1971年生まれ。94年神戸大学を卒業後、朝日生命保険入社。2000年イーリンクシステムズ(現ブロードリンク)を設立し社長に就任。

 中古PCのリユース業に参入した当初は苦労の連続だった。でも榊彰一社長は「チャレンジは10やれば9つは失敗する。肝心なのはその失敗の見極めを早くして1つの成功事例を育てていくことだ」という。

 成功のきっかけは、スーパーなどでの催事販売。「家庭で2台目なら高スペックのPCはいりません。2003年以降は毎年4倍増で売り上げが増えました」

 しかし、いつまでも好調は続かない。新品のPC自体が大幅に値下がりし、単価が下がって利益率が悪化したのだ。ここで同社はビジネスモデルを大転換、中古市場の川上を押えるために、企業や官公庁からの大量仕入れに奔走した。課題となったのはデータ完全消去などの情報セキュリティ対応だが、米国安全保障局(NSA)が採用する消去規格に完全準拠し、これまで1度もデータ漏洩事故はない。

 榊社長は今年「活業(かつぎょう)」という経営理念を掲げた。「オフィスにあるモノすべてをリユースにより活かすことを業とし、この活かす業を通して人と地球を豊かにすることを当社の存在意義として、活業としました」

 リユース対象は情報機器にとどまらずオフィスにあるモノすべてである。

 当面の数値目標は榊社長が50歳になる21年度に1千億円の売上高を達成すること。直近の売上高は70億円なので相当高いハードルだが、年間1千社ペースで新規顧客が獲得できており、このままいけば前倒しで目標に到達するかもしれない。「世界一の活業企業となり、社会貢献するなら最低でもこのくらいの規模感は必要だと思いました」と榊社長は自信満々だ。

 

株式会社ブロードリンク

  • 設立/2000年
  • 資本金/2億6643万7500円
  • 売上高/連結約70億円(2014年12月期予定)
  • 従業員数/220人
  • 事業内容/情報機器買取り及びオフィス総合リユース事業
  • 会社ホームページ

特集2015年注目企業25

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る