営業研修を得意とするライフスタイルコンシェルジュ。大山社長が自らの営業経験から編みだした独自の指導法が注目されている。

大山 元彦

株式会社ライフスタイルコンシェルジュ
代表取締役
大山 元彦(おおやま・もとひこ)
12年間プルデンシャル生命でトップ営業として活躍し、2013年9月に個人事業主として独立。約1年間人材育成・営業コンサルタントとしての実績を積み、2014年12月、株式会社として法人登記。

 人手不足の中、優秀な人材の確保はますます難しくなっている。そこで注目なのが今いる社員を伸ばす人材コンサルティング会社の存在である。ライフスタイルコンシェルジュは営業マンを育てる人材コンサルティングとして高い信頼を得ている。

 「成績が伸びない営業マンには必ずきちんとした原因があるはずです。まずはその営業マンの話を心から“寄り添う”気持ちで聞くことから始めます。そこから原因を探り、問い掛け、考えさせ、本人が気付いていない原因を自ら気付かせます。自ら気付くことで、人が変わったように成績が伸びる営業マンも多いですね」と、大山社長。

 外資系生命保険で12年間トップ営業として活躍してきた同氏、多くの部下の成績を伸ばしてきた指導法が他のマネージャーのとは違うことに気付く。しかし、自らの営業からつかんだ感覚的なものだけに、指導法として説明することが難しかった。

 「そこで出会ったのが『コーチング』です。感覚的だった自分の指導法が『コーチング』によって理論武装化が果たせました。そのことで私自身の天職が“人を育てる”ことであると気付き、起業を決意しました」

 とはいえ、その指導法は巷にあふれるコーチングとは違う。

 「コーチングはお互いに役割があり、机を挟んで対面する感じですが、当社の指導法はお互いの役割にかかわらず隣に座る、それも“寄り添う”感じです。“人と会社に寄り添う”私の起業の想いもここにあります」

 人材がいないとなげく経営者が多い中、社員を生かす人材コンサルティング会社として大山社長の役割は大きい。

 

株式会社ライフスタイルコンシェルジュ

  • 設立/2014年12月11日
  • 資本金/200万円
  • 事業内容/人材育成・営業コンサルティング
  • 会社ホームページ

特集2015年注目企業25

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る