中国伝統文化の復興を願い設立された「神韻芸術団」が、今年も日本にやってくる。超一流の劇場を連日満員にするその妙技とは。

古典芸術振興会 古典芸術振興会は、2013年より神韻芸術団の日本公演を主催している。同公演は中国古典舞踊を通じて、中国の歴史を織りなす物語を再現し、 伝統文化の根底にある価値観を表現する。 「最高に美しい!あまりにも感動的。次作アバターのアイデアをもらった気がする」―ロバート・ストロンバーグ氏 『アバター』美術監督 アカデミー美術賞受賞  「エレガント、とても躍動的で高度な技能」―ジョン・マコルガン氏 『リバーダンス』監督・演出

古典芸術振興会
古典芸術振興会は、2013年より神韻芸術団の日本公演を主催している。同公演は中国古典舞踊を通じて、中国の歴史を織りなす物語を再現し、 伝統文化の根底にある価値観を表現する。
「最高に美しい!あまりにも感動的。次作アバターのアイデアをもらった気がする」―ロバート・ストロンバーグ氏 『アバター』美術監督 アカデミー美術賞受賞 
「エレガント、とても躍動的で高度な技能」―ジョン・マコルガン氏 『リバーダンス』監督・演出

神韻芸術団の公演を手掛ける古典芸術振興会

 中国で5千年にわたり受け継がれてきた伝統文化を復興させるため、祖国を離れた中国人アーティストが中心になり、2006年ニューヨークで神韻芸術団を設立。オリジナルの舞踊と音楽を通じて、中国文明を舞台に再現している。

 同芸術団は、世界で唯一、中国古典舞踊に本格的に取り組んでいる芸術団体である。数千年の歴史をもつ同舞踊は、高度な技と優美な動き、さらにそれらが織り出す豊かな表現力が特徴。中国の歴史物語や神話伝説が踊りを通じて舞台に甦る。現在、同芸術団は4つに分かれて世界巡回公演を行っており、いずれも専属のオーケストラを帯同。二胡や琵琶がリードするオーケストラの演奏も見どころのひとつ。

016KOTEN02new 毎年、100都市以上で400回を超える公演は、政府要人や、著名なアーティスト、芸術監督など、世界中の観客に感動を与えてきた。

 米国ニューヨークのリンカーンセンター、フランスはパリの国際会議ホール、英国ロンドンのロイヤルフェスティバルホールなど、世界各地の一流の劇場で公演を行っている。

 

■2015日本公演の日程

[西宮]兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

4月15日(水)14時、19時

4月16日(木)14時

[東京]東京文化会館大ホール

4月18日(土)14時、19時

4月19日(日)14時

4月20日(月)14時

4月21日(火)14時

■チケット料金

SS席2万円、S席1万6千円、A席1万2千円

コールセンター フリーダイヤル0120-91-8487(10〜19時)

オンライン購入 ja.shenyun.com/jp

 

一般社団法人古典芸術振興会

  • 設立/2012年6月
  • 事業内容/芸術文化の普及振興、各種芸術文化事業の開催、芸術文化諸団体との連携及びその育成、芸術文化に関する個人及び団体の表彰など
  • 古典芸術振興会ホームページ

特集2015年注目企業25

 

【注目企業】の記事一覧はこちら

【新社長登場】の記事一覧はこちら

【イノベーターズ】の記事一覧はこちら

【文化・ライフ】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る