営業研修を得意とするライフスタイルコンシェルジュ。大山社長が自らの営業経験から編みだした独自の指導法が注目されている。

大山 元彦

株式会社ライフスタイルコンシェルジュ
代表取締役
大山 元彦(おおやま・もとひこ)
12年間プルデンシャル生命でトップ営業として活躍し、2013年9月に個人事業主として独立。約1年間人材育成・営業コンサルタントとしての実績を積み、2014年12月、株式会社として法人登記。

 人手不足の中、優秀な人材の確保はますます難しくなっている。そこで注目なのが今いる社員を伸ばす人材コンサルティング会社の存在である。ライフスタイルコンシェルジュは営業マンを育てる人材コンサルティングとして高い信頼を得ている。

 「成績が伸びない営業マンには必ずきちんとした原因があるはずです。まずはその営業マンの話を心から“寄り添う”気持ちで聞くことから始めます。そこから原因を探り、問い掛け、考えさせ、本人が気付いていない原因を自ら気付かせます。自ら気付くことで、人が変わったように成績が伸びる営業マンも多いですね」と、大山社長。

 外資系生命保険で12年間トップ営業として活躍してきた同氏、多くの部下の成績を伸ばしてきた指導法が他のマネージャーのとは違うことに気付く。しかし、自らの営業からつかんだ感覚的なものだけに、指導法として説明することが難しかった。

 「そこで出会ったのが『コーチング』です。感覚的だった自分の指導法が『コーチング』によって理論武装化が果たせました。そのことで私自身の天職が“人を育てる”ことであると気付き、起業を決意しました」

 とはいえ、その指導法は巷にあふれるコーチングとは違う。

 「コーチングはお互いに役割があり、机を挟んで対面する感じですが、当社の指導法はお互いの役割にかかわらず隣に座る、それも“寄り添う”感じです。“人と会社に寄り添う”私の起業の想いもここにあります」

 人材がいないとなげく経営者が多い中、社員を生かす人材コンサルティング会社として大山社長の役割は大きい。

 

株式会社ライフスタイルコンシェルジュ

  • 設立/2014年12月11日
  • 資本金/200万円
  • 事業内容/人材育成・営業コンサルティング
  • 会社ホームページ

特集2015年注目企業25

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る