2011年12月に国から「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(以下、特区)」(神奈川県・横浜市・川崎市が共同で推進)の指定を受けた。

横浜市経済局長 牧野 孝一 (まきの・こういち) 1955年生まれ。77年慶応義塾大学商学部卒業後、横浜市役所入庁。2011年中区長、13年4月より経済局長(現職)に就任。

横浜市経済局長
牧野 孝一(まきの・こういち)
1955年生まれ。77年慶応義塾大学商学部卒業後、横浜市役所入庁。2011年中区長、13年4月より経済局長(現職)に就任。

 

ライフサイエンス構想で理化学研究所を誘致

 この特区の目標は、「個別化・予防医療時代に対応したグローバル企業による革新的医薬品・医療機器の開発・製造と健康関連産業の創出」である。3県市では、国際的な課題の解決に貢献しながら、経済成長とライフイノベーション産業の発展に向けた取り組みを推進しているが、その中でも、横浜市は歩みが早かった。

 「京浜臨海部は日本の高度成長を支えてきましたが、時代の変化で再編整理する必要があり、横浜市は早くからライフサイエンス構想に取り組んできました。鶴見・末広地区では、2000年の『理化学研究所』誘致をはじめとして、ライフサイエンス関連の施設・機関を次々に新設・移転・整備して集積を図って来ました。そうした下地があっての特区指定だったのです」

 牧野孝一・横浜市経済局長はこれまでの取り組みを振り返る。

横浜市の特徴

 横浜市は、羽田空港に至近で、首都圏における交通の要。国際コンベンション参加者数6年連続1位のパシフィコ横浜が立地し、横浜市立大学、東京工業大学、慶応義塾大学などの大学が集積。最近アップルが技術開発センターの進出を表明したほか、外資系企業の拠点も多い。

健康・医療分野への取り組み

 「団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる25年が間近となり、生産年齢人口も減少する中、後世に過大な負担を残すことはできませんが、今のうちに実施しておかなくてはならない事業もあります。先を見据えて取り組んでいます」(牧野氏)

取り組み経過 横浜市では、14年3月に今後の10年間を見据えた「成長分野育成ビジョン」を策定した。健康・医療分野を特に力を入れる重点分野に位置付け、ライフイノベーション産業や健康長寿関連産業などを重点的に支援していく考えだ。その取り組みは、昨年末に策定した「中期4か年計画2014〜2017」の中で具体的に進められることになる。

特集2015年注目企業25

ページ:

1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る